人気ブログランキング |

カテゴリ:DIARY( 738 )

ゆづくんがウチに来て満一年!

f0032766_13352035.jpg

元気に病気もせず、ゆづくんがウチに来てから満一年が経ちました!
イェーイ!

つい最近のゆづくんです。

f0032766_16270213.jpg
相変わらず、おじゃま猫です。

f0032766_16270236.jpg
昨年6月、初対面の頃のゆづくん。
かわゆぃ!ちっちゃい!


f0032766_13394932.jpg
...
(超・やんちゃな頃)



by tomtom2006T | 2019-07-17 13:41 | DIARY | Trackback | Comments(0)

バルバラ🌹

f0032766_16261439.jpg

先日、永瀧達治氏のトークイベントに行ってきました。
シャンソンのイベントです。
➡ https://ameblo.jp/salut-paris/entry-12492370650.html
➡ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E7%80%A7%E9%81%94%E6%B2%BB

シャンソン歌手の友人が何人かいるので、日本人歌手が唄う日本語のシャンソンを聴いたことが
あっても、フランス語で歌われるシャンソンは馴染みがありませんでした。

イベントでは、永瀧氏がフランスシャンソン事情や、それに関わる怒りのコメントや、
自慢話や、いろいろとエネルギーに満ちた(というか70才の男性という先入観でみると、
とても元気!洒脱!)トークが繰り広げられました。
 (シャンソン界のピーターバラカンぽい。)

その中で、バルバラの生い立ちや曲の説明などと共に、バルバラの「ナントに雨が降る」という
曲が紹介されたのですが・・・、私はその歌唱にゾッコン。とても切なくて美しくて驚きました。
うっかり、泣きそうになりました。

以前バルバラの映画を観に行ったけど、暗くて全然面白くなくて居眠りをしてしまった程でしたが…、
紹介された歌唱はしみじみとしていて、フリーズしてしまう感覚を味わいました。

・・・ということで、早速アマゾンで2枚組のベスト盤を購入した次第です。

とても良いです。自分がそう感じることに驚きを感じます。シャンソン?!
なんだろ、この感覚・・・。言葉が分からなくとも、とても良いです。

エディット・ピアフやシャルル・アズナブールは知っていても、物凄く興味がそそられるという
ことはなかったのに…。

by tomtom2006T | 2019-07-14 16:42 | DIARY | Trackback | Comments(0)

美容師さん(業務用ドライヤー)

このexciteブログは無料で利用させてもらっているため、
利用できる機能はボトムラインです。

でも、アクセス数やアクセスランキングをチェックできたりするので、
「へぇ~」って思うこともしばしば。

そんな中、9年前に書いた「美容師さん」という日記には、結構今でも、
コンスタントなアクセスがあります。
https://mochan2006.exblog.jp/13462391/

きっと、世の中には「くせ毛」で悩んでいる人々が沢山いるの
だろうな~と感じる次第です。

そんな、「くせ毛」でお悩みの方へ、情報です。

…………………………

長髪の私の友達のヘアスタイルはいつも綺麗です。
ある時、「どうしてそんなに艶があるの…?いいねぇ~!」
すると友達は、
「業務用ドライヤーを使ってるの。」とノタマイマシタ。
そして、「温風と冷風と交互に当てるの。」

色々な経緯を省いて一応結論だけを言うと、美容師さんが使っている
ドライヤーは特別らしい…、それはどんなものか?!
彼女が使っていたのは、
コレ➡ https://bioprogramming-club.jp/collection

バイオプログラミング?!レプロナイザー?!
よく分からないけど、私も使ってみたい!
くせ毛で艶のない私の髪の毛、どうにかしたーい!!!

でも、ちょっとお値段が高めです。でもでも、思い切って
買ってみました。アマゾンで割引していました💦

私の信頼する美容師さんにもこの話をしてみたら、
「コレ~?!」と見せてくれた彼女のドライヤーも
バイオプログラミングでした。美容師さんのは2D。
私のは当時最新の3Dでした。今は4Dが出ています。

実は、このドライヤーは重量が重いのです。
片手で持っていると疲れてきます。
でも、温風と冷風を交互に当て、がんばって伸ばしてみると、
アラ不思議!私のくせ毛でも艶っぽく見えてきたりします。
つるつるサラサラにもなります。

技術って、すごいなぁ~!

くせ毛の方!
少し何かを節約して、この高価なドライヤーを買う価値、
ありますよー!(腕力も付きます。)

梅雨時、私のくせ髪はクリクリになり、ベティ―ちゃんに
なっちゃいます。でも、このドライヤーがあれば、何となく
楽しくなります。
何となくね…❤




by tomtom2006T | 2019-07-06 12:36 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ゆづくん、又々ノラに遭遇するの巻

f0032766_21434474.jpg

網戸ごしの遭遇~♪
ゆづくん、そんなに慌てませんでした。ヨッシ♪

このクロちゃんは、この間遭遇したクロ野良とは別のクロ。
桜ミミじゃありません。
https://mochan2006.exblog.jp/30639980/


by tomtom2006T | 2019-07-02 21:48 | DIARY | Trackback | Comments(0)

伊太利亜旅行 雑感

f0032766_11312687.jpg

......
「ハイライト」が付く世界遺産を巡るイタリア旅行で、
自由行動がない盛り沢山にスケジュールが埋められている旅だったので、
ササ~っとスピーディーに移動する旅行だったような気がします。
(スピーディー・・・というのは印象ですが。)
......
なので、「歩く」のも、休まずに歩く…という感じ。
立ち止まるのも束の間。
何か、個人的に面白いものを見つけても、
足をとめてゆっくり観るというのは不可能~💦
......
......
ヴェネツィアのサンマルク広場を歩いているとき、フッと目に入ったショーウィンドウ。
面白そう!
人混みを歩いていたので、足を止めることもできず、歩きながらの撮影。
ぶれていても仕方がない…と思ってシャッターを切る訳なんだけれど、
被写体の前に母と子!
それでも、興味が勝ってシャッターを切るのです。
......
あとでよーく写真を観たら、ギャラリーのようなお店に飾ってある
「オブジェ」(作品)だったことが分かりました。
体の中間部分がありません。どういう構造になっているか、
とても気になりました。
......
もし個人旅行だったら、こういうお店をゆっくり観たいのです。
でも叶いません。あぁー💦
......
......
個人旅行をする場合、物凄くエネルギーが要ります。
すべて自分で御膳立てをしなければならないし、
トラブルが起きたときも自分で解決せねばなりません。
大体の場合、観たいものを観すぎて疲れすぎるのです。
でも自由です。
......
反面、団体旅行は、連れてってもらえるので「楽」です。
すべてにおいて御膳立てをしてもらっているので楽なのです。
ただ、時間が足りません。急ぎ足が発生!
......
どちらも一長一短。
自由を取るか、楽を取るか、どちらを取るか…なのです。
......
でも、私は今後、ずっと団体旅行と決め込んでいます。
......

f0032766_11312687.jpg


by tomtom2006T | 2019-06-29 13:29 | DIARY | Trackback | Comments(0)

伊太利亜旅行 Part 4.(Final)

最終日は、水の都・ヴェネツィア。

南のナポリから北上して、ヴェネツィアを最後に観光したのはラッキーでした。
どんどん美しくなる~という印象でしたから…。

一番楽しみにしていたのは、ゴンドラ遊覧❤
石造りの家々が、まるで海に浮かぶが如く立ち並んでいるのが不思議満載。
物資を運搬するのもすべて海上を走る船。荷下ろしした後は台車で…。
消防署の消防車も船!

f0032766_10443589.jpg

水は若干怖いけれど、エキサイティングなゴンドラ遊覧。

f0032766_10413224.jpg
船着き場


f0032766_10421362.jpg
引き潮の時間
ゼラニウムは「虫よけ」なのですって。


f0032766_10434581.jpg
物資を運搬中。


f0032766_10425208.jpg


f0032766_10463414.jpg

f0032766_10461610.jpg
細い道


f0032766_10364788.jpg
サンマルコ広場


f0032766_10365982.jpg

f0032766_10475348.jpg
さよならヴェネツィア~✋の風景


専門家は、ヴェネツィアの島が20年から25年のうちに水没するだろうと視ているのだそうです。
(私的には)海底に打ち込んである海水に強いという木材の寿命も心配だけれど、
地球温暖化による海面上昇が原因。
20年間のうちに、回避する方法はないのかしら…?


by tomtom2006T | 2019-06-28 11:16 | DIARY | Trackback | Comments(0)

伊太利亜旅行 Part 3.

ローマの次は、ピサ
突然目に飛び込んできた風景がコレ! 
f0032766_21520159.jpg
ほぉ~!
一番手前がピサの「洗礼堂」、真ん中が「大聖堂」、一番奥が「ピサの斜塔」。

f0032766_21521039.jpg
最近は、バナナ現象が起きているとか…。ちょぉ~っとだけバナナのようなカーブが見られます。




手前の洗礼堂は、とても音響が美しく、一音(ひと声)の響きが12秒間くらい続くのですって。
この動画は、ちょうど15:30に始まった「ひとりコーラス♪」 素敵な響きでした✨



そして、ピサの次はフィレンツェ✨

北方に行くにつれ、街並みはどんどん綺麗になり、大昔から佇む建物の風格が素晴らしかった🌹

f0032766_21535745.jpg
美しい街並み❤ 真ん中に街のシンボルとなる教会、「ドゥオーモ」。

f0032766_22101230.jpg

f0032766_21574762.jpg
ドゥオーモを近くで観たら、白と深緑のツートン。ため息がでる美しさ。

f0032766_22214722.jpg

ウフィッツィ美術館で、素晴らしい絵画の数々を鑑賞できたことが嬉しかったです。
でも、美術館の中も、夏休みが始まった少年少女たちや観光客で、人・ひと・ヒト~。
人混みにのまれながらの鑑賞💦 
「ヴィーナスの誕生」や「春」、「受胎告知」等々、写真でしか観たことのない絵画を
直に観れてよかったわ~♥

f0032766_22003713.jpg
ウフィッツィ美術館から眺めたヴェッキオ橋。(フィレンツェ最古の橋)


※ピサもフィレンツェも、自分としてはなぜか納得のゆくアングルで写真を
撮ることができない感じでした。それだけ、街のスケールが大きく奥深いのかもしれません。





by tomtom2006T | 2019-06-26 22:42 | DIARY | Trackback | Comments(0)

伊太利亜旅行 Part 2.

f0032766_22311656.jpg
......
ナポリの次はローマ。
なんといってもバチカン市国を観るのが楽しみでした。
それでも、団体旅行の欠点=時間不足!
ゆっくり観覧したかったサンピエトロ大聖堂は、持ち時間・20分間だけ。これは最悪💦


f0032766_22312682.jpg
......

f0032766_22275659.jpg
スイス人に限られているという寺院を護る衛兵。イケメン揃い!


f0032766_22282122.jpg
......
サンピエトロ大聖堂。なんと巨大な寺院でしょう…。
これが献金だけで建設されているとは驚きです。
人混みをかき分けて、小走りで観覧するという必死さ💦

f0032766_22284966.jpg
......
f0032766_22295429.jpg
......
ローマは観光客であまりにも混雑していて、「真実の口」も
窓から内側をのぞき込んで観ただけ…。


f0032766_22370317.jpg
......
トレビの泉。どこへ行っても人、ひと、ヒト!!!
人混みをかき分けてコインを投げ入れました。

コイン1枚、ローマ再訪
コイン2枚、愛する人と一生一緒
コイン3枚、早く別れたい
・・・を願って投げ入れるらしい…。

コインはどこの貨幣でも良いのですって。
右手で、左肩越しに投げ入れるのがルール。

f0032766_22373754.jpg
......

f0032766_13352525.jpg
スペイン階段も人、ひと、ヒト。


f0032766_22421043.jpg
......
ローマも沢山歩いてザッと観て廻る…という感じ。
どこへ行っても人混みをかき分けて歩く…。
そして、石畳のなんと歩きにくいこと💦

イタリア旅行というのは、一番「歩く」旅になるそうです。
世界遺産が多くあるため、バスや車が侵入できない場所が
多くあるせいだそう…。

暑かった💦
歩いた歩いた💦
混んでいた💦
遺跡だらけだった💦
満足のゆく写真が撮れなかった💦
アッと言う間だった💦

・・・というのがローマの印象。ふ~♪

あ、そういえば、ローマで食べたランチが一番美味しかった!
団体専門じゃないレストランでした。
......
f0032766_14025206.jpg
......
お洒落な盛り合わせ。
完食! ボーノ❤
......








by tomtom2006T | 2019-06-25 14:06 | DIARY | Trackback | Comments(0)

伊太利亜旅行 Part 1.

f0032766_20542338.jpg
……
ここのところ何をしていたかと言うと…、イタリア旅行に出かけていました。
ハイライトイタリア。世界遺産を巡る、とても忙しい感じの盛り沢山な団体ツァ~♪
それにしてもヨーロッパは遠い感じがします。よく頑張りました…。

仙台空港発だったので、東北各県からのまんべんなく参加。東北気質かとてもフレンドリーで
和気あいあいな…、知り合いでもなかったのに昔から知りあってるみたいな…人々と共に、
笑いの多い、不思議に楽しい旅でした。

まずはナポリからカプリ島へ。目指すは「青の洞窟」。
お天気抜群、早朝出発。しっかし・・・、風が強く波が不安定で洞窟に入ることができませんでした。
アンラッキー💦
でも、あんな狭い入口を潜ることを想像すると怖い方が先で…、舟が転覆したら大変…、
出られなくなったら大変…と感じる方が強く、入場できなくても全く未練はありませんでした。
負け惜しみではありませんよ…。
記念に、絵はがきを買った次第です~💦
……
f0032766_20551762.jpg
青の洞窟の入口
……
f0032766_21034753.jpg
洞窟に入る小舟の船頭さんは商売あがったり。舟のお掃除に精を出していました。
……
f0032766_20561794.jpg
……
南イタリアはレモンの産地。
巨大なレモン。これは、野菜レモンだそうです。美味しくないのですって。
もちろん普通サイズのレモンもありました。


f0032766_20560371.jpg
……


f0032766_20553126.jpg
カプリ島からアマルフィ海岸へ
……
f0032766_20554916.jpg
……

ほんの一部しか観ていないけれど、
ナポリ市内の道路にはゴミが散乱していて、とても美しいとは言えませんでした。
下町な印象…。
道路を走る車やバイクも、いったい交通ルールがあるのかしらん?と
思うほど乱暴な運転をしていました。車線があるのかないのか分からない程!
車線変更(?)にウィンカーも出さないし…!
ガイドさんの話によると、車も人も交通ルールを守らないのだそうです。
ふ~♪



by tomtom2006T | 2019-06-24 21:45 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ゆづくん、ノラに遭遇するの巻!

f0032766_22153286.jpg
なにか様子が変!と感じて見てみると…、ノラがやってきていました。
(うちの庭は、ノラの細道…。)

ゆづくん、大興奮!

グググググゥと喉を鳴らして、くるくる回転してるし、落ち着きなく動くし…。
驚いているのか、喜んでいるのか、怖がっているのか…、不明。

ガラスはペアガラスで、外側はミラーになっているので、ノラは家の中を見辛いはずなのですが、なぜか凝視!
音も聴こえ辛いはずなのに、二匹はお互いに認識していてビックリ!眼が相当良い!?
それとも、動くものとして見ているのかしら…? 不思議です。

f0032766_22153266.jpg
黒ノラは、桜耳でした。しっぽが折れています。

植えたばかりのミニトマトの苗を踏まないで去ったので、それだけは良かった! セ~フ♪

by tomtom2006T | 2019-06-10 22:28 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る