おフランスの旅 「お土産のコツ」

f0032766_12001067.jpg


フランス旅行でお土産を買うとき、コツというか、気をつけないことがあるらしいのです。

まず、①旅行行程の最初の方で、マカロンやチョコレート、チーズなどの生ものは買わないこと。

②チーズやバターなどの生ものは、機内持ち込みにしないこと。


旅の最初に、添乗員さんが①を強く言いました。
けれども私は欲望に負け、写真のマカロンとチョコを
「1日目の観光地・シャルトル」で、30分程度の散策時間に買ってしまったのです。
ローカルなイメージのお菓子屋さんが、Come In~♪と言っていたから…。

買ってはいけない理由としては、
持ち歩く間にマカロンは形が崩れる、チョコは溶ける・・・からとのこと。

買ってしまってから、教えを思い出し冷や汗をかきましたが、
夜な夜なホテルの部屋でこっそり食べるマカロンとチョコは美味し過ぎました

もちろん食べきることなく帰国したのですが、家に帰ってきても
食べ続け、幸せに浸っていました。とにかく美味しかったのです!
マカロンは形が崩れないように箱の隙間にはティッシュを詰め、
チョコは柔らかくなっても溶けることはありませんでした。
やったーーー!

マカロンは、今までの人生で食べた中で一番美味!
チョコも美味、デザインも素敵。
ネットで検索したら、シャルトル地元のお菓子屋さんでした♥
素敵なホームページです。
➡ http://www.davidlambert-chocolatier.com/

f0032766_12053200.jpg
自分で選んだマカロン8個とチョコ125gで、21ユーロだったと思います。
なぜ記憶しているかというと・・・。
私はお釣りで小銭が欲しかったので、現金で30ユーロだしたところ、
お店の女性が難色を示し、フランス語で何かを言っていました。
私は、クレジットカードを使えるか?とか、色々想像して英語で
アチコチ話していたら、指で「1」を示すではないですかッ。
私はとうとう理解し、お札で20ユーロ、コインで1ユーロを出したところ、
その女性はニッコリしてくれました。ふ~♪

f0032766_12255775.jpg


それから、チーズやバターなどを機内持ち込みしてならない…の理由は、
「溶ける」として「液体」にみなされるそうです。
なので、税関で必ず没収されるとのこと。
大切に持ち帰ろうとして機内持ち込みしてはダメ。
手荷物預かりトランクに入れておかないといけません。

それから、ワインなどの瓶も割れてしまっては物も子も無いですね…。

以上、フランスでお土産を買う場合は、これらをとくに気をつけましょう!




[PR]
トラックバックURL : https://mochan2006.exblog.jp/tb/29760728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tomtom2006T | 2018-05-02 12:37 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧