Mahya & Maya (マーヤとマヤ)

この秋、2つのヴォーカルライヴを聴きに行きました。
9月初旬にMs. Grace Mahya、今月はMs. Maya Hatch。どちらも、名前が英語(カタカナ)表記です。外国人のようにも見えるけれど、日本人にも見えます。そして、二人とも東京の老舗ライヴハウス「Body & Soul」と「Alfie」に出演しています。きっとキラリと光る魅力があるに違いありません。

だいぶ前、Grace Mahyaさんのボサノヴァ曲集のCDを買ったことがあります。数回聴いても、左耳から右耳へとサラリと通り抜けて無味乾燥&無表情。言葉の響きが平坦。ワタシ的には「スカ」でした。ライナーノーツも読みませんでした。よいのかもしれないけれど、よく分らない…。(私はポルトガル語が理解できないし…。理解できなくてもガルとかエリスは好きだけれど。)そうなると、ライヴを聴いて確かめたくなります。9月9日、桜木町のDolphyでのライヴをmu-netさんと聴きに行きました。で、結果、楽しかったです♪ mu-netさんも楽しそ~に聴いていました♪ ^^/

ひと目見て、Grace Mahyaさんから「帰国子女」か「インターナショナルスクール出」…という印象を受けました。果たして、MCが英語。日本語は少しだけ。ピアノがとっても上手!(当たり前…?)ゆる~い感じが、なんとなく面白い。英語で「リョウ、ツギナニヤル?」「コレデイイ?」…リョウ氏は返事するでもなく、曲が始まったり…。ゆる~い。いっぱいお喋りする訳でもないのに、パーソナリティーが何となく伝わってきます。でも、それが天然な感じでRelaxing♪でした。「」な感じでした。

ピアノの弾き語り、かっこいいです。事前に下調べもして行かなかったため、プロフィールは家に帰ってきてからネットでチェックしました。シンガーである以前にピアニストでした!http://www.gracemahya.com/Grace_Mahya/Welcome.html

私にとって一番よかったのは、英語を聴いていてストレスがなかったこと。それだけでも楽しい。感情が伝わってくるし、音楽に集中できるし…。正しくてナチュラルできれいな言葉でないと、聴いているうちにストレスがたまってしまいます。中々よかったです~♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、Maya Hatchさんのライヴは11月10日、Alfieでした。ボーカル友のatsuko-sanと聴きました。ピアノが仙台出身の片倉真由子ちゃん、ギターが井上智さんでした。(Maya Hatchさんは井上さんのNew School時代の生徒さんだったそうです。)このピアニストとギタリストの組み合わせも興味津々でした。

Mayaちゃん(と呼びたくなっちゃいます)は、超天然。明るく元気でチャーミングなバイリンガル。MCは日本語だけれど、なんだかFunny。爆笑を誘うそのお喋りは、まったく飾らない正直トーク♪ 歌唱は、若干R&Bぽいコブシが入っていて、今風のジャズヴォーカルなのだろうな~と思ったり…。声も伸び伸びとしていて、歌唱力もすごくて、楽しいライヴでした。「歌うために生まれてきた女の子」という印象でした。とくに真由ちゃんのルバート演奏から始まった「Midnight Sun」は、集中力があって一番印象に残りました。よかったです。「あぁ~、楽しかった」と感じれるライヴは、お金の使い道としては大成功!です。ただ、「オリジナル」っつ~のはR&Bぽくて、atsuko-sanや私の好みではなかったので、アンコールはジャズで締めて欲しかったなぁ~。今後、クロスオーバーにスクスクと成長してゆきそうなMayaちゃんでした。
http://mayahatch.com/


この二人の共通点。それは唄う言葉(英語)がちゃんとしていること、自然であること。言葉がナチュラルに音符にのっていること。やっぱり、歌は「言葉が命」だなぁと感じます。言葉がつぶれていると、そこにあるかもしれない「心」を疑ってしまいそうになります。もちろん、声やリズムもちゃんとして三位一体が前提だけれど…。

という訳で、この二人の歌唱を聴いて、ヴォーカルライヴを聴くとき耳に聴こえてくる「言葉」が自分にとってとても重要であることを再認識しました。不自然に語尾を強調するようなステレオタイプな発音とか、不自然なイントネーションとか、かっこ良さげな雑な言い回しとか、どの曲にも入ってくるスキャットとか4バースとかは、概してストレスフルであります。反面教師ばっかりだと疲れます。

ここ2ヶ月間で、ストレス・フリーなヴォーカルライヴを2つも聴けたので、うれしいッ!学ぶべきことが沢山ありました。「楽しぃ~」と感じることが、とても重要だし、「私もこの曲唄おう!」と決意できるライヴだと、もっとハッピーです。今回は、何年間も後回しになっていた「Midnight Sun」を次に練習しようと決めました~♪むずかしそう、でもルンル~ン!

家の庭に咲いた「香る薔薇」です。今年3回目の開花です。大成功! 
f0032766_14503531.jpg
f0032766_14504676.jpg
f0032766_1451187.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://mochan2006.exblog.jp/tb/16827443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by barbara at 2011-11-17 20:11 x
日本語もいいです。
"Is That All There Is?" (Peggy Lee)
の日本語版に引き込まれました。
由紀さおり。日本語版は今度の新作用だと思います。
Commented by tomtom2006T at 2011-11-19 21:59
由紀さおりの運命って、すごいですねー!
Commented by mu-net at 2011-11-29 01:15 x
あのライブはほんとうにストレスがなく、楽しかったです!
たしかアンコールで彼女が弾き語りで歌った、ジョージアの歌がとてもよかったです。
お誘いいただいてありがとうございました!
Commented by tomtom2006T at 2011-12-01 23:05
お久しぶりで~す♪ 本当になにげに楽しいライヴでしたね…。

それにしても、あの伊勢崎町のエスプレッソ屋さんもよかったですね!
行けてよかったです。Many Thanx♪ リピートしていますか~?
by tomtom2006T | 2011-11-15 14:55 | LIVE REPORT | Trackback | Comments(4)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧