After 「noon」

先日、面白い組合せのヴォーカルライヴを聴きに行きました。

ヴォーカルとギターとトランペット。どんな感じなのか、とても楽しみでした。そして、それはとても興味深いサウンドでした。
メンバーは、山口有紀 (Vo) vs. 小沼ようすけ (G) vs. 類家心平 (Tp)。 場所はAlfie。

小沼ようすけ氏のギターで唄えたら、気持ちいいだろ~な~。ちょっと!そのギターで唄いた~い…と思った瞬間、自分はミーハーなんだなぁ…とつくづく感じた次第でございます。彼のギターは、一音一音、気持ちが入っているの。メロディーラインへのイメージがとても豊富でした。太陽を燦々と浴びているようなその姿態や表情から楽しさが伝わってきました。まずは聴いていて楽しくなるのが、一番です! 美しい音でした。
ギター三本とエフェクターを駆使していました。素足に履いていた赤いスリッポンが印象的でした。

類家心平氏のプレイは、初めて聴きました。実際、知りませんでした。今回のライヴは、きっと彼がいつも演奏している世界(曲)とは全く違う世界で演奏しているのかもしれませんが、彼も一音一音没頭していて、その風貌は無表情&無口そうに見えながらも、音は十分に語っていました。深い感受性。お若いのに…。(こう感じるのは、カレー現象?)

山口有紀さんは、今どきの新しいタイプのシンガーであると感じました。(じゃ、どういうのが新しくて、何が古く何が正統かということは置いておいて…。) 彼女のブログは、昨秋の私たちのNY旅行の際にとても参考になりました。彼女のNY旅行のレポートはいつも圧巻です。超ハイパーエネジー。身体、ホントに一つですかッ?て感じです。その音楽に対する気持ちは貪欲かつ野心的、「努力の塊」みたいな感じで、どんな声なのかどんな歌唱なのか、とても興味があったのです。とても上手な方でした。きっとそのうち「フリー」な世界に飛んでくんじゃないかと想像されました。同伴していた“こころで歌を聴く”友が言いました、「針の穴に糸を通すような歌を唄っている」と…。
難曲を、無音無色透明な世界で水がさらさらと流れるように唄うひと…。そんな印象を受けました…。どうしてか分らないけれど…。

で、2ステージ目の最後に、女の子が飛び入りしました。曲名は分らなかったけれど、とても元気でした。ハレルヤ~って唄っていました。「野原を駆け回って飛び込んできた」という感じでした。大柄で、なんとなくインターナショナルスクールにでも通っていたような印象。ゴスペルも唄っていそうなノリ。名前は「ルース」って聞えたんですけれど…。
で、帰り際に彼女がちょうどドアのところにいたので、「あなた、パンチがあって良かった!」とヒョロっと褒め言葉を言ってしまいました。彼女、ニコっとしました。「お友達なの?」と私。そしたら、「この間、大阪で一緒にやったの」と彼女。指差した先に、小沼ようすけ氏がいました。ふ~ん??? 大阪??? 山口有紀さんのお友達じゃないのかな~???

ちょっといまいちピンと来なかったので、家に帰ってきてからネットで調べました。そしたら、その女の子は、どうも「noon」らしかった。いや確実に、「noon!」
http://www.heartmusic.co.jp/

あぁ、無知丸出し。嫌だなぁ、自分。「noon」のCDは1枚くらいだけレンタルしたことあったけれど、ジャケットの顔の記憶が全くありませんでした。名前が「ルース」って聞えた私の耳も、困ったサンです。ほんと、困る!(きっと、「ヌーンさん」て紹介したのかも。ヌーンという名前はデータとしてインプットされていなければフツウ想像できませんよねー。)でも、元気な女の子、大好きです!

ステージに立って唄うとき、顔の表情から伝わるものや身体から発散するエネルギーって、大事だなぁって思いました。それは容姿とかオーラとは違う種類のもの…。全くタイプの違う二人のボーカリストを聴き、表情豊かなギターを聴き、寡黙そうに見えても華があったトランペットを聴き、人や楽器が「唄う」ということはどういうことなのか、「伝わる」「伝わらない」ということはどういうことなのか、重要なことを教わったような気がしました。

行ってよかった。

行ってよかった理由は他にもあって、凄く不思議な廻り合わせを感じた一日でした。
[PR]
トラックバックURL : https://mochan2006.exblog.jp/tb/11278027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukijazzvocal at 2009-06-19 13:58 x
tomtomさま
先日はライブにお越しくださって、ありがとうございました!
素敵な感想を書いてくださって、感激しきりです。
noonさんの飛び入りもあって、楽しい夜でした♪
またお目にかかれる日を楽しみに…☆
Commented by tomtom2006T at 2009-06-19 22:19
ゆ、ユッ、yukijazzvocalさま!
こんなド田舎のブログへようこそお越しくださいました。
ここは仙台ですよー。
コメント、ありがとうございました。

とても精力的に音楽活動されているご様子、いつも感心しながらブログを拝見しています。

ぜひ雲になって、風に乗って、形を変幻自在に変えつつ、行きたいところに辿り着けるよう、がんばってくださいね。陰ながら応援しています!
by tomtom2006T | 2009-06-10 22:32 | LIVE REPORT | Trackback | Comments(2)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧