「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

TUNES🎵

f0032766_00092542.jpg
このブログを初めてから、もう10年以上経ちました。
ロウテクなのによく続いたものだと、自分で驚いたり、感心したり・・・。

ここのところ、このブログに「TUNES」というカテゴリーを追加し、曲についてしたためた日記を仕訳していました。10年間で52件。平均すると、ざっと1年間に5件。思ったより少なし!

http://mochan2006.exblog.jp/i9/

当初は、
1ヵ月に1曲ずつ新曲を練習して、レパートリーを増やす計画でしたが、そんなにコンスタントに増やせる訳はありませんでした・・・。
(ハハハヽ
(^^)ノ)
レパートリーとなった曲についてすべて書き溜めた訳でもありませんでしたから、だいぶザックリです。

書いたことをすっかり忘却していて、あらためて読んでみると、当時のことがアリアリと思い出されて興味深いものがあります。

この
10年間、本当に色々なことがありました。

両親をあの世へ見送り、様々な出逢いもあり別れもあり再会もあり、闘病もあり療養もあり快復もあり、人生のステージをギアチェンジしたり…。

でも変わらなかったことが一つ。歌うことをやめなかった・・・ということ。

もう歌をやめてもいい…と思ったこともあったけれど、「ここでやめるのは悔しい」という安全装置みたいなプログラムが作動して、辛くても、結局やめませんでした。
まるで自分の脳が、そういう風にプログラミングされているみたいな感じ…。努力を続けていれば、まだ進歩できる可能性がある…と感じれるから。今後、どんな風に続けていけるか、未だ想像できていないけれど、自然体をキープしてゆきたいと思っています。

歌えばやっぱり、楽しいのです。

その楽しさを、音符が宙を舞うように表現できたらいいな…。

蝶々が楽しそうに飛んでいるみたいな感じ。
小鳥が楽しそうにさえずるみたいな感じ。Sing Like A Bird♪

音世界に没頭し、楽しさが伝わりますように……。


[PR]
by tomtom2006T | 2016-10-23 00:23 | DIARY | Trackback | Comments(0)

本日のお月様(完結編)

美しぃ…。

ミストのような雲が、高速な風に吹き消され、一瞬視界100。



[PR]
by tomtom2006T | 2016-10-17 22:23 | DIARY | Trackback | Comments(0)

本日のお月様シリーズ🎶


f0032766_20551585.jpg

昨晩は、とても綺麗な満月でした🌕

と思ったら…、本当は16日の今日が満月のようです。

今日は夜空が曇っているので、お月様は霞んでいます。見えたり、隠れたり…。
でも、まぁるいです。

「Moonlight In Vermont」………… 歌いたくなりました…🎶

明日は、夜空が晴れますように…。


[PR]
by tomtom2006T | 2016-10-16 21:02 | DIARY | Trackback | Comments(0)

本日もお月様が美しぃ…。

f0032766_22571538.jpg

今日は、ボイトレをして練習を終えて、夕方から出掛けました。
「とあるお店」に行こうとしていました。友達と待ち合わせをしていたのです。

なんと、県庁の前で「とあるお店」のママとすれ違い(ママはママチャリ)…、つまりママは用達をするために外出、イコールお店は
Closeしているということだけれど、「それじゃ」ということでママからお店の鍵を借りてお店に向かいました。お店の前で待っていてくれた友達と鍵を開けてお店に入り、色々お喋りしていたら、電話が鳴りました。仕方がないので電話に出て、「留守番のものです」と名乗ったら、「アラ~?」ということに…。なんと私の友達からの電話でした。で、ママもそのうち帰ってきて、その友達もお店にやってきて、ビールで乾杯し、その友達はその後仙フィルのコンサートに行き、私は夕飯(ビール付)を食べてからボサノヴァライヴに向かいました。でも、お店に忘れ物をしたので、戻ったら、お店の前でピアニストのYokoちゃんと会いました。わぁ~ってお喋りしてたら、今度は別の友達が自転車でお店の前を通りかかり、ワァ~ってお喋りして、そのあと忘れ物をお店からゲットして、ボサノヴァライヴに向かいました…。

日のうちに、つまり4時半から7時くらいまでの間に、偶然会った友達が4人も!

それって、神様が会わせてくれたんだと感じたりして、不思議な日でした……とさ。

今日もお月様が美しかった~☽

もうすぐ満月…。



[PR]
by tomtom2006T | 2016-10-13 23:25 | DIARY | Trackback | Comments(0)

本日のお月様

f0032766_21421771.jpg

だんだんまぁるくなってきました…🌘




[PR]
by tomtom2006T | 2016-10-12 21:46 | DIARY | Trackback | Comments(0)

本日のお月様

f0032766_18355232.jpg

本当に久しぶりのフルライヴが昨日、終わりました。

沢山の友人知人親戚縁者、お友達のお友達…に聴きに来て頂きました。ありがとうございました。心より感謝しています。

ライヴをするにあたり、色々な課題が見えました。これから少しずつ前を向いて頑張ろうと思います。
GO FORWARD!それしかありません。

今日はお昼に姉家族7名が来訪し、賑やかなランチタイムとなりました。その後は、ダラ~っと、まったり…、リラックスして過ごしていました。

夕方になったら、煌々と輝く半月が出現!

Have A Nice Holiday
~!


[PR]
by tomtom2006T | 2016-10-09 18:37 | DIARY | Trackback | Comments(0)

「自転車も止まれ」 直島・完結編


f0032766_21441145.jpg

私が日常的に運転する道路に、東北大学の学生たちの通学路があります。自転車通学の中には、留学生も多く、交通ルールを無視して走っていることがよくあります。一番迷惑なのは、「逆走」です。これは本当に危険。


一台の自転車と私の車が同じ速さで走っていたとき(もちろん左側通行で)、向う側から自転車が逆走してくることがあります。その逆走自転車は、私の車と殆ど同じ位置を走っていた自転車の間を強引にも逆に通り抜けたのです。この危険な瞬間、クラクションを鳴らさない訳には行きません。しかもこういう出来事が一度ではありません。もちろん、東北大学の川内キャンパス・学生課みたいなところにクレーム電話を入れました。留学生に交通ルールを周知させることをお願いする訳です。その通学路は、留学生が住んでいる留学生会館とキャンパスを結ぶ道なのです。

自転車に乗る人たちは、急いでいる時などには
車になったつもりで走っていることがあります。本当に迷惑なんです。車専用の車道を、車と競争するみたいに平気で飛ばしていたりします。

直島で上記の標識を発見したとき、どこにでも交通ルールを守らない自転車走者がいるのだなぁ…と思いました。この場合は、都合よく「車」でなくなる自転車の人たちへのメッセージです。こういう標識を作る直島のお役所、とっても良いですね~。
皆、「ま、いっか」とルールを破る訳ですから…。その油断が事故を招くのだもの…。
http://fanblogs.jp/sakurabunama/archive/134/0
(香川県警の試みと分かりました。)


次はコレ。

f0032766_21441368.jpg
f0032766_21441207.jpg
f0032766_21453996.jpg
子どもSOSなおしま」―このメッセージが何を意味しているのか分からなかったので、バス停でバスを待っていたときに、隣りに居たおばあちゃん2名にインタビューしてみました。

「なんやろな~」というのが第一声。

でも、二人と話しているうちに理由が見えてきました。

「最近の子供はあやしぃやろ…。変になっちゃう子供が居るやろ。」

直島は過疎地帯で、人口が
3500人でも、子供の数がとても少ないらしいのです。小中学校の一学年のクラスは1つだけだそうです。つまり子供たちは最重要な存在。その子供たちが発信する「心のSOS」を見逃してはならない…ということのようです。(でも、単に、「子供少なし、SOS!」=「子供増やそう!」なのかもしれませんが…。)

こんなメッセージを島の大人たちに発信する直島のお役所、何となくいいですね~。

なんか、区役所とか市役所でチラシで目にするよりも、こういう家の壁に永久的に(?)貼り付けてあると、そこを通る度にリマインドできるのかもしれません。

でも、おばあちゃんの第一声が「なんやろな~」だったので、イマイチな感じはしましたが…。

年間
40万人くらいの観光客が来訪する芸術の島…。でも、過疎化を止められていないことは確かなようです。ギャラリートークでの安藤忠雄氏の話では、観光客が1万人、4万人…と増え、7万人になったころ、島の人たちが「うちもカフェやる、うちも食堂やる、うちも民宿やる」と言い出したそうです。島がドル箱ではあるけれど、子供が少ない➡若者が少ない…のは問題だわね~。商売のために移住してくる人たちも居るのかもしれないし、島民でない人が経営する食事処や宿泊施設が増えてゆくに違いありません。

宮浦港で帰りのフェリーを待っていたとき、高松港から到着したフェリーから、美術館でお世話になったスタッフの一人が降りて(出勤して)きたのを目撃しました。高松から通勤しているのですね…。なるほど…と感じた次第です。

「普通の人々」が、築
50~80年以上の古い家屋に住まう様子を見られるのも永遠ではないのでしょうね…。
10年後くらいに、もう一度行ってみるのも面白いかもしれません。


f0032766_21593715.jpg
朽ちてしまった家…。
f0032766_22370792.jpg
キリスト看板が直島にも…。


いつものことだけれど、直島でも数えきれないほど写真を撮りました。趣味なので…。

とても素敵な写真も沢山あるし、ブログにもっとアップしたい気分でもありますが、今回で終了~。
とても良い旅でした。
いつか、別の島にも行ってみたいです。



[PR]
by tomtom2006T | 2016-10-05 22:52 | DIARY | Trackback | Comments(1)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧