「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ウルル(エアーズロック)観光♪

オーストラリア先住民であるアボリジニの人々にとって、ウルルは神々が宿る聖なる山なので、ウルルを観光地として認めるに至るまでには、迫害と虐殺の悲惨な歴史を受け入れることに始まり、何年もの深刻な葛藤を克服してのことだったのだろうと思います。

調べてみるまでは分からなかったことでしたが、ウルルには登山しないこと…が望まれているようです。ウルルの麓(散策ロード)に神聖な儀式が行われる聖地が点在し、写真撮影禁止の場所もありました。宗教的あるいは文化的な儀式が行われるときは、国立公園が休園されるそうです。そういったことを厳守することを条件に、アボリジニはオーストラリア政府にウルルを国立公園としてレンタルしているとのことです。ウルル・カタジュタ国立公園に入園するのにも、入園料がかかります。レンタル料と入園料の何パーセントかがアボリジニの収入となり、アボリジニは働かなくても暮らしていける環境にあるそうです。(ガイドさんの話)
f0032766_1249340.jpg


それでも、ウルルリゾート内のホテルの敷地や空港には、アボリジニに就職の機会を提供するカフェなどが運営されていたり、もちろんホテルのスタッフとしてもアボリジニが働いていましたし、リゾート内の劇場で開催される3D映像を駆使したお芝居にもアボリジニの役者さんが出演していました。
f0032766_1910095.jpg


そんな環境にあるウルルを見物しに行った訳ですが、旅の後半で長距離をウォーキングする体力などは残っていないであろうと想定し、上空からの観光オプション=遊覧飛行を選びました。それはそれなりに大正解だったけれど、登ることも望まれていない神聖な山・ウルルを、上空から見下ろすなど、よく考えればアボリジニの人々にとっては邪道中の邪道なのかもしれないと心の隅で感じていました。(もちろん、真上を飛ぶようなことはありませんでしたが…。)それでも、その光景はとても壮大で感動的、実際に観ることが出来て本当に良かったなぁ…としみじみ。

ウルルは、湿度5%、最高気温36℃という気候(ガイドさん弁)で驚きました。サンセットツァーやサンライズツァーへの参加条件として、水1リットルを持参することが義務付けられていました。熱中症予防らしいのですが、ノドが乾いてから水を飲むのでは遅すぎるらしく、10分か15分おきに少しずつ補水することが望ましいとの指導がありました。

遊覧飛行で出会った、翌日にカタジュタ山麓のウォーキングツァーに申し込んでいた女の子は、ツァーの所要時間が3時間のため、水3リットルが義務付けられていると言っていました。彼女は、より保水効果のある経口補水液の粉末剤を持参してきたのだそうです。過酷な大地です。さらに彼女は翌々日にはメルボルンでのハーフマラソン大会に参加するのだと話していました。色々な人がいるのだなぁ…と観光以外にも感動した次第です。

蛇足だけれど…、ウルルにはブッシュフライというハエがわんさか飛んでいました。顔や身体に群がってくるため、ネットを被ってハエをよけないと、鼻の穴に入ったり、口の中に入ったりするので煩わしいものがありました。でも、汚いハエではないらしく、単に水分を求めて人間に群がるらしいです。湿度5パーセントは過酷だし、ハエも生き残るために必死なんでしょうね…。

東西南北、どっちがどっちの方向か分からないまま興奮しつつ眺めていました。ちょっとした角度で表情を変えるウルルはやっぱり怪物一枚岩。ヘリコプターの騒音と振動に耐えながらの感動的な遊覧飛行でした…??。


[PR]
by tomtom2006T | 2015-10-31 19:17 | DIARY | Trackback | Comments(0)

奮起!

昨日、TVワイドショーで、ネットを使いこなすハイテクご老人たちのことを報じていました。

一人は、80歳超えのご老人、ミゾイキクコ(溝井喜久子)さん。
高齢になってからパソコンを始め、持っているPC機器(iPadなど)は10台以上。
そして、5年前くらいに始めたツイッターが人気を呼び、フォロワーは5万人以上。戦争体験や高齢者問題とか、日々の食事などを写真入りでツィートしているらしいです。
チェックしてみました。➡ https://twitter.com/kikutomatu

彼女は、「この歳になると旅行にも自由に行けなくなるけれど、ネットを通じて色々な人々と出会えるので楽しい」とインターヴューで答えていました。なるほど…。

もう一人は、93歳の人気ブロガー、堀江幸子さん。こりゃ参った!!!
➡ http://plaza.rakuten.co.jp/sacchan1029/

彼女は、93歳でパソコンを操り、ブログを書き、その内容が出版社の目にとまり、今年絵本まで処女出版する…という凄さ。
ブログは80歳から始めたのですって。パソコンを始めたのも80歳!1日のブログアクセス数は2000件以上とは驚愕。パソコン画面を大きな虫眼鏡で覗き込む姿も圧巻。「遅咲き」という言葉が当てはまるのでしょうか…?諦めない人生は、他界するまで何が起こるか分からない…という感じです。

何かを始めるのに遅すぎる…ということは絶対ないと思うし、必要なのは何かに興味を持って何かを始めたい、やってみたい、挑戦してみたい…という「欲望のような思い」なんだと思います。欲望とか願望って、元気に溌剌と生きてゆくには必須!

私の89歳になる最高齢の叔父は、80歳のときにパソコン教室(メディアテークで提供する無料レッスン)に通い、パソコンを始めました。ポンコツ脚で食料や生活用品を買いに出掛けられなかった私は3年前にネットスーパーを始めたのですが、便利だ便利だと言って叔父に薦めたところ、覚える気満々で、How-Toを教えてあげたら、ちゃんと覚えてしまいました!醤油とかお酒とか、重いものを注文しているみたい。とってもチャーミングな叔父なんです。

好奇心や意欲のある後期高齢者たちから、いつも勇気をもらえます。そして、その様子には、自分らしく生きるヒントが隠されています。

彼らの共通点は何でしょう…? きっと、「無理をしない」ってことじゃないかな…と思います。(ご老人ゆえに)無理をすると、きっと健康を損なうような気がします。あくまで、「お気軽に…」「お気楽に…」がいいのだと思います。上手に力が抜けているような感じです。

で、私は何を思い立ったかというと、これまで覚えようとしていなかったことにトライしみようと思った次第です。私にだって出来るかも…と。

何かというと…、「自分で撮った動画のアップ」。

やってみたら、出来ちゃいました。
Here we go!※先日のウルル旅行。半日散策など、長い距離を歩けないため、上空からのオプションを選びました。遊覧飛行、夢のような時間でした…??

[PR]
by tomtom2006T | 2015-10-29 14:27 | DIARY | Trackback | Comments(0)

絵になる人♥

シドニーのショッピングモールで見かけた絵になる人たち♥f0032766_2043237.jpg
f0032766_20441369.jpg
f0032766_20544032.jpg
f0032766_20551690.jpg
二人の共通点は「集中していること」。

[PR]
by tomtom2006T | 2015-10-26 21:00 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ウルル、地球のへそ。

f0032766_0261526.jpg
<朝陽を浴びて赤く輝き始めるウルル>
f0032766_0294467.jpg
<サンライズ>
f0032766_0335033.jpg
<信じがたい奇岩ぶり。西から見るとペロっとした形に見えるのですが、東(朝陽)から見るとかなりゴツゴツした凹凸がありました>

シドニー&ウルルの旅の写真をFacebookにアップしています。Facebookに登録されている方は、そちらをご覧になって頂きますと、厳選した(?)写真を複数枚、見れます!写真や動画をアップするとき、ロウテクな私にはブログよりFacebookの方が簡単です。
➡ https://www.facebook.com/tomoko.saito.140
[PR]
by tomtom2006T | 2015-10-26 00:49 | DIARY | Trackback | Comments(0)

旅行✈

10月9日から一週間ほど、南半球はオーストラリアに行ってきました。
シドニー近郊在住の旧友に会いに行く旅でした。シドニーで待ち合わせをして、それから5日間、一緒に旅行をしました。非日常を満喫し、楽しい時間でした。なにげに3つの世界遺産も観てきました。少しずつ写真をアップしようかと思います。

まずはドーンとエアーズロック(ウルル)。オーストラリアは何と巨大なことか…。
f0032766_022129.jpg
<ウルル・サンセット>

10月の一大イベントはこの旅行。11月は身体の一部に不具合が見つかったため、又もシュジュツが待っています。治療に専念したいと思います。あちこちポンコツで嫌になっちゃいますが、できるだけゆったり過ごせるように努めたいです。しばらくの間、「音活」をお休みしま~す。ググッとスローダウンしたいと思います。

こころとカラダのメンテナンス、します♪
[PR]
by tomtom2006T | 2015-10-20 00:07 | LIVE SCHEDULE | Trackback | Comments(0)

お花の不思議ワールド♪

f0032766_1311547.jpg
昨年の暮れに、鉢物のお花を買いました。シクラメンです。

微かな香りがあって、花弁にフリンジがあり、フリル咲きの「ファルバラローズ」という品種です。「香る」という点が一番の決めてでした。取説の通りに、肥料を与え、冬の間、綺麗に咲いてくれました。

春になって、蕾が出なくなったので、家の裏の湿地帯に鉢を放っておきました。お水をやるでもなく、自然の中で生き延びれれば生きるだろうし…と、鉢物はいつもそんな感じ。でも、今夏の猛暑のときは、うっかりしてしまい、いっぱい残っていた葉っぱの半分を枯らせてしまいました。きっともう、生き延びれないと思いました。

ところがどうでしょう…!先日の豪雨のときも放っておいた(忘れていた)のですが、なんと、1週間くらい前から咲き始めたのです。これには驚きました。季節を間違えているとは思うけれど、気温とか陽射しとか湿気とかが揃って、咲いてみようと思ってくれたのかな~? 今のところ、蕾も数個。冬までに終わってしまうかもしれません。でも、肥料も何も与えていないのに、一人で咲き始めるなんて、ほぼ奇跡~♥ 寒くなったら家の中に入れてあげよう…♥f0032766_1315934.jpgf0032766_1323255.jpgf0032766_1325472.jpg
f0032766_1339100.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2015-10-07 13:05 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ノラ紹介??

f0032766_23322333.jpg
こいつはノラです??

ご町内に、野良猫に餌付けをしている無責任な方がいることは、なんどかお話してきました。私は糞尿被害に悩まされています。

今日はウチの庭に、首に鈴をつけた白黒のブチ猫まで現れました。これはもう、怒り心頭!そういう新党を組織したいくらいです…。

地域猫と共生ですって?! バカニシナイーデヨーッ!(百恵風)と言いたいです。

ウチの庭に出没するノラは7匹。黒が2匹、ブチが3匹、グレーが2匹。今日、家猫が1匹増えましたから8匹。以前来ていた美しい白猫ノラはいつのまにかいなくなりました。グレーと白のブチノラもいなくなりました。きっと誰かが家の中で飼うことにしたのかもしれませんが…。


最近出没したノラです。私の顔を認識していて、逃げようともしません。怒り心頭!
f0032766_23325079.jpgf0032766_23331258.jpgf0032766_23345066.jpg
この黒2匹は一緒に居た別々のノラ??f0032766_2335823.jpg

「写真を撮るなんて、ヒマな人ね」と言われそうですが、撮れるときに証拠写真として撮っているだけなのです。撮っておくと良い…と、とある方にアドバイスされました。逃げないので撮れるのです。コラーッと叫んでも動じないノラ??



?? 猫を飼っている方は、その猫を家の外に出さないでください。散歩させたいのなら、リードを付けて一緒に歩いてください。

?? 野良猫を可哀想だと同情する方が餌をやりたいならば、そのノラたちを家の中に入れて飼ってください。

?? そして、ノラに餌付けをしている方は、それは貴方が屋外で飼っている家猫ですので、必ず避妊去勢の手術をし、ノラを増やさないという責任を持ってください。それは必要最低限のマナーです。外で飼うのは、今の世の中言語道断です。

?? 貴方のノラが外でばらまいた糞尿は、餌を与えている貴方が清掃するべきです。

?? 無責任にノラの子猫を外に置き去りにしないでください。貴方が餌付けしたノラ猫が生んだ子猫は、貴方に里親を探す義務があります。

誰が餌付けをしているか知っていて、そのノラを捕獲して迷い猫として警察に届けたりすると、餌付けをしている人に訴えられたりする世の中だそうです。本当に厄介なノラ世界です。
[PR]
by tomtom2006T | 2015-10-03 23:47 | DIARY | Trackback | Comments(2)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧