<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ゴーヤ

緑のカーテン」に何気にずっと憧れていました。
でも、一気に植えて失敗するのも嫌なので、今夏、予行演習してみました。ひと苗だけ。

庭の隅に…、雑草はワンサカ生えても、水はけや養分は良さそうには見えない場所に、ひと苗。

なんということでしょう!
肥料も水もやらないのに、合計5つの実が成りました。2つは収穫のタイミングが遅れたためか、オバケのようにバックリ割れて、とてもグロい姿に…。こんなの、マーケットで売っているものからは想像もつかない現象!
驚いた!
種が真っ赤に膨れて、プヨプヨに変身。自然現象って、凄いです。f0032766_11574969.jpgf0032766_11595317.jpgf0032766_1205796.jpg

でも…、緑のカーテンを作りたい窓の下はコンクリートなんです。プランターじゃ不自然だし…。やっぱり憧れだけかなぁ~。
[PR]
by tomtom2006T | 2014-09-26 12:09 | DIARY | Trackback | Comments(0)

秋支度

f0032766_221876.jpg
定禅寺ジャズフェスが終わって3日目…。
祭りの後…、秋支度を始めたいと思います。

13日の仙台なびっくライヴを聴きに来てくださった皆さま、ありがとうございました!
ちょうどライヴ直前にドシャブリ雨になり、なびっくまでの道中、傘もままならない上に人混みを掻き分けて歩くのは大変だったことと思います。会場が室内で、本当によかったです。

「仙台なびっく」は以前、カーディーラーのショールームだったとのことで、天井がドームのような形になっている風変りなスペース。響きすぎて難しいかな…とも感じましたが、PAスタッフさんが調整してくださって、自分の声が自分の声に聴こえる音響で唄うことができました。スタッフの皆さん、ありがとうございました。一緒に演奏できたメンバーにも感謝!穏やかで楽しい時間でした。
そして、ライヴがインターネットでUstream配信され、遠くにいるお友達にも聴いてもらうことができました。便利な時代です。

自分たちの演奏以外は、2日間、色々なライヴを聴いて廻りました。ポンコツ脚でよく歩き廻りました。シュジュツ後、ちょうど左脚が1年、右脚が2年。定期検診も無事にクリアし、私の脚、だいぶ元気になってきている感じです。2日目などは、11時に始まった水浴の女像前のライヴから、会場を行ったり来たり、大きく街を周って17:30からの西公園での河北新報タイアップステージまで、座れた時間はごく僅かだったかもしれません。行き倒れすることもなく帰宅できて安堵。疲労困憊はしたものの、数年ぶりに痛みのない嬉しい二日間でした。f0032766_2210319.jpg
f0032766_2211815.jpg
f0032766_22112930.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2014-09-17 22:16 | DIARY | Trackback | Comments(0)

セカンドライフ

f0032766_14122489.jpg
先日、お友達に素敵なカフェに連れてってもらいました。

オーナーのご家族は、以前仙台市内に住まわれていたそうですが、第二の人生に七ツ森に住居とカフェを新築して「移住」されたらしいです。

自然林の中の佇まい。滝の水音や虫の声…、長閑な環境でとても良い感じ。

営業は土・日・月・火のランチと午後のカフェタイムのみ。
予約お断り、子供お断り、4人以上のグループお断り、大声のお喋りお断り、店内での写真撮影お断り、取材もお断り…とのこと。電話番号も住所も公開していませんが、知る人ぞ知る、口コミでいつも混んでいる模様…。一人でやってきて、読書をしたり、うたた寝をしたり、そんな人々が多いそう。大きな窓の外には、美しい田んぼが拡がっていました。

開業して16年とか。毎日営業しない理由…、「だーって疲れるじゃな~い…」ということらしいです。
一本筋の通った、セカンドライフ。羨ましい決断。いいなぁ…と感じた次第です。
 
[PR]
by tomtom2006T | 2014-09-08 14:26 | DIARY | Trackback | Comments(0)

2014年9月&10月のライヴスケジュール♪

f0032766_23204044.jpg
9月といえば、定禅寺ストリートジャズフェスティバル。いよいよ今週末です。
晩夏の音楽祭。ジャズフェスが終われば、とうとう秋に突入…という感覚があります。来週からは落ち着いた日々を過ごせるかしら…。静かなる日々にちょっとだけ憧れる今日この頃。自分自身の音楽の楽しみ方をじっくり考え直そうとしています。なぜかな…、何かの転機かもしれません。

9月13日(土) 仙台なびっく(一番町)17:00~17:40
With 斎藤あきひろ(G)、高橋進(Dr)、勝本宜男(B)
観覧無料です。定禅寺ストリートジャズフェスの関連イベントで演奏します。
??片手に、フラッと聴きにいらしてくださいませー♪
Ustream配信されるようですよ。➡ http://www.ustream.tv/channel/fujio-chiba
http://sendai-navic.com/

9月27日(土) Tsu-san (国分町) 21:00~、22:00~ 
With 佐藤雄志(Key)
Table Charge: 2000Yen for Man、1500Yen for Woman
MC: 500Yen   TEL: 022-716-0871
※ゆったりと落ち着くカウンターバー。大人の隠れ家。
秋の夜長、まったり、ゆっくり過ごせますように…♪


10月18日(土) 定禅寺ストリートチャリティーライヴ
「夏の思い出像前」デッキ 13:30~14:00 
10月19日(日) 定禅寺ストリートチャリティーライヴ
「夏の思い出像前」デッキ 15:45~16:15

さいとうとかつもと> With 勝本宜男(B)
※ボーカルとベースのDuoです。だいぶチャレンジングなことを企ててしまいました。お散歩がてら、物見遊山で聴きにいらしてください♥
※被災地への義援金や、定禅寺ストリートジャズフェスやとっておき音楽祭などの音楽イベントのための支援金を募ります。
※雨天中止になります。
f0032766_037673.jpg


[PR]
by tomtom2006T | 2014-09-07 23:24 | LIVE SCHEDULE | Trackback | Comments(0)

草間彌生「永遠の永遠の永遠」

秋田で開催されている草間彌生の「永遠の永遠の永遠」展を観てきました。

この開催について気付くのが遅かったけれど、7月も8月もどうせ行けそうになかったから、今回行けたのは必然だったように思えます。。

自分ひとりでほくそ笑んで、こっそり感動しまくりながら作品群を観ていました。一人の人間が、しかも老齢に突入してもなおこんな風に精力的に作品を描けるって、天才という言葉では語り尽くせない…という感じ。爆発して消滅してしまうのではないかと危惧してしまいます。

彼女の若かりし頃(NY時代)などは、凡人の想像を遥かに超えて破廉恥な感じだったのに、今回観れた作品群から垣間見える品性は極上の極上だし、人類愛と世界平和を唱える姿勢は真摯だし、考えの背景や視ているものは宇宙的だし、もしETが存在するとしたらETともテレパシーで話せそうだし……。とてつもなく感受性が強く、幼い頃の想いを老齢になっても鮮やかに保持し、純粋で愛らしく、そうかと思うとお化けのようだし…。とても強欲のようにも思えるし、超繊細なガラス細工のように脆そうにも見えます。かぼちゃや帽子、女の子、花々や水玉のモチーフや色使いは、一度見たら目に焼き付いて心から離れて行かなくなります。

コレいいなぁ、いいなぁ~と思いながら、楽しさに包まれて、自分が元気になれるような思いがするのです。
(脚も身体も疲れたけれど…、心が元気になれました♥)
f0032766_23425982.jpg
左から、「神をみつめていたわたし」、「青春を前にした我が自画像」、「青い目の異国で」(実際の大きさは227X181。2011年の作品なので82歳で製作…!?)

今回、ワタシ的にヒットしたのは、この3点。強力な自我を感じます。ちょうど作品のところにソファが在ったので、座りながらじっくり眺め、もう一度立っては近づいて観たり、とても離れがたいパワーを私に放っていました。草間彌生という人は、内省する力が悪魔的にミクロなんだと思うし、人間という生き物を観察する力は宇宙的というか…、とてつもないなぁ~。地球規模という言葉はもう古く、宇宙規模で考えているんだなぁ…。だから、ピカソもゴッホもマティスだって、ナンノソノなんだろうな~と思った次第。水玉と網だけで勝負しています。

2011年の初秋にも私はハイパーな鑑賞Tripをしていたことを忘れていたけれど、その時は感動を表現する言葉が見つからなかった…ということを、ブログを読み返して思い出しました。
面白そうとは思っても未だ購入していなかった草間彌生の自叙伝「無限の網」をそのうちゲットしてみようと思います。
神様、私に時間を下さい…。
➡ http://mochan2006.exblog.jp/16553256/

さらに今回驚いたことがありました。
秋田県立美術館に展示された作品群(特別展示)は、個人(一団体)の所有物なのだそうです。しかも、秋田の方。これには驚きました。会場の壁に挨拶文が貼り付けてありました。館員の方にもお聞きしてみたのですが、個人でこのように沢山の作品―エッジング、シルクスクリーン、リトグラフ、油絵、スカルプチャー、オブジェ等々を所蔵していることは、非常に稀であるとのことでした。びっくり!
➡ http://www.jkk-sotohp.or.jp/aisatu.html

世の中には驚きが満載です!
f0032766_21343023.jpg

f0032766_21324370.jpg
[PR]
by tomtom2006T | 2014-09-03 00:00 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧