<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「Here's To Life」 聴き比べ♪

たまたま曲検索して、Joe Williamsの「Here's To Life」にまつわる秘話を発見しました。 ⇒ http://ozsons.jp/Here'sToLife(Joe).htm
この曲はShirley Hornの歌唱が本家本元と言われているけれど…、いろいろあるのだな~。
なぜか急に、この歌を唄うと決めました。何年?何カ月計画になることか…、難曲です。

…という訳で、いつもの聴き比べを♪

挫折の可能性もアリですが、今のところ、唄う気満々♪
無料の譜面サイトをガンガン検索しても見つけられず、とうとう有料ダウンロードサイトで購入。6ページもある譜面を何とか2ページに収め、今日は譜面作成完了!キーは「E♭」。

★Shirley Horn  本家本元!


★Joe Williams 
すごく実直な人柄が伝わってくる感じがします。いいな~。譜面どおりの音で終わっているところが、醍醐味あり!です。


★Eartha Kitt
この人のこと、知りませんでした。こういうのも有りなんだ~という弾けたアレンジ…です。凄いな~♪


★無名のボーカリスト
演出なんかなくたって、歌心が伝わってきます!学生さんなのでしょうか…。先生?


★Melissa Minyard
ミュージカルスターでしょっか?凄い声と肺活量です。カツゼツ抜群、英語が超きれいです。彼女も譜面どおりの音で終わっているので、凄いです。きっともっと高い声が出るんでしょうな~。この曲は譜面どおりに唄うと、2オクターブ使います。


興味深い動画をもっと見つけましたが、この辺でやめときます。
バーブラ・ストライサンドは割愛しました。
今回もやり過ぎ…?
[PR]
by tomtom2006T | 2013-02-21 22:42 | TUNES | Trackback | Comments(0)

2013年これからのライヴスケジュール♪

今後のライヴスケジュールです。
今年も疎らな「音活」になりそうです。でも、心は満タンな感じ。貴重な機会に精いっぱい心を込めて演奏したいと思っています。

2月は、なぜか心境も新たに、坦々と練習オンリ~♪
練習は、楽しいなぁ~♪ ポンコツ足ながら、少しでも「歩み」を進められればと念じているところです。

皆さん、ぜひ遊びにいらしてください♪

3月15日(金) SENDAIZA (南町通り) 19:00~、20:00~、21:00~(3ステージ)
Original Stitches (オリジナル・ステッチズ)
斎藤十萌子(Vo)、佐藤雄志(P)、高橋進(Drs)、塩野雅俊(B)
 (ご予約をおすすめいたします。)
Music Charge: 1500Yen plus 1drink & 1food minimum
TEL:022-225-0525 http://sendaiza.com/ 

実に1年3カ月ぶりのOriginal Stichesライヴです。昨年は私の健康上の都合のためバンド活動を休止していました。久々に、元気いっぱいGO!します。
一針一針、オリジナルな音を紡ぎ、”音”を楽しみつつ、人の心に染み入る音楽を奏でたい…そう思って2007年に結成したバンドです。皆、あれから6つ、歳をとりました~♪ ますます旨味を増せるよう頑張ります。お食事がてら、ぜひリラックスしにいらしてください。
f0032766_133664.jpg


3月30日(土) Tsu-san (国分町) 21:00~、22:00~ 
With 佐藤雄志(Key)
Table Charge: 2000Yen for Man、1500Yen for Woman
MC: 500Yen   TEL: 022-716-0871
※ゆったりと落ち着くカウンターバー。
大人の隠れ家、春の訪れを感じつつマッタリふんわりゆる~り過ごされたいとき…、Tsu-sanです♪

Three Singers Showcase @ Jazz house alfie
5月26日(日) 六本木 alfie 18:30 Open/19:30 Start  (2Stages)
三輪明子(Vocal) & 真未あつこ(Vocal) & 斎藤十萌子(Vocal)
With 嶋津健一(Piano)、池田聡(Bass)、橋本学(Drums)
Music Charge: 3500Yen 
TEL: 03-3479-2037  http://homepage1.nifty.com/live/alfie/

仲良しのボーカリスト―明子ちゃん、あつこさんと、大好きなジャズハウス「alfie」で唄います。とっても楽しみなライヴです♪  もっと近くなりましたら詳細情報をアップします。是非ぜひ応援のほど、宜しくお願いいたします!
f0032766_12164326.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2013-02-15 13:14 | LIVE SCHEDULE | Trackback | Comments(0)

涙もろい日々

最近は涙もろくて…。

歳のせいか、カラダのせいか、精神的なものなのか…、わかりませぬ。
TVでせきららなドキュメンタリー番組などを見ていて、気付くとツツ~っと涙が流れていたり、片付けをしていて昔に想いを馳せては涙が出たり、困ったものです。感受性、強すぎ? とにかく切実な「一生懸命」に弱いです。

いつも言っていることだけれど、「持たない暮らし」を目指し始めて数年。当初、家の中の三世代分の片づけに3年計画で取り掛かったような気がするけれど、もっと掛りそうです。5年計画に修正!

2011年の暮れまでに、お祖母ちゃんとお祖父ちゃんのモノたちを整理しました。2012年は、私がビョーキになったので、お祖母ちゃんの仙台箪笥を修復しただけで、片付けはあまり進みませんでした。そして2013年、やっと気持と身体に余裕が出てきたので、お母さんの箪笥の整理に取り掛かっています。

先日から、お母さんの「嫁入り箪笥」の一番上の引き戸のところと、小さな引き出し3つをチェックしました。色々なものが出てきて、本当に驚きます。何十年も「取ってあった」からです。私が見たことのない、お母さんが十代の頃に大切にしていた物たち。それから、お父さんの結婚当初からの給与袋。全部取ってありました。私たち姉妹の通信簿や母子手帳、お母さんの手作り日誌も出てきました。他にも驚きのものたちが満載です。

そして、そして一番のダイナマイトは、お父さんがお母さんに宛てた「書簡」。簡単に言えば、ラブレター。電話など無かった時代です。その「書簡」は、結婚前の交換と、結婚後のものとが別々のところに仕舞われていました。結婚後のものは、母が一番上の姉を身籠った後、なんらかの理由で実家に戻っていたらしい時期のものでした。1-2通読んでいたら、涙が出てきてしまいました。そしてそのうち号泣してしまい読めなくなりました。

悲しいのでもなく、嬉しいのでもなく、自分が生まれる前の両親の有りようを、何十年も後に、両親が他界してから生々しい形で知ったことへの衝撃。この気持をどう表現したらいいのか分かりませぬ。当時の状況、小説になりそう…。自分が知らない親の姿を、歴史番組か何かで知らされるような不思議な気分。それにしても、父があんなに能弁でロマンチストだったなんて、ショック以外の何ものでもありません。父が書いたものなど、論文と年賀状と手帳と確定申告と走行日誌くらいしか知りませんでした。手紙の中には、短歌が詠まれていたり引用されていたり…。日本語では到底恥ずかしくて書けなかったのか、英語で綴られていた一文があったり…。
こういうものたち、どうすればいいのか分かりません。簡単に捨てられないし、こういうものを残してあの世へ旅立つなんて…。

今流行っている「終活」は、時代背景も手伝っているけれど、良いことであるに違いありません。昔は、死んだ後は子供が何とかしてくれる…というのが一般的な価値観だったように思うけれど、今は子供に迷惑は掛けたくない…というのが当たり前になってきていると思います。子供がいなければ、もっと切実です。子供として、私は今、迷惑だなんて感じていないけれど、途方にくれていることは確かです。

全ての人にとって必ずしも必要(可能)ではないかもしれないけれど、自分が死んだ後のことも考えておかないといけないかもしれない。
極端に言えば、生きてきた証を片付けるって、結構勇気が要ります…。でも、未だ覚悟が足りませぬ。

そんなこと考えると、また涙が出ちゃう…。
f0032766_230103.jpg
f0032766_2302820.jpg
f0032766_2304431.jpg
f0032766_230565.jpg
f0032766_2312213.jpg
f0032766_2313338.jpg

お母さんが少女時代に大切にしていたものが箪笥から見つかりました。
まるでタイムカプセル。中原淳一は、今、ブームらしいです。
[PR]
by tomtom2006T | 2013-02-11 23:21 | DIARY | Trackback | Comments(0)

「I Got It Bad」 聴き比べ♪

「I Got It Bad」の譜面作成、完了! キーは「C。」 
ちょっとコジャレたエンディングを考えちゃいました。^^/ 唄うぞ~♪
頭の中で、ず~っとメロディーがRepeatしちゃってます。練習が終わっても鼻歌が止まりませぬ。メロディ展開はとてもシンプルなのに、全く飽きない! 名曲だなぁ~♪
いつものように、Youtubeで聴き比べをしてみました。

★キース・ジャレット。美しい…。
後半の盛り上がり方には若干納得できないけれど、でも、いちばん素敵かな…♪


★ダイアン・リーヴズ
ギターで始まるだなんて、憎いな♪ 超スロ~。後半の迫力が凄すぎ。真似不可。


★ペギー・リー
この声、大好きです。メロディーに忠実に唄っています。1941年の声。21歳。


1982年、62歳。41年後の歌唱。超スロ~♪


★サラ・ガザレク
Verseをアカペラで唄っています。ナチュラルでいい感じ。
ピアニストがなかなか能弁です。


★エラ・フィッツジェラルド
最初の一番キュンとするメロディーをフェイクしちゃってて、若干不満…。


★エタ・ジョーンズ
ど迫力。


Youtubeは凄過ぎて切りがないな~。この辺でやめときます。て、やり過ぎ?時間がいくら有っても足りませぬ。
[PR]
by tomtom2006T | 2013-02-06 23:36 | TUNES | Trackback | Comments(0)

「テレビ」

友達が言いました。
「テレビがあるからいけないのよ~。」

何故いけないかというと…、
ケーブルテレビなどで好きな番組や映画を見ている限り、テレビの向こう側に人が居る感じがするので全然寂しくなくて、だから結婚しなくちゃ!とも思わなくなっちゃう…というのです。自立した独身貴族の本音。(結婚とは、寂しいからするものなのか…?)

実をいえば、私も「テレビがあると寂しくない」感じがするので、困ったサンです。その点は同感。でもテレビと結婚を結びつけることは難儀かも…。それでも、世の中の様々な事件や出来事をTVニュースで見ていたりすると、テレビに向かって喋ったりすることなんかもあったりして、なかなか不味いです。

思い切ってテレビを消して、音楽に切り替えたり、無音にしてみたりもするのですが…。
テレビを捨てた…とか、テレビを持っていない…という友人もいるのですが、大尊敬しちゃいます。それは「テレビがなくても寂しくない」ということだから。

昨年からずっとホコウフジユウ&リハビリ中ゆえ、新聞同様テレビは社会の出来事を知る「大きな窓」のような存在です。そしてインターネットも情報満載。とりあえず、お買い物は殆どネット。食料品や生活用品もネットスーパーで調達。この一年間はネット通販マニア。段ボールが溜まる溜まる。この傾向は今年も続きそう。

昨日は衝動買いまで…。日曜日の大好きなTV番組「ヒットの泉(ニッポンの夢ヂカラ)」で紹介された「ヨーグルトメーカー」を楽天ショップで注文してしまいました。カスピ海ヨーグルトも温度調節して作れるらしい…。駅前のヨドバシカメラに行かなくても買えちゃうから便利です。(私はヨドバシ派。)

でも、できるだけ早く、お天気に左右されずに色々なところを歩き回れるようになりたい!もう少しの辛抱。といっても少なくともあと1年…?
それまでは、「テレビ」様さま、「ネット」様さま~♪
でも中毒にならないように気をつけよう。
f0032766_21514090.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2013-02-04 21:58 | DIARY | Trackback | Comments(5)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧