「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お得なCDBox 「Classic Albums」

Amazonで「Classic Albums」というCD Boxが売られているのをbarbaraさんが教えてくれました。Thanx!
様々なミュージシャンの古いアルバムが集められたBOXです。1000円前後。これはどれもお得~♪
f0032766_21405638.jpg


アニタは何枚も持っているので、今回は我慢。ブロッサムとカーメンは、数枚は持っているものの、やっぱり欲しくなって購入。なかなか良いです!

ブロッサム・ディアリー(1954-1961)分は6枚のアルバム集です。聴いていたら、なかなか私好みのギターが聴こえてくるではないですか…。細かな文字をジッと見たら、ハーブ・エリスに、ケニー・バレル。なるほど…。同じ世代なのです。1954年だと、ブロッサムは御年30歳。ピアノ弾き語りの場合、ギターが入ることが多いけれど、凄くいい!ブロッサムの歌唱は、時としてくすくすっと微笑ませてくれるところが、とても好きです。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B008LSVM46/ref=oh_details_o02_s00_i01

カーメン・マクレエ(1957-1961)分は8枚。1957年、カーメンは37歳。ノッケから声がとても素直で優しげ。もともとの先入観が打ち砕かれました。若いころはこういう声だったのだ!と少し驚いたり嬉しかったり。このボックス、いい!私が持っていたものも入っているけれど、全然オッケー。カーメン30代の歌唱の集約。ただし、「Book of Ballads」は入っていません。私がずっと練習している「I'm Glad There Is You」も入っていた!嬉しいぃ~♪ (紙面の都合か、プレイヤーの名前が記されていないのが残念。)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B008LSVL9C/ref=oh_details_o02_s00_i00

もう一枚、アンドレ・プレヴィンのBOXを注文しましたが、未だ届いていませぬ。
待ち遠しい~♪
[PR]
by tomtom2006T | 2013-01-24 21:46 | DIARY | Trackback | Comments(2)

「心付け」

昨春、私がシュジュツをする…と友達に言ったら、「心付けをしといた方がいいよ。そうすればちゃんと扱ってもらえるから。」とアドバイスされました。

私は、「何それッ?!」という反応。それがなければ、ちゃんと手術してもらえないとしたら、「何それッ?!」でしょ~? 心付けとはいわゆる「チップ」。成功報酬ならばいざ知らず、事前のチップでご機嫌を取る作戦。

友達の父君がとあるガンで手術をしたとき、病室の人たちとの情報交換で、包む額は3万円が相場…ということだったそうです。病室の4人の患者さんが3万円ずつ包み、もし同じ医師だったら、12万円の副収入!誰も見ていないときに、医師のタモト(白衣のポケット等)に滑り込ませるのだそうです。(誰にも見られずに差し上げるのは若干至難の業です。)医師は、一回か二回かは断わるものの、結局は受け取るらしいです。でも、心付けの効果か否かわかりませんが、友達の父君の手術は成功し、今は元気に過ごされているようです。安堵。

公的な病院の病棟ナースステーションには、「お心遣いは一切お断りします」…という旨が公示されてあります。私は自分の経験として、ナースステーションはお花は受け取っても、菓子類は受け取らないことを知っています。ましてや、心付けや餞別の類はご法度です。

それなのに、心付けをする患者が存在し、それを受け取る医師も存在しています。

昨年二回、私がシュジュツを受けた時も、病室で心付けが話題になりました。「やるんですか?」「やらなくていいんですか…?」「やった方がいいって聞いたんですけど…。」「やるとしたら幾らですか?」「やりませんよー。(私)」という会話。でも、二回目にニューインしたときは、その話に”花”が咲きました。

「んでも~…」と県北から入院していたお婆ちゃん。彼女の話はこうでした。村の有力者の娘さんがガンと診断され、助からないと宣告されたそうです。ところがその有力者(父)はどうしても娘を助けて欲しいという一心で心付けをしたそうです。すると、「なんということでしょう~!」その娘さんはガンを克服し今は元気に生活しているのだそうです。お婆ちゃんは「心付けは効果があった」という意見でした。

「その心付けって、幾らだったんですかー?」と私。
100万。」とお婆ちゃん。

「えーッ!!!」と、私を含む病室の患者さんたちの驚きは凄いものでした。

どう思いますか?

心付け100万円で、助からないと言われた命が助かった!のです。その主治医が100万円でどんな特別な治療を施したのかは分かりません。本気で治療したからでしょうか?本気じゃないときもあるのでしょうか?ひょっとすると元々助からない命ではなかったのかもしれません。もしそうだったら、それは詐欺です。有力者は足元を見られたのかもしれません。
その事実、どう考えればいいのか全く分かりません。

心付けで、治療する側の本気や積極性や丁寧さが左右されるとしたら、それはとても悲しいことです。執刀医は、腕がいいか悪いかは別としても、いつだって誰にだって最善を尽くして欲しいです。そして、心付けが当たり前のように期待されるものならば、それも悲しいことです。

私は昨年、専門医のいる2つの大きな総合病院にお世話になりました。どの専門医にも心付けは「差し上げません」でした。入院費用だけでも大打撃です。心付けをしなかったせいで、自分のシュジュツがうまく行かず、ビョーキが治らないのであれば、それはそれで自分の運命なのだと受け入れるしかないと思っていました。別の言い方をすれば、専門医と言われる医師達の誇りと技術を信じようとしていたとしか言えません。どの医師もその道ではよく知られた名医だ…と町医師から聞いていましたから。終わってみて思いますが、二人の主治医は最善を尽くしてくれたと確信できます。

看護師さんたちの対応も、十人十色。優秀な人もいれば、そうでない人もいます。かゆいところに手が届く人もいれば、雑で思いやりのない人もいるし、歴然と能率の悪い人もいます。「手当」というものを知っている人と知らない人…、想像力のある人と無い人、色々です。そこに心付けを投入して、もし対応が見違えるように改善されるのであれば、それは在るべき姿ではないでしょう…?白衣の天使と言われる所以は何なのでしょう?「白衣の天使」とはすでに死語?

「お心遣いは一切お断りします」と公示してあるのだから、それでいいのではないでしょうか…。まだまだ「ソレをするかしないかを迷う」環境があるということが問題です。(縁故がある場合は、私的なレベルになりますから全く別のような気もしますが…。)

どんなことにも、当たり外れがある…ということを受け入れざるを得ないような気もしますが、もし納得が行かなければセカンド・オピニョンというものもあるので泣き寝入りだけは避けたいものです。

自分の主治医が心付けで対応が変わる人かそうでない人か、自分の勘を信じるほかはありません。

それにしても、病棟内の様々な人模様は、観察する価値があります。普通に健康に暮らしていたら、絶対に見ることのない光景を目にしますから…。人生勉強になります。

以上、「心付け」なるものについての考察でした。
[PR]
by tomtom2006T | 2013-01-22 13:40 | DIARY | Trackback | Comments(0)

鬼のかく乱

ず~っと、1年以上風邪をひいていなかったのに、とうとう風邪をひいてしまいました。油断してしまいました…。ショックでか丸。

3日間くらいでクリアできたかと思いきや、4日目の朝にツバを飲み込むのも苦しくなり、とうとうお医者さんへ…。いつもノドが急所です。発熱開始。抗生物質を飲んで2日目。なんとなく楽になってきました。インフルエンザではなさそうです。

風邪をひくと、歌えなくなるのでガックリです。

それにしてもサブイ日々です。
f0032766_1643868.jpg
私のうちは古い家なので機密性と遮熱性2%くらい。普段使っていない部屋は零下。
[PR]
by tomtom2006T | 2013-01-18 16:10 | DIARY | Trackback | Comments(2)

「Sophisticated Lady」 聴き比べ♪

今年最初の練習曲は「Sophisticated Lady」。心境も新たに猛練習中~♪

エリントンの曲は、とっても大掛かりなオーケストラで唄われるもよし、戦艦?のような重厚なピアノトリオで唄われるもよし、どんな編成でもゴージャスで素敵だけれど、「静寂」も似合うので私はギターで唄われているものが大好き。「Sophisticated Lady」然り、「In A Sentimental Mood」然り、「Prelude To A Kiss」然り。Youtubeを探索してみました。

アガ・ザリアン(Aga Zaryan)
※このギター、シビレる!唄わせて~と叫んじゃいそう。Duoは最少の音だから、シーンと聴き入ってしまいます。即、CDをゲットして今聴いています。ポーランド人の歌手。「Picking Up The Pieces」というアルバム、なかなかイイです…♪


サラ・ボーン
※ご存じ「After Hours」に入っているバージョンです。これもギター。


ビリー・ホリデー 
※ビリーとギターという組み合わせ、ちょっとイメージできなかったけれど、これもギター。


ブロッサム・デアリー
※素敵中の素敵。真骨頂!つぶやき風。ピアノが正にSophisticated!

[PR]
by tomtom2006T | 2013-01-12 15:01 | TUNES | Trackback | Comments(0)

冬の節電活動♪

昨年末に、とある有名女性ジャーナリストの講演会を聴きにゆきました。主催者が配布したパンフレットに「冬の節電活動」というものがありました。主催者は中高年女性の組織でしたから、その内容は彼女たちが育った時代背景的には合点のゆくものなのですが、どうも現実的かどうか半信半疑に陥りました。

① エアコンのフィルターの掃除をしよう!
② みんなで湯たんぽを使おう!
  (中のお湯は朝の洗顔や食器洗いに使いましょう!)
③ ゲームはやめて、アナログな遊びを楽しもう!
   (読書、トランプ、粘土遊び、折り紙など。)
④ 電気を消して、家族で街に出かけよう!
   (イベントに参加したりスポーツをして家族で楽しく過ごしましょう!
    「おしくらまんじゅう」、「かくれんぼ」等で身体を動かせば、
    ほかほかに暖まります!)
⑤ 掃除でも節電!ほうきとモップを使おう!
⑥ 電子レンジを使わず自然解凍!

この6つのうち、どれか1つでも実践すれば節電に貢献できるのかもしれないけれど、どうもイマイチです。

エアコンのフィルターを掃除するのは簡単。すぐにやれます。

湯たんぽはウチにもあって、以前実践したことがありましたが、私の場合はそれだけでは足りませんでした。それにしても、湯たんぽのぬるま湯で顔を洗ったら、何円節約できるのかしら?

エアコンの電気消費量が大きいのならば、外出するよりも設定温度を下げればよいのでは?

電気を消して外出するならば、別の出費も膨れ上がるし、月に何回家族で外出すれば節電につながるんでしょ?家族で出掛けて遊ぶとお金掛るのに…。

フローリングならばいざ知らず、絨毯にモップとかほうきって無効。

自然解凍して美味しく食べれるものって、佃煮とかジャムくらい?

夏の「うち水」や冬の「湯たんぽ」は、時代を超えて効果のあるものだけれど、食べ物の料理法や、大人や子供の遊び方などは「時代モノ」なので無理してレトロ回帰なことを考えなくても良いんじゃないかと感じます。私見。

節電は、人々がそれぞれの生活の中で節電方法を認識し、電化製品の使い方を少~しずつ改善して無駄遣いしなければ良いことなのではないでしょうか…?皆が同じ節電モードになれば、かなりのエネルギー節約になるはずだと思います。

この節電活動のパンフレットのことが何故かず~っと気になっていたので、どうもグチっぽくなっちゃいました。電気のない時代、人間はどうやって生活していたか…を想像するだけでも、節電できちゃう!

            さ、今日も節電節電~♪

国の政策として、(希望すれば)「家中の照明器具をLEDに替える」補助金でも出してもらえないかしら…ね?
[PR]
by tomtom2006T | 2013-01-09 14:38 | DIARY | Trackback | Comments(4)

2013年1月のライヴスケジュール♪

お正月からこの冬一番という寒さを更新しつつ、今日は7日。もうお正月気分も抜けちゃいました。あとは14日の「どんと祭」を待つばかり…。

三が日に体調を崩してしまい、今年のボイトレ始めは5日でした~。練習部屋に入れば、室温1度! 唄えますか~ッ!?という寒さ。ひと気の無いガランとしたスペースなので、冬場は根性でっす。節電せずとも、寒さはあまり変わらず…、創意工夫して頑張るッ♪

今年最初のライヴは、ものすご~く久々にボサノヴァギタリストのガロート川村さんとご一緒します。スタンダードナンバーをBossaバージョンで「よりどりみどり」になる模様…。

1月26日(土) Tsu-san (国分町) 21:00~、22:00~ 
With ガロート川村(G)
Table Charge: 2000Yen for Man、1500Yen for Woman
MC: 500Yen   TEL: 022-716-0871
※ゆったりと落ち着くカウンターバー。
大人の隠れ家。さぶい夜をマッタリぬくぬくゆる~り過ごされたいとき…、Tsu-sanです♪
f0032766_12465284.jpg
東山魁夷/冬華
[PR]
by tomtom2006T | 2013-01-07 12:49 | LIVE SCHEDULE | Trackback | Comments(0)

賀正♪

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
幸多く平穏な年となりますように…♪
f0032766_21474248.jpg

今年はめずらしく車で県外へ、山形で元旦を迎えました…。
お宿に生けてあったお正月花です。

やっぱり雪の多い土地、モノトーンな冬…♪
f0032766_222449.jpg
f0032766_22327.jpg
f0032766_22142759.jpg
f0032766_2264939.jpg


春よ来い、早く来い♪~ ♪~
[PR]
by tomtom2006T | 2013-01-02 22:22 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧