<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

EGIL OLSEN♪ (エギル・オルセン)

単なる好みの話になってしまうのだけれど、私はここ何年間も、フォークソングとかポップス系の曲を聴き続けることができないでいました。例えば、ノラ・ジョーンズが爆発的に流行っているらしい、とても良い曲みたい…と知ってCDをゲットしても、1枚のCDを最後まで聴き続けることができない…みたいなことです。簡単に言えば、Swingしていないと感じる曲を何曲もずっと聴き続けられなかったのです。聴くとしたら我慢して聴く…、或いは聴こうとしないで流して聴くという感じ。これはもう「好み」の問題なんですが…。
(Swing感にも個人差があるので微妙だけれど…。「Swingしなけりゃ意味がない」という曲もあるけれど、どうもSwingしないジャズもあるらしいし、よくわかりませぬが。)

けれども、ついこの間、Facebookでお友達のChieさんが紹介してくれたアーティストに衝撃を受けました。

EGIL OLSEN♪ ……I am a singer / songwriter という曲。

声質、繊細さ、集中力。何の装飾も施されていない声とギター一本の音。シンプル以外の何物でもない坦々としたギター弾き語り。
ただし、声が特殊。
憂いに満ちたファルセットを多用している、というか、殆どファルセット。
唄うというよりは、語っている。
メロディーがあるような無いような…。アレンジもなんてことのない、単にフツー。力強いと言える盛り上がりがある訳でもない。なのに、惹きつけられて、耳を澄まして最後まで聴いてしまう。これは一体ナンダー!?と、惹きつけられている自分に驚いてしまいました。「声」で歌を聴く…という感じ。これは当たり前のことのように聞こえるかもしれないけれど、「声」の魅力や説得力は、アレンジや歌唱力に勝って重要。英語の歌詞以前に即座に耳に入ってくるのは「声」だから。そして言葉は「声」で表現されるわけだから。(技術はさて置き…。)

気になるともっと聴きたい…と思うサガ。ファーストアルバムを早速アマゾン購入。やっぱり、聴き続けてしまいました。印象としては殆どが2ビートや8ビートなのに…。(2ビートや8ビートにシッケイ…?いえ、リズムのバリエーションは豊富です。)

私が無意識に夢みていた(かもしれない)、辿りつきたいところがおぼろげに見えたような気がするのは何故か…?大袈裟に聞こえるかもしれないけれど。それが何かは未だはっきりと言葉で表現できないけれど。リズム種とは無関係の世界。「語る」というひとつのジャンル。

EGILの声の表現は、心の隙間にひたひたと入り込んで、私が全くもってずっと忘れていたある種の感情を掘り起こしてくれた感じがしました。ここのところずっと葬られていたかもしれないセンシティヴィティー。思い出せて、なんとなく嬉しい!

というわけで、EGILの歌唱です。

http://www.egilolsen.com/

試しに今日、ノラ・ジョーンズのCDを流しながらコレを書いているけれど、聴き続けられています。なぜだろ~? ノラ・ジョーンズの声も特徴的かつ魅力的ではあります…。(が、食わず嫌い。)EGIL OLSENが突破口となったのでしょうか…?

今、私は「歌を忘れたカナリヤ」状態なので、きっと耳の許容範囲がゼロクリアされているのかも…。


昨日は思い立って、ニューイン前の最後の昼遊び―宮城県美術館で開催されている「東山魁夷展」を観てきました。とてもよかった!EGIL OLSENはノルウェー人だし、東山魁夷の北欧編の絵画を観ていたら、EGILの声が頭の中に響き渡りました。

どうも大袈裟な感じがしないでもないけれど…、今の心境。

さらに、「QUEEN」の「Don't Stop Me Now」です↓。
このカバー歌唱にもヒントが詰まっています。

[PR]
by tomtom2006T | 2012-09-29 20:09 | DIARY | Trackback | Comments(0)

やっと秋が始りました…♪

ここ数日、やっと気温が下がり、秋らしい涼しさを感じるようになりました。
今日、9月24日は雨模様…。若干、今夜は涼し過ぎ…、夏服での室温20度はサブッ。思わず暖房エアコン入れてしまいました~。

先週末は思い立ってしまい(よせばいいのに…)、家裏に蔓延った竹笹を伐りました。よって、身体がヘロヘロに…。驚いたことに、竹が家屋の外壁の中に潜り込んで伸びていました。2本も!嫌んなっちゃいます。私の腕力では引っ張りきれない…。誰か助けて! 竹の根が地中をはっているみたいで、根っこのせいで家が傾いたらどうしよー。

そして毎度おなじみのドクダミ群生、巨大に張られた蜘蛛の巣(これ複数)、竹にまとわりついて伸びている様々なツタ類。勘弁してほしいな~。

今夏は本当にヘンでした。一本の梅の木から50キロくらいの梅が採れたり(過剰豊作)、アジサイが巨大になってみたり、ドクダミが1メートルくらいに成長したり、鬼蜘蛛が突然出現してみるみるうちに巨大蜘蛛に成長したり、縞蚊でもアカエイ蚊でもない「黒い小さな蚊」が網戸をくぐって家の中に入ってきたり、一日に何か所刺されたことか…。
ライヴを開催した9月7日の午前中には庭で「モンシロチョウ」が飛んでいて驚いていたら、翌日のTVニュースで「モンシロチョウ」の大量発生を報じていました…。そういえば、春に「シオカラトンボ」が飛んでいるのを見ました。トンボはどう考えたって夏以降でしょッ? そして、梅雨時には家裏に南国のカエルがやってきました。巨大な積乱雲に運ばれて来たのかしらん…?⇒ http://mochan2006.exblog.jp/17595890/
とにもかくにも、今年は色々、不思議な自然現象がいっぱいです。

加えて、今年は想定外なヤマイが重なったので、本当に超高速で時間が過ぎてしまいました。まるで時間が消えたような気分です。歌を唄っていたのは5月中旬から9月初旬の約4ヵ月間だけでした。定禅寺ジャズフェスが終わり、今はもう、歌を忘れたカナリヤ状態。自分でもビックリな感じです。燃え尽き症候群…というよりは、今直面していることの方が音楽よりも重要だから…。

でも、ニューイン前の最後の夜遊び…Khadiで開催された「小泉やよい&鈴木次郎」ライヴを聴きに行きました。コージーでとても良かったです。ライヴは「the end of summer…」とサブタイトルされていて、なんとなく「あ~、夏が終わったんだ、やっと秋だ、これで準備万端だワ」と感じました。何も後悔することなどないかな…。

何が一番て、やっぱり心と身体の健康が何よりです。健康を失って初めて、それまで気付きもしなかった現象が見えてきて厳しいこともあるけれど、それはそれで人間としては成長できるような気もします。辛いと思うことでも、なんにも無駄なことは無いのだと思いたいものです。どうであれ「弱者」になってみて見えてくるものは、とても深いです。「深い」と感じれるうちは未だよいかもしれません。「深い」などとも感じられなくなる段階に突入したり、怒りを覚えるようなことになれば、それはそれで惨いです。

時間が消えてゆく状況で、今年唯一買った本があります。
困ってるひと」(大野更紗著)です。だって、私も困っていたから…。本を読んで涙が止まらなくなったのは、人生初めてでした。一か所だけ、どうしても涙が止まらなかった箇所がありました。痛みが尋常ではない複数の難病と闘う勇敢な女子の、あまりにも現実的かつ爽快な語り口に勇気づけられたのでありました…。著者は果敢で潔いひと。病気なんかに負けられない、付き合えばいいんでしょ、と思わせてくれる本です。そして人生(生活)は段取りだ!とも思わせてくれる本でもありました。
f0032766_21322583.jpg


とりあえず、私の2012年の段取りとしては、残りの3ヶ月間はニューイン&シュジュツ&リハビリ&リョーヨー生活であります。再び音楽活動休止。

隣のおばちゃんに負けじとiPadをゲットしたので、ニューイン中はiPadで遊ぼうかと…。犬っこの会社の電波状況、うちの近辺ではイマイチです。(ポケットWi-Fiまったく役立たず。)

そんなこんなで、しばしの間、ぬくぬくと暮らします。
友人知人親戚縁者の皆々さま、お便り大歓迎です。
Facebookは未だチンプンカンプンですが、熱烈学習中♪ ブログよりFacebookの方がフットワーク軽いかも…です。↓
http://www.facebook.com/home.php#!/tomoko.saito.140

ではでは…。ぬくぬく…。ほわほわ…。
[PR]
by tomtom2006T | 2012-09-24 21:43 | DIARY | Trackback | Comments(3)

勇敢な子猫ちゃん♪

とってもとっても笑えちゃいます。↓


[PR]
by tomtom2006T | 2012-09-21 00:24 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ミュージアムな雰囲気…?

9月7日(金)、Jazz Me Blues noLaでの「塩本彰ジャズハプニング」ライヴで写真を撮っていてくださった方がいました~!OMRさん、ありがとうございました!貴重なる記念の一枚。感謝感謝♪

北の海に赤い屋根と白い雪が特徴的な絵をいっぱい描いていている葛西四雄画伯のとても大きな絵画が飾ってある空間。シャンデリアもあって、ミュージアムな雰囲気…?

右から…、
変幻自在、ハプニングなギタリスト…、塩本彰さん。
眼鏡をかけて唄うひと…、私。
静寂なるギタリスト…、鈴木次郎さん。
f0032766_15405529.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2012-09-16 15:44 | LIVE REPORT | Trackback | Comments(0)

祭りのあと…♪

ジャズフェス…、祭りが終わりました。

今年は1月から半年間ほどビョーキのために音楽活動を休止しました。それでもなにげに頑張って再開したのが6月。期間限定、ジャズフェスまでの歌活動…、根性を使い果たして一段落。燃え尽きてはいないのですが、ヨヨと倒れておりま~す。(Help~♪ I need someBODY~♪)

9月7日のJazz Me Blues noLaでのライヴ、そして9月8日のジャズフェス・Yurtec前の「Double Rainbow」ライヴを聴きにきてくださった皆さまに心から感謝しています。ありがとうございました。

大阪から遥々来て頂き一緒に演奏してくださった塩本彰さんに感謝感激です。そして、塩本ハプニングにも動じず一緒に演奏してくれた鈴木次郎さんにも感謝感激でした。私はバンジージャンプをしているような気分で、だいぶチャレンジングでした。命綱が切れそうでしたが切れなくてよかったです。(爆)

友人が言いました。
「塩本さんのギターは、たった一人でもオーケストラだねー。」
ピアノという楽器が一台でオーケストラである…というセリフは聞いたことがあるけれど、ギター一本でオーケストラなんです。凄いです。

私といえば、いっぱい課題を抱えることに…。音楽修行の道に、「これで良し」なんていうレベルはないのだから、凹んだって倒れたって巧くなりたかったら努力し続けるしかありません。止めたらそこで終わりです。まだ終わりたくありません。でも、年内ビョーキを治すために休みまツ。

8月末にiPadをゲットし、使い方もままならないまま、ライヴの録画に挑んだのはいいのですが、iPadに夢中になり、7日のライヴ写真を撮ってもらうのをすっかり忘れていました。7日の分、写真全くありません。まさに一期一会なライヴだったのに、写真がないだなんて…不覚であった…。仕方ありませヌね。

8日のYurtec前での写真を撮っていただきました。Here you are~♪f0032766_17314721.jpg
f0032766_1914119.jpg
f0032766_19155076.jpg
f0032766_1915338.jpg
f0032766_19151776.jpg

演奏前から来てくださった方々、演奏しているうちに足を止めて聴いてくださった人々に感謝♪小学校の恩師も2日間聴きに来て下さって感激でした。東口は過疎地と想像していたのですが、他のバンドの演奏音に邪魔されることなく、広々として静寂な空間の中で気持ちよく演奏することができました。

とりあえず、無事に今年の音楽行事が終わりました。
年内、ポンコツ足の改善に臨みます。iPadがあるし、右往左往したとしても、ビョーインでチョしてブログ更新できるかも…。

<年内目標>
元気にちゃんと歩けるようになりたい!
iPadをマスターしたい!(でも、できないかも…。)
新曲の仕込みをしよう!

アレとコレとソレと…アリすぎかも。先ずは、アシ!

Keep Swinging♪
[PR]
by tomtom2006T | 2012-09-12 19:27 | LIVE REPORT | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧