<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

神社…

浪を分けた神社の話です。

http://www.dailymotion.com/video/xkmxai_20110820-yyyy-yyyyyyyy_news
[PR]
by tomtom2006T | 2011-08-29 23:51 | DIARY | Trackback | Comments(0)

そろそろ復活…

ず~っと蝉の抜け殻みたいになっていたけれど、だんだん復活してきました。
庭木に止まって鳴くみんみん蝉の鳴き声には、思わず笑ってしまいます。笑えるからOK♪

振り返ってみれば、音楽三昧な一週間でした。

8月19日には塩本彰ジャズギターWorkshopを開催できたし、翌日は師匠、伊藤君子さんのチャリティーコンサート。そして22日にはADLIBライヴに、25日には友人に誘われて興味を覚え、「夏川りみ」ちゃんのコンサートに行ってきました。生協のこ~ぷ文化鑑賞会の催し物でした。とてもとても感じ入りました。「歌が上手」とかいう言葉で表現できないほどの、「天からの授かり物」を感じました。天才だ!なんという天真爛漫な声…。無垢な子供のような声。どこにも蔭りのない声。天性のリズム感。沖縄弁て、本当にあぁいう感じだったんだと思いました。津軽弁ジャズを聴いた後だったので、沖縄弁ジャズがあってもいいと思っちゃいました。まことにまことに、羨ましい声の持ち主でした。やはり歌手の個性を位置づけるものは、「声」だと判ります。

そして27日は音楽とは関係なく、家族の行事でへべれけに飲み食いしました。

28日は、売れっ子のウィリアム浩子さんのライヴへ行ってきました。ライヴ前、ギタリストの井上智さんのWorkshopにも参加しました。BeBopメジャー&マイナースケールプラクティスというのをやったり、メロディーを数字で唄ったり…。(数字としか表現できないところが私のツボですが。)すると、ベース音とメロディーだけで曲が成り立つということが判ったり、興味深かったです。そして先週に引き続き再び一曲、歌いたい曲を見つけました。「I’m Old Fashioned」…知ってはいたけれど、歌ってみようと思ったことがありませんでした。ブロッサムデアリーの歌唱が即思い浮かびました。唄う!これまた、途中で転調している曲だった!井上さんが「いい曲でしょッ」と言って、嬉しそうでした。曲を愛していることが伝わってきました。楽しかったです♪

ライブは、中々落ち着いた内容でした。ウィリアム浩子さんの「声」が魅力的でした。「I Could Write A Book」のヴァースを初めて聴きました。嬉しかったし、凄くよかった♪ そして、座って唄う…ということが、結構難しいことなのだと学習しました。3月に聴いたティアニー・サットンも、ずっと座って唄っていましたが、1時間くらい微動だにしなかったことが物凄く驚異でした。今回は高椅子に座って唄っているときに「動く」ということや座り方の影響を発見しました。難しいものです…。ライヴに行くと、色々勉強できます。

落ち込むことも沢山あるけれど、止めたら終りだから、まだ終わりたくないから、
ファイト~ッ!!!
f0032766_1324124.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2011-08-29 13:11 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ご報告♪ 「伊藤君子 3.11大震災復興支援チャリティーコンサート」

3.11大震災以来、殆どの人々は「自分にできることは何か」を模索し、できることを実行されていたのではないでしょうか…。もう少しで大震災から半年。今、少しずつ、幸いにも直接的には被災しなかった人々の脳裏から、災害の記憶が薄れつつあるかもしれない…と感じます。自分自身も、余震に恐怖を感じる以外、日常生活はほぼ元通りです。でも、メディアから知り得る福島原発の被害とその後とか、復興の状況や、被災者の心に残る無念さや哀しみを想像すると、″何も″とは言えないけれど、本当に気の遠くなるほど未だ未だ解決していないのが判ります。

震災以来、ヴォーカル教室の生徒である私のことを心配してくださって、伊藤君子さんが時々電話をくださいました。色々な経緯があって、チャリティーコンサートを企画することになりました。準備期間、約2ヵ月半。本当に自分に出来るのかどうか、自分の力が分りませんでした。でも、友人たちの助けを借り、応援していただき、先輩からアドバイスを頂き、実現させることができました。

コンサートに来てくださった皆さん、出演して頂いたミュージシャンの皆さん―片倉加寿子さん(P)、岩谷真さん(B)、熊谷清記(Drs)、大阪から遥々来てくださった塩本彰さん(G)、コンサート情報を報じてくださったメディア関係の皆さん、そして、チャリティーコンサートの発起人―交通費まで自前で来てくださってボランティアで演奏してくださった伊藤君子さんと海老沢一博さん(Drs)に深く深く感謝いたします。それから、かつてない規模に対応してくださったJazzMeBluesオーナーの佐々木さん、裏方を一日中手伝ってくれた「侍」Yosukeさん、急遽ナンダカンダと手伝ってくれたJinさんとドラムのGG、心底感謝です!皆さんが、「自分にできること」を精いっぱいしてくださったコンサートでした。募金箱にも沢山の寄付金を投じていただきました。ありがとうございました!

結果、大震災に関わる義援金&支援金として、113,036円を寄附することができました。
今日、「あしなが育英会/あしなが東日本大地震・津波遺児募金」に80,000円を、「みやぎ音楽支援ネットワーク」に33,036円を、「伊藤君子チャリティーコンサート実行委員会」からとして寄附(送金)してきました。

「あしなが育英会/あしなが東日本大地震・津波遺児募金」http://www.ashinaga.org/support/entry-374.html
「みやぎ音楽支援ネットワーク」
事務局:仙台市青葉区錦町1-5-1ノーバルビル1F「nola」内 Tel:022-398-6088

さて、コンサートは本当に沢山の方々に来て頂き、大盛況でした。インスト演奏が終ってヴォーカル1曲目「Just In Time」が始まったとき、超!カッコよかったです。スタンダードを中心に、津軽弁ジャズ、ポップス、ブラジルの曲等など、アンコールはアニメ映画の主題曲「Follow Me」で締めくくられ、会場全体が厳かな雰囲気に包まれました。笑いあり、お年寄りとの歓談?あり、涙あり…の感情豊かなコンサートでした。欲を言えば、立ち上がって踊れるスペースが在ればよかったかなぁ~と感じた次第です。踊りたくなる曲、ありました。(私は受付ブースの中で踊ってました~。)コンサート後、アンケートやメールで様々な感動のコメントが寄せられ、伊藤君子さんのチャリティーコンサートを実現できて、そして無事に終えられて、本当に良かったです。

皆さま、本当にありがとうございました!
f0032766_22504312.jpg
f0032766_22511184.jpg
初顔合わせ、初Duo♪
f0032766_2252934.jpg



私は秘かに、つぎの自分の課題曲を「Just In Time」に決定♪
今日はキーを決めたし、これから譜面を書こうと思います。いや、明日かな~。いや、明後日かな~。いや、来週かな~。ずっと燃え尽きていましたから…。
[PR]
by tomtom2006T | 2011-08-26 22:56 | DIARY | Trackback | Comments(0)

感謝♪

「伊藤君子 3.11大震災復興支援チャリティーコンサート」にお越し頂きました皆様に、心より感謝いたします。とてもとても沢山の方々が応援してくださいました。
本当にありがとうございました!

チャリティーコンサートのこと、近々レポートしたいと思っています。
が…、私、未だ燃え尽きてオリマス…♪

ここ数日間の雨模様と涼しさは、ココロとカラダにとても癒しになっているのですが、秋っぽくて物悲しくもあります。燃え尽き症候群!昨晩は元気を出して、ADLIBライヴを聴きに行きました。とてもとても楽しく聴けました~♪ 演奏者が楽しんでいる様子を感じとれると、こちらまで楽しくなります♪

それでは又後日…♪
f0032766_14261668.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2011-08-23 14:28 | DIARY | Trackback | Comments(0)

SOLD OUT 御礼!

f0032766_14525414.jpg

8月20日開催の、「伊藤君子 3.11大震災復興支援チャリティーコンサート」のチケットは、皆様からあたたかい応援をいただき、チケットは完売いたしました。(現在は、キャンセル待ちに対応させて頂いております。)本当にありがとうございます!

友人たちの協力で、色々なことが形を成して現在が有ります。
素敵なレインボーカラーのフライヤーをデザインしてくださった千葉卓也さん、ありがとうございました!
友人知人親戚縁者の皆さま、応援ありがとうございます!
さらに、チャリティーコンサート情報を報じていただいたメディア関係者各位に感謝いたします。私が未だお会いしたことのない、伊藤君子さんのファンの方々に情報が届き、本当に嬉しいです。

このチャリティーコンサートは、伊藤君子さんご本人が発起人となって実現することになりました。大震災の犠牲者の鎮魂、被災地の復興と、被災された人々の心の快復を一心に願い、そして地元のミュージシャンや私たちにもエールを送りつつ、唯一無二のパワーヒーリングヴォイスで、私たちに元気をくださることと思います。

コンサートの収益金は、東日本大震災津波遺児支援のために「あしなが育英会」と、被災地の人々の心のケアに貢献すべく立ち上げられた「みやぎ音楽支援ネットワーク」に寄附されます。

3日後、JAZZ ME BLUESにて、お待ちしております! と~っても楽しみです♪
[PR]
by tomtom2006T | 2011-08-17 14:45 | DIARY | Trackback | Comments(2)

2011年8月のライヴスケジュール

先日、津波で亡くなった消防士の方の作文がTVで放映されていました。遺言のようになってしまったその作文には、時間と共に忘れられてしまいがちな災害についての心構えが記されてありました。「防災」が「忘災」とならないように…と警鐘を鳴らしていました。

毎年8月初旬は、原爆投下で焼け野原となった長崎や広島の惨状…がメディアで流れ、「戦争を忘れてはいけない」ということと「反核」を確かめ合う時期ともなっているような気がします。今年は、その原爆投下の惨状と、東日本大震災の津波被災や福島原発の惨状が重なり、なんとも表現しがたい思いに駆られます。その壊滅状態が全く似ています。先進国である日本にとって、「復興」は原爆投下された65年前よりずっとスピーディに成し遂げられるに違いありません。でも人々の心はそんなに容易く回復するとは思えないのが正直なところです。心のケアは時間が掛かるけれども、それでもやっぱり少しずつ、少しずつでもがんばらないといけないのだと思います。

今月は、1つのライヴと、主催しているチャリティーコンサートに懸けています!

8月12日(金) ワインハウス「ブウション」 19:30~、21:00~
With 黒田正道 (Key) 、真野修治郎 (B)
Table & Music Charge: 1050Yen   TEL: 022-257-2331 (要予約)
今年8回目の夏のイベントです♪震災を乗り越えての長寿ライヴです。美味しいワインのセレクションは、知る人ぞ知る世界レベルのワインバイヤー&ソムリエ・引地敏彦さんによるもの。こだわりの食材が使われる、ソムリエ・日野和則さんオリジナルの料理も美味! 店内は宛らニューヨークかパリ気分?天井が高く奥行きの深いスペースでの演奏は希少価値。スタイリッシュな時間が流れます…。
http://www.bouchon.jp/


<TomTom企画主催>
伊藤君子 3.11震災復興支援チャリティーコンサート
日時: 8月20日(土) 18:00 OPEN/18:30 Start
場所: JAZZ ME BLUES nola 
チケット: 4000 YEN(1ドリンク付)
チケットの申込先: TomTom(doublerainbow09@yahoo.co.jp)か、nola(022-398-6088)までご連絡ください。当日は、チケットをお持ちの方、ご予約頂いた方から優先的にご入場いただく予定です。

伊藤君子さんの公式サイト: http://www.kimikoitoh.com/

本コンサートの発起人は、唯一無二のパワーヒーリングヴォイスを持つジャズシンガー・伊藤君子さんご自身です。変幻自在なプレイが魅力のジャズギタリスト・塩本彰さんが大阪から来仙され、仙台在住のジャズピアニスト・片倉加寿子さん、ベーシスト・岩谷真さん、ドラマー・熊谷清記さんも共演します。
仙台で初めて実現する夢の競演です♪ とっても楽しみです♪
皆さん、お見逃しなく、お聴き逃しなく、ぜひお越しください!
f0032766_01294.jpg

★コンサートの収益金は、東日本大震災津波遺児支援のために「あしなが育英会」と、被災地の人々の心のケアに貢献すべく立ち上げられた「みやぎ音楽支援ネットワーク」に寄附いたします。

★8月19日(金)の夕方から、塩本彰さんのレッスン&Workshopを企画していますが、定員に達しましたので申込を締め切らせて頂きました。キャンセル待ちをされたい方は、doublerainbow09@yahoo.co.jpまでお問い合わせください。
[PR]
by tomtom2006T | 2011-08-08 00:14 | LIVE SCHEDULE | Trackback | Comments(0)

思い出となる写真…

だいぶ昔、同じ会社で働いていた冒険好きの男性がこんなことを言っていました。
「海外を旅しても、カメラは持ってゆかない。思い出は心の中に記憶する。」とか何とか、カッコ良さげな雰囲気でした。

私は当時、一眼レフのカメラでバチバチ撮っていました。海外旅行となれば、48枚撮りのフィルムを7本は持って行ったものです。昔はデジタルカメラなんか、ありませんでしたから…。(デジタルカメラを始めて持って行ったとき、カメラをいじり過ぎて旅行途中で電池が切れてしまい痛い目をみました。)単に、写真を撮るのが好きなだけなんですけれど…。

海外旅行というのは夢中でものを見ているので、感動を記憶していても、色や風景や人の表情の細部は記憶から漏れてしまうことが殆どです。後で何年も経ってから、写真を見返して初めて鮮明に思い出す光景もあります。あぁ、あの時、そういえば、そうだった…と。

旅行だけでなく、幼少の頃の写真や、若い頃の家族や家の風情とか、写真があるからこそ記憶に留まるということの方が多いです。なので、私にとって写真はいつでもとても重要です。写真をみて新たに解ることって、あります。

barbaraさんが教えてくれたこのニュース、とても有り難いことだと思いました。
               ↓
www.asahi.com/national/update/0730/TKY201107300403.html

デジタル時代だからこそ出来ることだけれど、よくこんなシステムを作ってくださったものです。津波被災地のすべての市町村でやって欲しいです。
[PR]
by tomtom2006T | 2011-08-02 17:54 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧