「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

節電成功!

3.11震災直後、私はまず自分にできることとして「節電義援金」をテーマにして日々生活しようと決めました。

実は2月末に、15-16年間使ったウチの洗濯機がとうとうダメになり、新しく買い換えました。8キロは大き過ぎると思ったのですが、セールしてたし、一回のお洗濯に掛かる電気代が「1円!」を売りにしていたので、それを買いました。サンヨーの洗濯機。本当に1円なのかどうか店員さんに確かめようとしましたが、店員さんは答えられませんでした。でも買ってみました。

3月は、震災で2日間停電になりました。

3月末、エコポイント制度が終る前に、とうとうアナログからデジタルテレビに買い替えました。(行動スロ~。)でも、LEDです。いつもラジオのようにテレビを点けっ放しにしているの、良くないと思いつつ暮らしていましたが、LEDは節電するらしいので、LEDを選びました。

4月始めに3月分の電気代請求が来たとき、びっくり!いつもより≒1000円少なし。

そして5月に4月分の請求が来たとき、もっとびっくり!いつもより2000円強少なし!

ホントのこと?!恐るべしLED

そして先日5月分の請求が来ましたが、やっぱりいつもより2000円減っています。

洗濯機とテレビの買い替えと、日々の「節電マインド」で、月2000円の節約に成功!
義援金プールが増えました。

となると、あとは冷蔵庫? もう10年以上使っているのですが、一部破損ぎみではあるものの、これだけは壊れるまで使うことにしました。だって節電タイプの冷蔵庫、20万円以上するのです。そんなデカイの不要だから…。


日本中の電燈をLEDにして、電化製品にLEDを採用し、太陽エネルギーを利用すれば、原発を使わなくていいようにできないのかしら…?
[PR]
by tomtom2006T | 2011-05-31 17:23 | DIARY | Trackback | Comments(0)

うぐいす♪   

今年の天候は、なんだか変な感じがします。
3.11震災の日、夕方に降った雪の風情も忘れることができません。あんな太くて長い形の雪がボタボタ落ちてくる風情…。
そして、20日も早く梅雨入りしたり…。5月に台風が来たり。今年もまた酷く暑い夏なのかしら…。

うちのクレソンも既に伸び放題。このままだと花が咲きそうです。いつもは6月頃に虫と競争して食べるのだけれど…。それから梅! 5月だというのに、もう実が成っています!目を疑っちゃいます。これはどうしたことでしょう…???

早春から夏にかけて青葉山から家の廻りの木々にやってくる「うぐいす」も、今年はゴールデンウィーク中に囀り始めました。いつもは3月頃には聴こえるのに…。でも、以前やって来ていた「うぐいす」とは違う子みたい…。うぐいすの生態を調べたことがないけれど、青葉山ではどんな暮らしをしているんだろう…?寿命は何年くらいなのかしら?

今盛んに囀っている「うぐいす」くんには「うぐちゃん」と名付けました。
鳴き方にとってもバリエーションがあります♪

ホー・ホケキョ~。 これは普通の聴こえ方。

ホー・ホケキョル、ホー・ホケキョル。 これは2拍で、1つと4つ。
(うぐちゃん、何故か「ル」で終る。)

ホホホホホケキョル。 これも2拍で、4X4。

ンキョッケ、ンキョッケ。 シンコペーションだ!

ンケキョ、ンケキョ。 3つだ!

ティッティ、ティッティ。 これはどう考えても付点で、4ビート!

ケキョ・ケキョ・ケキョ・ケキョ。 これは、どうも…8分に聴こえちゃう!

トゥルルルルル、キケキョキケキョ。 強力なタングトゥリルのように聴こえていても6つだ!


うぐちゃん、凄いな~♪   Sing like a bird♪
(私の耳も自分の都合だけで「勝手」なんだけど…♪)

うぐいすの囀りは、「警戒の鳴き」だと聞いたことがありますが、私が口笛で真似をして囀ると延々と「鳴きっこ」が続きます、これが…。会話みたいに。(うぐいすの聴力って凄いと思う。)私が飽きて先に止めるけれど…。

それにしても、雀はチュンチュンてしか鳴かないなー。つまんない。

f0032766_0392168.jpg
庭の蕗、ついこの間
f0032766_0395195.jpg
庭の蕗、今日

「笑う門には福来る♪」
[PR]
by tomtom2006T | 2011-05-28 00:41 | DIARY | Trackback | Comments(0)

SENDAIZAライヴレポート♪   

2011年5月20日(金)、オリジナル・ステッチズは実に半年ぶりにSENDAIZAに出演させて頂きました。とてもとても沢山のお客様が遊びに来てくださいました。まさに大人の娯楽場。皆さん、最後まで聴いてくださって楽しんでくださって本当にありがとうございました。お友達たち、ありがとう!初めてOSを聴いてくださった方々も一期一会、ありがとうございました!

沢山の笑みをありがとうございました!

実は私、鬼の撹乱、5日前から風邪をひき、声が出なくなってしまっていました。焦りました~。でも、絶対唄えると信じて荒療治をし、ハナ声の歌唱ではありましたが、なんとか最後まで声が続いて唄うことができて嬉しかった!神様が見方してくれました。感謝!


震災後、交通機関も不規則になり、余震に対する恐怖心もあり、アフター5に遊びに行くことを自粛したり、商店街も6時で閉店していたり、とても意気消沈した日々が続いていたように感じます。2ヶ月を経過し、少しずつ以前のことを思い出し、元気を取り戻し、以前の日常に戻りつつあるように感じます。

以前は毎日ライヴ営業していたSENDAIZAは現在、金・土曜日だけのライヴ開催です。私たちの出演機会も激減することでしょう…。それでも、またいつか、オリジナル・ステッチズのライヴに遊びにいらして頂けたら嬉しいです。今後もどうぞよろしくお願いいたします!


演奏の記録です。
今年になってからレパートリーに加わった曲を何曲か演奏しました♪
今回初めて参加してくれたベーシスト、塩野雅俊さんも一生懸命ソロを取ってくれて、一緒に「音」を「楽」しんでくれて嬉しかった!ベース・アルコが鳴り響くDindiルバート、初体験でした。


5月20日(金)@SENDAIZA
―Original Stitches―

斎藤十萌子(Vo)、佐藤雄志(P)、高橋進(Drs)、塩野雅俊(B)

<1st>
Like Someone In Love (インスト)
Smile
Satin Doll New!
Some Other Time
Moonglow New!
Double Rainbow
Take The A Train New!
When You Wish Upon A Star

<2nd>
The Girl From Ipanema (インスト)
Stella By Star Light (インスト)

My Funny Valentine (リクエスト)
So Nice
Watch What Happens New!
A Nightingale Sang In Berkley Square New!
But Beautiful
Dindi
Be My Love

Route 66! (アンコール)


SEE YOU BEFORE LONG♪
f0032766_2115991.jpg
Diamond Rose♪ 深謝…。
[PR]
by tomtom2006T | 2011-05-24 21:23 | LIVE REPORT | Trackback | Comments(0)

「青葉の森」

新緑の季節になったら再び行ってみようと思っていた「青葉の森」。
今年は、足の調子がいまいちなので、今は行けそうにありません。
http://mochan2006.exblog.jp/14965871/


この森、本当にに素敵です。
(この森に避難所の人々をバスで連れて行ってあげる方法はないでしょうか…。)
森林浴、きっとリフレッシュできると思います。

この週末の過ごし方、ひとつのオプションです。

http://www.sendai-park.or.jp/web/info/aobanomori/index.html
http://www.city.sendai.jp/kensetsu/ryokka/midori100/guide/008/008.html
f0032766_12483756.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2011-05-19 10:43 | DIARY | Trackback | Comments(2)

一期一会の無我夢中

長くなりそうです…。

5月10日午後1時に、宮城県庁前でizauraさんとryoくんと「ボサノヴァギター軍団」―木村純さんとRicardoさんと和製James Taylorさんと待ち合わせをし、私たちは一路七ヶ浜国際村ホールへ向いました。

ずっと心配していた国際村。昨秋私が「音の記録」と録った場所、今は避難所となっています。そこに再び足を踏み入れることができる日が、いつの日か全く想像もできていませんでした。その日がこの日。前夜の打ち上げでのお喋りが切っ掛けで、彼らの慰問演奏に参加させていただくことになりました。偶然で思いがけない出来事でした。出会いに感謝するばかりです。

七ヶ浜公民館の敷地内、名古屋のボランティアが運営している事務所兼プレハブ喫茶店と、災害支援ボランティアセンター(集合所)で、許可をいただきゲリラ演奏。「たった一人でも聴いて頂ける方がいれば、ぜひ演奏させて頂きたいです。」と静かに物凄い熱意でおっしゃっていた木村純さんの心意気、忘れません。

プレハブ喫茶店の壁には、とてもヴィヴィットな色で力強い絵が描かれていました。「がんばろう七ヶ浜!」ボランティアの皆さんも、被災者の皆さんも辛くてもガッツで頑張ろうとしている様子がありありと伺えました。

ボランティアセンターは体育館で、ちょうどボランティアの方々が仕事から帰ってくる時間帯でした。ボランティアの方々が私たちの演奏を聴いてくださいました。オレンジのツナギを来た外国人女性が、歌い終わった私に話しかけてきました。「つぎのパワーヨガは明日もあるから、このまま続けて唄ってください」と。彼女はボランティア兼ヨガ講師でした。そのことを担当の方に伝えたところ、「パワーヨガを楽しみにしている人もいるので、それはできない」とキッパリ。時間通り、私たちの演奏は終了し、撤収。ボランティアの方々は全国から来ていて、そのヨガ講師の方はロシア人だったし、その通訳(お仲間)は中国人でした。世界中からボランティアが来ている事実に、感動しました。私もizauraさんも、無我夢中。短い時間で生演奏を聴いてもらい、「楽しい」或いは「リラックス」する瞬間を感じてもらいたいがために、無我夢中。どれだけの心を伝えられたかは、わかりません。それを聴いてくださった方々の心の状態に任されています。でも、笑顔をみせてくださった方が沢山いたので、演奏できてよかったと思いました。

そして、夕方から多賀城文化センターに移動し、小さなロビーで演奏させていただきました。手作りガンザを配り、子供たちも集まってきて、皆で音を楽しみました。私の左隣に座った寂しげな女の子がガンザを2つ持っていました。そのガンザを1つ、右隣にいたryoくんが欲しがったので借りたのですが、彼女は「それ、お母さんにあげたい」とポツリと言いました。もちろん、その1つはすぐに返せましたけれど。後になって思いました、あの子はこの日のことをどんな風にお母さんに話したんだろう…?

演奏が始まって無我夢中。終っても無我夢中。どういう風情で自分が立っていたか記憶なし。すると、再びあの寂しげな女の子が私の傍に来ていました。それに気付いて言葉をかけようとした時、とあるオジサンが私のところへやって来て画用紙を広げ、サインをしてして…とクレヨン箱を差し出しました。(その画用紙には、その女の子そっくりな似顔絵が描いてあって二度びっくり。)好きなクレヨンでサインをして…と言うのです。サインを求められたのは、人生始まって以来2回目。戸惑いながらオレンジのクレヨンで「十萌子」と書きました。書き終わったら、今度はそのクレヨンを「あげる」と言ったのです。私は最初、もらうことを遠慮しました。だって、クレヨンが無くなったらオジサンはその色を使えなくなります。それでも、そのオジサンは「いいからいいからあげる」と言いました。1/3くらい減っているクレヨンを、私は記念に頂いてきました。そのクレヨン、とても大切なものになりそうです。そして、izauraさんと木村さんもサインをしてあげていました。きっとそのオジサンは、私たちの演奏を記憶の中でいつか又思い出してくれるに違いありません。

音楽に人の心を癒す力があること、確実です。でも、時と場合によっては不要なときもあるかもしれません。百分の一くらいの力しか発揮できない場合もあるでしょうし、絶大なヒーリングになる場合もあるかもしれない。人の心の回復力にはそれぞれのスピードがあると思うので、それぞれの心の状態で、何かの刺激になってくれたら良いと思います。楽しそうな刺激、笑みの刺激、涙の刺激、忘却への刺激、身体のどこかを動かす刺激…。一瞬でも気分転換ができれば、心のストレッチになると思うのです。押し付けがましくなく、自然体で、自分たちが一心に音を楽しんで演奏し、聴いてくれている人々の心に寄り添って存在すればよいのかな…と感じました。避難所という「非日常」の中での、ささやかな娯楽の選択を楽しんでもらうだけでもよいのかもしれないと、ぼんやり想っています。

少しずつの心の快復、少しずつの努力の積み重ねで、一日も早くこの「非日常」の生活が終りますように…。


<後記>

延べ約14時間行動を共にしたizauraさんは、柳のような人であった。あるいは、たんぽぽの種のようでもあった。風にふ~と吹かれて飛んでゆき、あちこちに種を撒いてくる人。そのガッツと好奇心と行動力はどこから来るの?(でも、お願いだから運転しながら地図見ないでね…。)
http://ameblo.jp/izaura/

木村純さんは、ソーラーパネルのようなお方であった。太陽エネルギーをいっぱい貯えている感じ。そして、きっと人の心に対して深い想像力をお持ちなのだろうと…思った。
http://www.jun-kimura.jp/

Ricardoさんは、沈着冷静、そばに佇んでいてくれるだけで安心できるような方であった。困ったときは彼のところに相談しにいけばよいに違いない…。
http://shinbashi-z.jimdo.com

和製James Taylorさんは、一声でその繊細な感受性が伝わってくる方であった。Don’t Let Me Be Lonely Tonight、私もいつか唄いたい!

みんな音楽大好き人間♪ 皆さんと出会えて、一緒に演奏できて、時間を分かち合えて嬉しかったです。ありがとうございました♪
[PR]
by tomtom2006T | 2011-05-18 16:27 | DIARY | Trackback | Comments(0)

遅ればせながら、ゴールデンウィークのはなし

ゴールデンウィーク後半から、なんだか音楽三昧な日々となりました。足の調子がイマイチゆえ、昼間は家で大人しくして、夜は最短距離で酒場とかライヴスポットに出没。とっても濃いめな日々でした。

5月7日には、片倉真由子ちゃんと佐藤ハチ泰彦さんのDuoライブを聴きにゆきました。「つがい」のせいか、真由ちゃんが今までになくリラックスしていて、アットホームな寛いだ感じの楽しいライブでした。「とにかく眠ってもいいです、皆さんにリラックスしてもらいたいです、そのために来ました」という想いが、そのとおりの演奏になっていました。ミディアム?アップテンポで演奏された「The Good Life」が一番気に入りました。誰もが朗々と唄いたがる曲だと思っていたので、潜入感が取り払われて収穫でした。また、ベースに着いているエクステンションの説明もあって、興味深いものがありました。世にも小さなソプラノサックスも観ることができました。とても楽しかった♪

5月8日は、急に国分町公園でのイベントで演奏することになりました。何か趣旨があるのかと思ったら、全くテーマはないようで、ただただ演奏する…といった感じの催し物でした。それもまた良し。2日間で何バンドも演奏したらしいです。8日はロックバンドの狭間で、夕方にギターkantakuと細々とDuo演奏しました。寒かったです。強風が吹きすさぶ中、コートも脱がず、ガクガク震えながらの演奏でしたが…、寒いと口が回らないということが分りました。ライヴを聴きながら日本酒で温まっていた恰幅の良い女性に帰り際に何秒間か息が苦しくなるほどハグされて(たぶん20秒くらい)、しばし温まりました。その後、ADLIBで開催された小泉やよいさんのライヴでやっと身体が温まりました。Toy Boxのようなライヴでした。常設ボーカルアンプにエフェクターを繋いでの音響調整だったようですが、いつもより格段と響きが良くて気持ちよく聴けました。「音響がすべて」という友人の言葉を思い出していました。

5月9日は、ボサノヴァ歌手のizauraさん主催の「木村純ボサノヴァギターライヴ」に行きました。ライブの後はセッションだというので、ボサノヴァのセッションは仙台では皆無だし、どんなんか楽しみでした。で、楽しかったです♪ セッションで「薔薇に降る雨」を唄えるなんて、超嬉しかったな~♪ 「Double Rainbow」の普及が、私のミッションなのであります。結局、またも自分の掟を破って、お酒を飲んで唄ってしまいました。
それにしても、アコースティックギターの美しい響きでボサノヴァ奏でられると、いちころでした。

で、その後、ちょっとだけのつもりだった打ち上げに参加させていただき、思わぬ展開が…。偶然とは運命か…?偶然とは縁か…?偶然とは始まりか…? 色々なお喋りをし、飲み、食べ、夜中の(きっと)1時半頃まで演奏宴会になってしまいました。いやぁ~、かなり飲んだような気がしました。

(続く)
[PR]
by tomtom2006T | 2011-05-16 23:16 | DIARY | Trackback | Comments(0)

アズ・タイム・ゴーズ・バイ

「AS TIME GOES BY …retro, modern, or both?」   
f0032766_2302132.jpg

斎藤十萌子(Vocal)、塩本彰(Guitar)、菅野拓也(Guitar)
(定価:2000円(税込)/レーベル:honobonodo/商品番号:HBCD-01/自主制作/2010年10月27‐28日、七ヶ浜国際村ホール録音/2011年4月22日リリース)

1. As Time Goes By
2. Beautiful Love
3. You've Changed
4. You Must Believe In Spring
5. I'll Be Seeing You
6. Yesterday
7. April In Paris
8. Cry Me A River
9. But Beautiful
10. Time After Time
11. Detour Ahead
12. I Wish I Knew
13. Tea For Two
14. Double Rainbow (薔薇に降る雨)
15. Some Other Time
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※お問合せ、ご購入ご希望の方は、こちら「double.rainbow.0812@i.softbank.jp」まで
ご連絡くださいませ。

amazon.comにて購入可能です。 
http://www.amazon.co.jp/TIME-GOES-retro-modern-both/dp/B004YSHJIA/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1306072236&sr=8-1
(「在庫切れ」になっていてもご注文可能です。amazon販売システムが全自動のため、需要と供給のタイミングにタイムラグが生じ、表示が「在庫切れ」となってしまうようです。)

※お買い上げ頂きましたCD一枚の売上金から1コイン(500Yen)ずつをプールし、東日本大震災で被災された方々への義援金として、さらに「国境なき医師団」ほかに寄附させて頂きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by tomtom2006T | 2011-05-05 01:30 | DISCOGRAPHY | Trackback | Comments(2)

「音の記録」

人の命には限りがあります。志半ばで、色々なことを断念せざるを得ないことほど悔しいことはないかもしれません。

ここ数年、色々悲しいことや辛いことを体験したり、病魔と果敢に闘っている友人たちが何人もいて、自分も色々あって、「元気でいること」「健康でいられること」が当然でなくなるときが来るかもしれない…という儚い想いから、「今」に執着するようになりました。

な~んて、真面目な話に展開しそうですが、実は真面目です。とうとうお話できる時が来ました!

昨秋、「音の記録」プロジェクトを企画し、実行しました。自分の「今」の声の記録を未熟を承知で残そうと思いました。ジャズギタリスト・塩本彰さんと、ずっと一緒に演奏してきた菅野拓也くんと、ツインギター&ボーカルのユニットで三人の演奏を録音しました。本当にすべてのことを実現できるのか否か、全く確信できませんでした。「空白」と波乱万丈の時が過ぎ、3.11大震災も乗り越え、けれども、とうとう完成しました。お披露目できて嬉しいです♪

「AS TIME GOES BY …retro, modern, or both?」 (自主制作)f0032766_111437.jpg

斎藤十萌子(Vocal)、塩本彰(Guitar)、菅野拓也(Guitar)
(定価:2000円(税込)/レーベル:honobonodo/商品番号:HBCD-01/2010年10月27‐28日、七ヶ浜国際村ホール録音)



1. As Time Goes By
2. Beautiful Love
3. You've Changed
4. You Must Believe In Spring
5. I'll Be Seeing You
6. Yesterday
7. April In Paris
8. Cry Me A River
9. But Beautiful
10. Time After Time
11. Detour Ahead
12. I Wish I Knew
13. Tea For Two
14. Double Rainbow (薔薇に降る雨)
15. Some Other Time
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※お問合せ、ご購入ご希望の方は、こちら「doublerainbow09@yahoo.co.jp」まで
ご連絡くださいませ。近々、amazon.comでも購入可能になる予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の歌唱は、「2010年秋」の記録です。この体験で、もっともっとうまくなりたいという欲がより強くなりました。どこまで行けるか再び挑戦です♪

塩本さんのアレンジもパフォーマンスも超最高です!ぜひ多くの皆さんに聴いて頂きたいです。ジャズギタリスト必聴です。

菅野くんの演奏も素晴らしいです♪ 塩本さんの胸をお借りして、これ以上頑張れないくらい、お互い頑張りました。

これは、新たな始まりのような気がします。これからです♪ 頑張るッ!

録音した会場、「七ヶ浜国際村ホール」までの道のりにある七ヶ浜町が、3.11大震災の津波で流されてしまったことが、とてもとても悲しいです。海が見える高台にある国際村は現在、避難所となっていて290人の七ヶ浜の人々が暮らしているそうです。このCDは3.11を乗り越えて完成しました。きっと強い運があるかもしれない。CDをお買い求め頂ければ、その売上金の一部を義援金として寄附したいと思っています。

皆さんに聴いて頂けたら嬉しいです。よろしくお願いいたします!

それから、ジャケットのカバーペインティングは、麻生日出貴さん(http://homepage2.nifty.com/INFA/)に描いていただきました。私がハッピーになれる絵を描く方です。そして、ジャケットデザインは彼の親友・千葉卓也さんがデザインしてくださいました。とっても幸せ…。
[PR]
by tomtom2006T | 2011-05-05 01:19 | DISCOGRAPHY | Trackback | Comments(4)

2011年5月のライヴスケジュール

時間が水のようにさらさらと流れ、あっと言う間に新緑の5月…。

大震災後、色々なことを思い出そうとしても思い出せない症候群に陥っていたときもありました。「私は歌を唄っています」と自分に言い聞かせて過ごしていたときもありました。余震も、震度3や4は慣れっこになっちゃいました。震度5は我慢できます。でも、どうか、震度6や7だけは勘弁してください。トラウマです。

皆さん、無理のないよう、ストレスを溜めないよう、お互いがんばりましょう!
上手にストレス管理しましょう!
もしできれば、とっても久しぶりなライブに是非ぜひ遊びにいらしてくださいませ…♪
ミュージシャンたちも元気にがんばっていまっす!

5月20日(金) SENDAIZA (南町通り) 19:00~ 2-3ステージ
Music Charge: 1500Yen plus 1drink & 1food minimum
TEL:022-225-0525 http://sendaiza.com/ 
<Original Stitches>
With 佐藤雄志(P)、高橋進(Drs)、塩野雅俊(B)
一針一針、オリジナルな音を紡ぎ、「音」を楽しみつつ、人の心に染み入る音楽を奏でたい…。そんな私たちです。半年ぶりの出演です!ぜひリフレッシュ♪に、遊びにいらしてください!
f0032766_0451421.gif


5月28日(土) Tsu-san (国分町) 21:00~、22:00~ 
With 佐藤雄志(P)
Table Charge: 2000Yen for Man、1500Yen for Woman
MC: 500Yen (チャリティー)  TEL: 022-716-0871
※ゆったりと落ち着くカウンターバー。
大人の隠れ家、春の夜中にマッタリふわ~っと過ごされたいとき…、Tsu-sanです♪  (大震災後、Tsu-sanのライブはチャリティーライブとなっています。週間キャンペーンのドリンクがありますので、マスターにお尋ねくださいね。)
http://www.suntory.co.jp/gourmet/barnavi/shop/0227160871/index.html



「笑う角には福来る♪」 
f0032766_12515486.gif

[PR]
by tomtom2006T | 2011-05-02 12:53 | LIVE SCHEDULE | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧