「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

キャタピラー

という映画を観に行きました。
http://www.wakamatsukoji.org/

映画にもいろいろあるけれど、なんともどうも、暗い気持ちになり、人間の醜さを考えさせられ、反戦映画にとどまらない、表現しがたい哀しい映画でした。気分が悪くなりました。
そして、今、世の中で物議を醸し出している「死刑台」の公開などはナンノソノ、映画の最後には第二次世界大戦の戦犯の絞首刑実写フィルムが流れました。何人も何人も…。


昔観たことのある「ジョニーは戦場へ行った」という映画を思い出しました。
戦争で四肢を失い、視覚も聴覚も嗅覚も声も失ったジョニーが、映画の最後にモールス信号で意思疎通を叶えたときのシーンは、本当に衝撃的でした。


戦争は狂気。歴史を繰り返さない方法はないのでしょうか…。
戦争で人が殺し合う狂気、過ちを犯し合う狂気…。どれだけ殺し合えば、戦争のない平和な世界が実現するのでしょう…。


それにしても、「キャタピラー」というカタカナのタイトルは、哀しすぎます…。
[PR]
by tomtom2006T | 2010-08-30 23:13 | DIARY | Trackback | Comments(2)

ボーカル三昧な週末♪

21-22日の土日は、ボーカル三昧な週末でした♪

まず21日は、「関西若手ボーカリスト・No.1」という冠のついたボーカリストの池田杏里さんのライブを仙台ZAに聴きにゆきました。いやぁ~、凄かったデス!
2ステージ聴きましたが、無音から始まった曲が3曲もありましたから、きっと絶対音感をお持ちなんでしょうね…。ピッチ完璧!物凄いリズム感とスピード感にボイスコントロール。マライヤキャリー(あるいはホイットニー)とジェーン・モンハイトと島田歌穂を足して3で割ったような唄いまわしでした。(私的なイメージですよ。)…華奢な身体は、きっと体脂肪ゼロ?!筋肉質の姿態でバンドを仕切る後ろ姿は、「男前」というか何というか、どういう訓練と練習をしたらアンナ風に唄えるのか…。きっと天性のものが多分にあるのでしょうね…。羨ましい限り!でした。
巧いうえに、全身全霊で唄われていました。

私は固唾を呑んで「ブレス」を観察してましたー。真ん前のテーブルで殆どカブリツキ。歌詞なんだかスキャットなんだか分らない感じになるときもありましたが、スキャットしないときの言葉は綺麗でした。唄いながらも、ロストしたベーシストに譜面の進んでいる箇所をポイントするなど、超冷静でした。 
「凄い」・「素晴らしい」・「いいなぁ…」のカテゴリーで感想を言えば、「凄い!」でした。

仙台ZAをあとにして、銀杏坂へ。ライブハウス梯子の夜でした。…シャンソンを唄うお友達のライブがあって、その後ボーカルセッションでした。5曲唄わせてもらいました。楽しかった~♪

そして22日は、サテンドールのボーカルセッションとADLIBセッションを梯子しましたー。サテンドールでは今猛練習中の「Prelude To A Kiss」に挑戦!(まだまだでした。ふ~。) 譜面のコードが1つ間違っていた(=移調誤り)を指摘されて感謝! …ADLIBでは、サテンドールで失敗した曲をリズムを変えて敗者復活。それから、練習中の曲をリズムを変えて再挑戦♪ …2つのセッション合わせて8曲も唄わせてもらいました。失敗しても、楽しかった~♪ なんだか、セッションの梯子にハマりそー。

一緒に演奏してくださったミュージシャンの皆さんに感謝・感謝・感謝!♪
[PR]
by tomtom2006T | 2010-08-23 14:24 | DIARY | Trackback | Comments(2)

タッキーサマーコンサート2010♪

レポートしてしまいましょー。

先週末、「タッキーサマーコンサート2010」を観に行きました。@横浜アリーナ!

友達が、タッキー・フリークでっす。デビュー前からのファンだそうでっす。金魚の糞で連れてってもらいました~。
お盆だったので迷いましたが、「今だ!」と思って、行ってしまいました。
その「楽しみ方」、充分に理解&堪能!
社会勉強!

<横浜アリーナは、サザンオールスターズのカウントダウンコンサート(だったかなー?)以来でした。だいぶ昔の話です…。>


あぁいう楽しみ方、素敵です。会場のみんな、本当に楽しんでいました。
コンサートというよりは、ザッツ・エンターテイメント!
「ファン」とは本当に本当に有り難いものだと、一番分っているのはタッキーかもしれません。(もし分っていなかったら廃れるでしょー。)

アリーナ席には、大袈裟に言えば縦横無尽に花道?が作られ、数メートル先までタッキーが来ます。汗が吹き飛んでいるのも見えました。(タッキーの汗は「透明な汗?」と言うらしい…。)てっぺんの席のファンのためには、人力トロッコで廻るし、凄い!でしたッ。そして、その様々な演出には、ファンでなくても楽しめました。

ペンライト、うちわ、タオル、Tシャツ等など、参加グッツも様々…。
私はペンライトを「借りて」振っていました~♪
振り付けや歌詞も暗記しているファンは、凄いな~。
そして、ジャニーズJr.とか、Jr.を卒業してユニットを組んでいるメンバーとか、しかと観察しちゃいました。容姿よりも、ダンスで差が付くような印象…。身体のラインや、動きが良いと遠くからでもグッドです。

そして掛け声!一曲終った瞬間「しじま」に、「タッキ~ィ!」と叫ぶのがコツ!

ちなみにファンの皆は、大阪⇒名古屋⇒横浜と、ずっとコンサートを「追っ掛け」しているという事実にも感動してしまいました。
こんなブログもありました…。グローバル? ⇒ http://takki.us/


ファンでなくても楽しめるコンサートって凄くないですかッ?

キンキ・キッズや、SMAPとかも、きっと楽しいに違いない…♪(ファンでなくても。)
BUT、チケットを取るのは至難の業らしいです。


そういえば私は、昔「ピンクレディー」のコンサートにも行ったことがあります。(古!) あの時も二人のエネルギーに感動したな~。そういえば、東京に住んでいる時、マドンナやマイケル・ジャクソンにプリンス、ローリングストーンズも観に行きました。(古!)

私って、無差別ミーハーかも…? 次は何だろー?



残暑厳しいけれど、私の今年の夏、終りつつあります…。
[PR]
by tomtom2006T | 2010-08-19 17:19 | DIARY | Trackback | Comments(2)

墓マイラー

お盆なので、お墓の話題が尽きません…。

今日TVワイドショーで、「墓マイラー」という人のことが紹介されていました。HOW-TO本まで出ているようです。

歴史上の人物、あるいは著名人のお墓をお参りして歩くことを趣味?とする人のことを、
墓マイラー」というそうです。一箇所だけではなく、関連付けて何箇所も廻るみたいです。

いろいろなこと、考えますねー。

自分が興味のある歴史上の人物や有名人が眠るお墓へゆき、その人物を供養し、魂と対話すると、その人の時代にタイムスリップしたような気持ちになるらしい…です。


そういえば、私はプレスリーのお墓に行ったことがあります。そういうアイドルだった人のお墓は、観光地と化しています。メンフィスだったかな~?
ジョン・F・ケネディーのお墓にも行った記憶が…。アーリントン墓地。

あ、そういえば、ダイアナ妃のお墓だったら、行ってみたいです♪

私は、でも、親戚縁者のお墓参りをするので精いっぱいなので、しばらくお預けです。

「墓マイラー」ならぬ、「墓マイッタ」 ん…?


かーなり面白そうです♪ ⇒ http://kajipon.sakura.ne.jp/haka/haka-con.htm
[PR]
by tomtom2006T | 2010-08-16 22:53 | DIARY | Trackback | Comments(0)

お盆

混雑を避けたいために、お盆入りする前にお墓参りする人々は多いです。
私はいつも8月12日に、エネルギーを溜め込んで6つのお寺を廻ります。
それでも、すでにお花が供えられていることが殆どです。12日は遅い方…なのです。

今夏は夕暮れまでお墓参りしました。
クリスチャンの叔父叔母の墓地に辿りついたのが夕暮れでした。いつもと違う帰り道を通ったら、いつもとは違う景色が目に入りました。
f0032766_024960.jpg
f0032766_031280.jpg
f0032766_03333.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2010-08-16 00:10 | DIARY | Trackback | Comments(2)

さみしい?

そんなときのために良いかな~と思って、ゲットしてしまいました。

ず~っと気になっていた「ひつじくん」でしたが、
2日前に、とあるお店にフラっと入ったら「連れてって」と語りかけてきたので、
連れて帰ってきちゃいました。

かわいいでしょ…。
f0032766_13264862.jpg
f0032766_1334878.gif
f0032766_13272266.jpg



名前は、ふわふわ「めぐちゃん」です。かわいい~♪
[PR]
by tomtom2006T | 2010-08-11 13:32 | DIARY | Trackback | Comments(2)

仙台七夕♪

毎年、少しだけ見物するようにしています。

今年は、週末という日取りの良さと晴天に恵まれ、物凄い人出だったみたいです…。

真っ直ぐ歩けないかも…と思いつつ行ってみましたが、それ程でもありませんでした。

七夕飾りには、やっぱり「光と風」が必要かなー。アーケードの中の七夕飾りには「仕草」が感じられないので、若干つまりません。光も届かなければ風もなく、高湿…。

今年は「一番町商店街」から藤崎まで歩きました。「一番町商店街」は唯一アーケードのない通り…。吹流しが風に揺られて、とてもキレイでした~。
子供の頃、揺れ動く飾りの中に入って、上を見上げるのが好きでした…。

淡い色合いの吹流しが、とても気に入りました。何年も続いたプラスティックな印象が失せていたのでほっとしながら見物できた感じがします♪

藤崎デパートの「100万人の笑顔」という作品は、アイディアが良かった!
f0032766_200944.jpg
f0032766_2002352.jpg
この模様、藤崎デパートの社員の顔が全員分プリントされているらしいです…。
f0032766_2004612.jpg
f0032766_20133.jpg
f0032766_2012026.jpg
f0032766_2014411.jpg
f0032766_20231.jpg
石を売っているお店のショウウィンドウ♪ なかなかキレイ…。
f0032766_2022299.jpg


七夕が終ると、さぁ、お盆です♪

まだまだ忙しい気分が終りませーん。
[PR]
by tomtom2006T | 2010-08-09 20:11 | DIARY | Trackback | Comments(0)

「Prelude To A Kiss」

児童虐待に、ネグレクト(子を生む責任て?)
老齢年金不正受給 (誰がもらうの?)
所在不明の100歳以上の高齢者たち (町内会の繋がりは?民政委員は?)
50年以上会っていないという113歳の親と70代の子…。

    …最近の信じられないニュース…

変な気候、世界中の自然災害
円高も信じられない、1ドル85円?!

世の中で起きている事件に心を痛めながらも、自分は戦争のない日本という国で、歌を練習したり、音楽を楽しんでいられるだなんて、変な話、全く贅沢です。


音楽の世界は、「非日常」的。

その「非日常」を心から楽しめたとき、人は日常の活力を得られるのかもしれない…って感じたりしています。もちろん日常を心から楽しむことだって重要だし…。
苦と楽のバランス、陰と陽のバランス、重と軽のバランス、緩急のバランス、大切です。

有機野菜でなきゃいけないとか、浄水の水でなきゃいけないとか、どの水が一番カラダにいいとか…、でもそんなこと言っていられるのも、この国に、人と人が殺しあう戦争や徴兵制度がないからかもしれません。原爆のニュースを見たり、猛々暑のせいで、…なんだか頭の中がグニャグニャです。せめて自分の一握りの幸せに心から感謝しながら、一日一日を精いっぱい生きるしかないです。そういえば昔、「スプーン一杯の幸せ」っていうのがありましたっけ…。もう思い出せないくらい…。


そういうことを感じつつ、
ここのところ、「Prelude To A Kiss」を猛練習しています。やっと譜面を書き上げました。キーはG♪

デューク・エリントン作曲のうち、ニ曲目のレパートリーです。半音ずつ動くメロディー、なんとピッチの難しいことでしょう…。半音ずつ動く中、急転直下?1オクターブ+1音も動いたりします。サビの展開も、かすかに転調して想定外です。愛のプレリュードは、アップダウンが激しくて微妙だってことでしょっか~。Kissへのプレリュードか~♪ 照れちゃいます…。 

なかなか洒落た言葉が出てきます。

Though it's just a simple melody,
With nothing fancy, nothing much,
You could turn it to a symphony,
A Schubert tune with a Gershwin touch…

     Prelude To A Kiss(キスへの前奏曲)、
     それは他愛の無い素朴なメロディーで、素敵でも何でもないけれど、
     感じ方によってはシンフォニーにもなり得るの…、
     例えばガーシュインの雰囲気でシューベルト的な曲とか…。


それって、どんな曲なんざんしょ?
ガーシュインは洒脱で都会的、シューベルトはロマンティック…?いかにもエリントン?(エリントンてどんな人?)

My love is a prelude that never dies,
A prelude to a kiss…

     私の愛は、永遠に終らない前奏曲
     …キスへの前奏曲


訳してしまうと恥ずかしい気がするけれど、なんて想像を掻き立てるロマンティックな言葉たちとメロディーでしょう…。「Kiss」が最重要、照れないで唄わないといけません♪

頑張るッ♪
[PR]
by tomtom2006T | 2010-08-06 15:24 | TUNES | Trackback | Comments(10)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧