<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

事業仕分け

ここのところTVに釘付けになってしまった「事業仕分け」。
かなり革新的な出来事だけれど、なんだか、ちゃんちゃらおかしい…。

2002年から始まっていたらしいけれど、メディアを通して公開されるのは初めて。政治家 vs. 官僚。官僚ってホントに手強いというか、政治音痴の私には、ワッカリマセ~ン。

自民党のある議員がインタビューに応えていました。
「いやぁ、羨ましいです。ぼくらの時は反乱軍のように思われてた。」

本当に一兆円以上のお金が節約できて、そしてそのお金は何に当てられるのでしょうか?その次も知りたいです。

もう時効だと思いますが…、私は20代の頃、昔の厚生省が抱える研究プロジェクトの研究補助というアルバイトをしていたことがあります。一年間に数千万円の研究費を支出する訳だけれど、ある年、年度末に「400万円を消費せよ。」というお達しが霞ヶ関から届いたことがありました。そして、使ってもいないのに、使ったことにしたのです。使ったことにした研究費はどこにプールされて、その後どのように使われたかはわかりません。これって、会計監査にひっかからないんでしょうか…?皆、グルでしょうか?

そういうお金って、いったい何なんだろーと思ったものでした。結局、国民が支払った税金です。当時はかなり正義感が刺激されたものでした。霞ヶ関の課長が視察に来れば、物凄く高級な料亭とかでお食事したりゴルフしたりしてました。でも、その費用って、結局税金?使ったことにされたお金は、そのプロジェクトだけではなかっただろうと想像するのは簡単です。

「年度末に」道路工事が盛んに行われたり、霞ヶ関の官僚たちの海外研修が年度末に多くなるのも、予算を消化するためらしい…。予算を消化しないと、翌年に予算を減らされるから…という理由の悪循環。使わなくて済むお金を、どうして無理して使うのでしょう…?どうして使わなかったお金を正直に返却できないのでしょうね?なぜ、使われるべきところで使われないのでしょう…? 力関係によって、お金は流れるところには流れ、流れないところには流れない。

事業仕分けで節約できたお金=税金を、本当に正しく使って欲しいです。そういうことが今まで行われて来なかったということの方が不思議です。政治家が官僚に負けていたってことなんでしょうね、きっと。「事業」だけでなく、もっと末端にも目を向けて欲しいです。予算がどのように使われたか…。

そういえば、内田裕也氏、すっごく立派!ロックンロールッ!
「興味があるから来たんだよッ。俺のようなものがここに来ることで、若者の関心を少しでも惹けるように…。」というようなことをニュースインタビューで言っていました。そういう社会貢献、良いなー。
f0032766_22174468.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2009-11-30 22:34 | DIARY | Trackback | Comments(0)

音楽三昧な週末…

11月27日のサテンドール・不思議発見ライヴから始まった音楽三昧な週末!
濃ゆかった~。

ライヴに来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。
皆さんから様々なコメントを頂きました。今後の励みになりました。ありがとうございました。曲によってはいつもと違うリズムやテンポ、いつもと違う始まり方、いつもと違う終り方…等などにチャレンジしました。楽しい体験でした!パーカッションとヴォーカルだけで始まったHoneysuckle Roseはハラハラでしたが、か~なり面白かったです。演奏曲目を記録しておきます。この編成でのライヴ、またいつか出来ると良いな~と思います。

11月27日(金) サテンドール (立町)
Members: 菅野拓也(G)、斎藤十萌子(Vo)、邑井泰生(Tp&Vo)、行方基朗(Per)
<1st>
Tea For Two
Sentimental Journey
My Favorite Things 
My Ideal 
Black Coffee 
Triste 

<2nd>
Honeysuckle Rose
Come Rain Or Come Shine
Cry Me A River
Isn't It Romantic?
Mean To Me 「邑井氏(Tp)のお宝ヴォーカル&スキャット圧巻!」
Detour Ahead 
Gone With The Wind
encore: ブルース・オン・パレード!

無我夢中で演奏し、あっという間に時間が過ぎました。燃えカスがないくらい燃えた感じ…。国分町で一人、頭を冷やして帰りました。そしたら、そこでマタマタお宝発見!スティーブ・キューンの若い頃のレコード。シーラ・ジョーダンが「Voice」という風に記されていて、シーラが如何に先駆者かが分りました。
f0032766_1454653.jpg


翌日28日は、待ちに待った「小曽根真ソロコンサート」を聴きに行きました。会場は、東北大学川内キャンパス内にある「萩ホール」。かなりバッチリなロケーション。ソロと銘打ってはありましたが、二部でトロンボーンの中川英ニ郎氏が加わり、とても素敵な演奏を聴くことができました。トロンボーンに〝手を突っ込んで″吹くと、バリバリバリという音が出ることを新発見!トロンボーン、好きだなぁ…。
クラッシック、ジャズ、タンゴ、ラテン…、変幻自在でした。
「ピアノはオーケストラのような楽器」であるという小曽根氏の説明には納得が行くものがありました。ピアノ一台、リズムの塊、感性の塊、オーロラのようなメロディ…。素晴らしかった!

ミーハー魂炸裂、お話をしたいがためにCDを片手に長蛇の列に並んでしまいました。十数年前に仙台のスコッチバンクでThe Trioを聴いてCDにサインをしてもらった時の印象と全く違うものがありました。人って、やっぱり変わるものなんだな…と思いました。芸術家であると同時に、正真正銘のエンターテイナー。

そして29日は、地元の若手ミュージシャン「鈴木次郎(G)&南部勇木(P)Duo 」ライヴを聴きに行きました。ピアノとギターのDuo、好きです。数年前に聴いたジェシ・ヴァン・ルーラーとベルツ・ヴァン・デン・ブリンクのDuoライヴを所々思い出しながら聴いていました。
http://mochan2006.exblog.jp/4597657/
あるお年寄りが言っていました。「こういうのも良いですねー、癒しですねー」と。スペースにマッチした「静なる」丁寧な演奏で良かったです。飲み物が飲み放題だったので、つい飲みすぎてしまいました…。

さ、明日から師走…。
今年はとくに早いです…。
毎年、あっという間です…。

この三日間、今年のラストスパートのような音楽三昧でした…。

神様に感謝。
[PR]
by tomtom2006T | 2009-11-30 01:58 | LIVE REPORT | Trackback | Comments(0)

乞う大応援!

ボジョレーヌーボー・ライヴが一段落してホ~ッと一息。
21日夜から23日までワインほか飲みまくりぃ…。

23日は、友人知人が出演する「山川モリマサvs. 大石学」のライヴに行きました。大石さんのアレンジ・マジックを目の当たりにして大感動!大石学ワールドと山川ワールドが重なり合って、とっても興味深いものがありました。そのライヴで良い気持ちになって、その後、とっても久しぶりにGoccoセッションに参加してきました。

「飲んだら唄うな。唄うなら飲むな。」の自分の掟を軽々と破り、初めて飲酒歌唱してしまいました。うぅ~。だって、なんだか感動してたから、飲まずにはいられませんでした…。(神様、どうぞ許してくださいまし。)
随分とお飲みになるんですねー」と、ある方に言われました。酔っていたかどうかも判らないくらい、全体の音が大きかったです。いえ反対かも…。音が大きくて、自分が酔っていたかどうか判らないくらいでした~。きっと酔ってはいませんでした。。。

ところで、27日(金)は新・不思議発見!ユニットでのライブがあります。
ボーカルとギターとトランペットとパーカッション!
何も、「山口有紀さんと小沼ようすけさんと類家新平さん」のユニットを真似た訳ではないのですが、偶然こういうメンバーになったのであります。
⇒ http://mochan2006.exblog.jp/11278027/

実は10月のサイモンズTrioライヴのとき、トランペット氏にトランペットとギターの両方を演奏してもらい、八面六臂!?の大活躍。タイミング良く、ギターくんが遊びに来てくれて、折角なので2ndステージから飛び入りしてもらってカルテットライヴになったという次第です。楽しかったです。それが縁で生まれたユニットなのです。

丁と出るか、半と出るか…………。乞うフアン? 乞う大応援!!
どうなることか…のスリルを楽しめば良いのだな…、きっと。
一緒に楽しみましょう!乞う大応援!!乞う大応援!!

11月27日(金) サテンドール (立町) 20:00~、21:00~
Members: 菅野拓也(G)、斎藤十萌子(Vo)、邑井泰生(Tp)、行方基朗(Per)
MC: 1500Yen (1drink付)  TEL: 022-225-1743

紅葉、落葉、定禅寺通り…。そういえば、この交差点を右へ…、サテンドールは直ぐです。
f0032766_22221340.jpg

せんだいメディアテークで開催されている巨大水彩展。
f0032766_22224297.jpg
f0032766_22225916.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2009-11-25 22:34 | Trackback | Comments(0)

怒涛のライヴ週間!

いまだかつて無い怒涛のライヴ週間!
今夜のサイモンズバーのライヴから始まります!

11月17日(火) Simon's Bar (国分町)  21:30~、22:30~
With 斎藤美貴(Key)、柴田祥文(B)
MC: Free  TEL: 022-223-8840
老舗のスタンディング・バー。  http://g.sendai2.jp/go103581
オーガニック&ハートウォーミング&スタンディングなライヴにいらしてくださいませ。
なにやら最近のSimon'sは、ビールが充実している模様…。ぜひお試しください!
f0032766_15122653.jpg

11月19日(木) ワインハウス「ブウション」 20:30~、22:00~
With 管野拓也(G)、真野修治郎(B)
11月20日(金) ワインハウス「ブウション」 20:30~、22:00~
With 斎藤美貴(Key)、柴田祥文(B)
Table & Music Charge: 1050Yen   TEL: 022-257-2331 (要予約)
今年で6回目のボジョレーヌーボー・ライブです。美味しいワインのセレクションは、知る人ぞ知る世界レベルのワインバイヤー&ソムリエ・引地敏彦さんによるもの。選りすぐりの食材が使われるオリジナル料理も美味…。今年収穫された葡萄は、50年ぶりの上品質な葡萄だそうです!楽しみですね…。 http://www.bouchon.jp/


11月21日(土) クロ・ド・ヴージョ 「ボジョレーヌーヴォー祭」 18:30~
With 松本和子(Vo)、庄司みつ子(Vo)、"Return to Standard"(Vo)、内山誠(P) 
MC: 4500Yen (アミューズ付、ワイン飲み放題!) Tel: 022-268-5570
※シャンソンを唄うお友達たちと一緒にライブします。"Return to Standard"さんはジャズギターの弾き語り、男性ボーカリストです!

11月27日(金) サテンドール (立町) 20:00~、21:00~
With 菅野拓也(G)、邑井泰生(Tp)、行方基朗(Per)
MC: 1500Yen (1drink付)  TEL: 022-225-1743
ユニークで実験的な組合せ!どんなサウンドになるのか楽しみです。
ぜひ、遊びにいらしてくださいましマシMashi!
[PR]
by tomtom2006T | 2009-11-17 15:20 | LIVE SCHEDULE | Trackback | Comments(2)

テディベア

ワタクシ、テディベアが大好きです。 
連れてって」と言っているようなテディベアを見つけたときだけ、どうしてもゲットしちゃいます。

10月の大阪旅行をしたとき、北野・異人館を見物しました。ニ世代の団体ゆえ、時間と体力に限りがあったため、「風見鶏の館」と「萌黄の館」だけ皆で見物しました。ボランティアのお爺ちゃんが色々と説明してくれました。
f0032766_2315095.jpg


しかし、誰も興味を示さなかった場所に、私は行きたかった!
アメリカンテディベアミュージアム!」
名前だけは、かなり良い響き…。一人で行ってみました。
http://www.geocities.jp/fkxxq576/
テディベアが何故「テディベア」なのかを、初めてテディベアの歴史を知りました。

そこは、古い異人館を利用したミュージアムだったけれど、陳列物は雑多な印象。館長さんは70歳前後の女性で、どうやらグレゴリー・ペッグのファンみたいでした。ものすご~いドラ声でした。♪
写真撮ってッ」と言っていたテディベアをパチリ。でも、テディベアよりヒットしたのが、その館に住んでいた人が使っていたらしい圧力釜とオーヴン。圧力釜は爆発したら怖そうな圧力釜でした。オーヴンは私の家に昔あったものとソックリでした。埃が被りっ放し…。時の流れを感じました。
異人館もメンテナンスが良くないと、朽ちてゆくだけかもしれません。
f0032766_22383486.jpg
f0032766_22385784.jpg
無造作に置かれていた圧力釜とオーヴンです。
f0032766_22391582.jpg

そういえば今回の旅行では、テディベアではなくて、奈良限定の「鹿の角付き」&「せんべい持ち」スヌーピーを買っちゃいました。「連れてって」と言っているような気がしましたから…。皆に見せたーい!(でも写真ないデス。)
f0032766_22433647.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2009-11-15 22:43 | DIARY | Trackback | Comments(0)

梅ジュース

ちょっと季節はずれな話題なのだけれど…。

となりのおばちゃんが教えてくれました。
梅ジュースを作るときは、梅を一度冷凍にしてから、お砂糖をまぶして作ると、澄んだキレイな梅ジュースができるよ…と。
でも、ずっと実行していませんでした。

今年の梅は大量に採れ過ぎたため、(でも捨てられなくて、)きっと6kgくらい冷凍にしてありました。熟れた梅です。とうとう先日、その梅を解凍しつつ、梅ジュースを作ってみました。

おばちゃんが教えてくれたとおりの、本当に澄んだキレイな梅ジュースができました!
冷凍にした場合、竹クシなどで梅にチクチク穴をあけたりしないで済むので楽チンです。

冷凍の梅
f0032766_030317.jpg

お砂糖をまぶして2日後くらいの梅。もう少しで出来上がりです。
三温糖を使いましたが、氷砂糖の方がいいらしいです。
f0032766_0305613.jpg


それにしても、冷凍庫には未だ2~3kgくらいの梅が残っています。はやく作って消化しないと、冷凍庫が狭くてたまりませぬ…。
[PR]
by tomtom2006T | 2009-11-12 00:31 | DIARY | Trackback | Comments(2)

Autumn In New York

Autumn In Sendai!

バタバタと忙しく暮らしていていたり、旅行へ行ったりしているうちに、すっかり仙台の街中も紅葉し始めていました。うっかり、すっかり。

昨秋NYへ旅したとき、運よくアニー・ロスのライヴを聴くことができました。その時彼女がヴァースから歌った「Autumn In New York」がとてもドラマティックで印象的で、「来年、私も唄う!」と心に誓いました。さて、今年もすでに秋なのに…、うっかり、すっかり出遅れました。ヴァースを練習するも、どうも感じがつかめません。ストーリー性がかなり強いものの、自分的にはメロディの流れにうっとりすることができません。メロディを無視して朗読するくらいの感じです。歌詞が興味深いのでヴァースから唄ったらかっこいいかもしれないけれど…。ヴァースはとりあえず、やめることにしました…。 (自己完結)

この曲は、Vernon Dukeという人が作詞・作曲した曲です。Vernon Dukeは「April In Paris」も作曲していて、普通じゃない、かなり凝った、とても美しいメロディーを書く人!です。
「Autumn In New York」は、それにしても転調に次ぐ転調…?美しいメロディ…。

Glittering crowds and shimmering clouds 
In canyons of steel
They’re making me feel, “I’m home.”

     <自分流に訳してみれば・・・>
      鋼鉄のビルの峡谷で行き交うきらびやかな人々と、キラキラと輝く雲々…。
      そんな風景が、「故郷に帰ってきた」と感じさせてくれるの…。


この部分の歌詞が、NYラヴァーにはグッと来る感じ…。ヴィジュアルな郷愁感。
再びNYに旅してみたい気分になります。

でも、この曲は全体的に難しいので、これも足踏み状態が続いていました。

文化の日に、中本マリさんと吉岡秀晃さんのDuoライヴを聴きに行ったのですが、「Autumn In New York」が演奏されました。貫禄があったし、よかったです。私ったら、俄然、やる気満々。アニー・ロス然り、この曲は枯れた年齢、枯れた声の方が似合うかもしれないけれど、自分なりに頑張ってみよぉ…!この日は、その他にも唄ってみたいなーと感じた曲がありました。そういう、知ってはいたけれど、自分にとって初めて聴くみたいに新鮮に、良い曲だなーと感じるように唄われたりすると、すっごく嬉しい!
「I’m Glad There Is You」

1年の間にレパートリーにしたい曲…というのを、いつも年頭に思い描いてみるのですが、100%実現していないかも…です。心変わりしたりもするので、今年増えたレパートリーは、「Autumn In New York」が辛うじて仕上がれば、下記6曲だけです。まことにスローなブギウギペースです。(そして、一時挫折中の曲も1つあるのです…。)
Autumn In New York、冬に突入しちゃいますが、唄います! 頑張るッ。

Cry Me A River ⇒ http://mochan2006.exblog.jp/10190039/
Be My Love
Luiza
I Remember You
Body And Soul
Autumn In New York!
f0032766_21331920.jpg



ニューヨークも今、紅葉真っ只中のようです。
↓ このブログは、情報がいっぱいです。
⇒ http://nyliberty.exblog.jp/

[PR]
by tomtom2006T | 2009-11-06 15:22 | TUNES | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧