<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2009年10月のライヴスケジュール

お彼岸とオーバーラップした「シルバーウィーク」なるものがとうとう終りました。
私はなんとなく、お彼岸が終るまで徒然なるままに過ごしたいと思っています。
今年は「彼岸花」がとくに印象的でした。家の近くのお寺に、咲き乱れていました。
秋です…。
…去年の10月に「唄おう」と心に決めた秋の曲に、とうとう取り掛かりました。
晩秋までに間に合うといいのですが…。
f0032766_22442389.jpg


【番外編】
10月4日(日) TOKYOボーカル教室発表会!
Body & Soul (南青山) 17:00 Open、18:00 Start 
http://www.bodyandsoul.co.jp/home_j.html
Ticket: 3000 Yen
Dream Band: 大石学(P)、坂井紅介(B)、海老沢一博(Drs)
※今年は初秋にボーカル教室発表会!
夢のようなバックサポートで、毎年毎年、超緊張状態の「新次元」で唄います。
そして毎年、「今年は一番気合入れてるッ!」と言いつつ臨みます。
プロ・アマ混合の発表会、それぞれの緊張感と真剣さと楽しさが伝わってきて興味深いものがあります。
貸切ですが、一般の方もお聴きになれます。ぜひ物見遊山でいらしてくださいませー。


10月17日(土) SENDAIZA 19:00~、20:00~、21:00~
★お店の都合により、10月のOSライヴは貸切パーティライヴとなりました。★
通常のライヴは11月7日(土) に変更になりました。
遊びに来て下さると既におっしゃってくださっていた方々には大変申し訳ありません。
ぜひ、11月のライヴにいらして頂けたら嬉しいです!
Music Charge: 1500Yen plus 1drink & 1food minimum
TEL:022-225-0525 http://sendaiza.com/ 
Original Stitches: 
With 佐藤雄志(P)、高橋進(Drs )、柴田祥文(B)
一針一針、オリジナルな音を紡ぎ、「音」を楽しみつつ、人の心に染み入る音楽を奏でたい…。それがすべてのバンドです。一緒に楽しんで頂けたら嬉しいです。

10月20日(火) Simon's Bar (国分町) 21:30~、22:30~ 
With 佐藤雄志(P)、邑井泰生(Tp&G)
MC:Free  TEL:022-223-8840
※老舗のスタンディング・バー。
月に一度だけ「生音」が響く、いつもと違うサイモンズバー。
今月は、興味深いユニットで演奏します!
ぜひぜひ、ハートウォーミング&スタンディングなライヴに遊びにいらしてくださいませ。
「フラっと」…がお洒落なお店です。
http://r.gnavi.co.jp/t207501/
f0032766_22444951.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2009-09-23 22:52 | LIVE SCHEDULE | Trackback | Comments(0)

「inspiration」

仙台出身のジャズピアニスト・片倉真由子ちゃんのデビューアルバム「inspiration」が、満を持してリリースされました。

f0032766_23432088.jpg


昨日から何回も聴きました。初っ端からぶっ飛んでいまっす!
ふつうの疾走感ではありません。ワープしています!
ここまで来る道のりを振り返って想像したら(傍観者ながら)、ライナーノーツを読んでいて泣きそうになってしまいました…。とうとう世の中にお披露目です。もちろん、すでに国内でブレイクしていたことは周知の事実ですが、「形」となって出現しました。

コマーシャルな今風のジャズアーティストではありません。「王道」です。
野太い音、繊細かつ力強い音。
その音は、女性でもなく、日本人でもなく、ジャズの申し子のように聴こえます。歴史が聴こえます。
http://www.mayukokatakura.com/

おめでとう!
本当に、仙台の沢山の人々が祝福していると思います。

それにしても、私の大好きな「Ruby, My Dear」も入っていまっす!
素晴らしい…。

さぁ、世界に羽ばたけ!です。


       昔のライヴレポートです。↓
                  http://mochan2006.exblog.jp/6055042/

[PR]
by tomtom2006T | 2009-09-17 23:50 | DIARY | Trackback | Comments(5)

なぜか、諸行無常の響きあり…

祭りの後の物悲しさ…。
達成感と燃え尽き症候群…。

夏の終わりを告げる、定禅寺ストリートジャズフェスティバルが終りました。
さぁ、秋に突入です。
清清しさと、物悲しさと…、静まり感とゆっくり感と…。
なんとも、充実した休息の日々が訪れた感じがします。

13日、せんだいメディアテークでの「Original Stitches」のライヴを聴きにきてくださった方々に心から感謝いたします。
私にとっては、初めての屋内ジャズフェス演奏でした。「屋内」を意識して選曲も自由に…。つまり、スローな曲や、しっとりした曲も選ぶことができました。シーンと静まり返って聴き入ってくださった皆様、ありがとうございました。(時間が止まったみたいな錯覚に捕われたりしました。)ノリノリがお好きな方々にはちょっと物足りなかったかもしれません…。ポピュラーな曲と、あまり知られていない隠れた名曲を織り交ぜて演奏しました。ヘリコプターの音や遠くから聴こえるビッグバンドの演奏、信号の音などに気を取られることがあった屋外演奏とは全く異なる世界が、メディアテークにはありました。

私は前夜から超緊張状態に陥り、当日の朝もソワソワ。色々な忘れ物をしたあげく、ステージ上では持ち込みのドリンクボトルを倒して溢してしまったり、自分には自身の緊張ぶりが見え見え。でも、聴いてくれていた友人たちには、そうは見えなかったらしく…、ホントでしょっかー。

メディアテークのガラスドアが開放され、さながら巨大なオープンカフェ。音が回って音響が良くない…と聴いていましたが、音が屋外にスポーンと抜けて行き、(超緊張はしたものの)全身全霊で気持ちよく楽しく演奏することができました。予定していたアレンジが皆無!になった瞬間もありましたが、結果オーライ。確信できた失敗は今後の課題として取り組もうと思います。
バンドメンバー、mimi-cafe、GG、makotu-kunに感謝!
f0032766_2135166.jpg
f0032766_21361547.jpg
f0032766_2137427.jpg
f0032766_21373960.jpg


演奏曲目です。

定禅寺ストリートジャズフェスティバル
Sept. 13, 2009 (14:20-15:00) @ Sendai Mediatheque (SMT)
Original Stitches
Y. Sato (P), T. Saito (Vo), S. Takahashi (Drs), M. Iwaya (B)

Blue Moon 
Try A Little Tenderness 
East Of The Sun 
You Must Believe In Spring
Double Rainbow (薔薇に降る雨)
月光価千金 (Get Out & Get Under The Moon)
Smile 
I Remember You

私にとっては、ジャズフェスを境に、再び一年の歩みが始まります。
来年はどうなっているでしょう……………

最近、「明日どうなっているだろう…、来月どうなっているだろう…、来年どうなっているだろう…」と不確実な昨今を憂えている自分が居ます。

健康で、スターティングメンバーが揃って演奏できたらいいなぁ…と切に思います。
応援、よろしくお願いいたします!私も、精いっぱい頑張ります。

今年もありがとうございました!
[PR]
by tomtom2006T | 2009-09-16 21:35 | LIVE REPORT | Trackback | Comments(2)

定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台 「写真展」

今日(11日)、街に出ました。
電力ビル前のバス停で、待ち時間が4分くらいあったので、バス停前の「グリーンプラザ」で開催されているジャズフェスの「写真展」を覗いてみることにしました。
http://www.tohoku-epco.co.jp/fureai/event/oasis.html#01

いやぁー、気絶しそうでした!
目を疑いましたー。 びっくり! ビックリ! Bikkuri! 
「自分の姿」がソコにありました。
自分!が飾られているではないですかーッ!
後ろ姿で良かった…、心底! 
小指が、心持ち立っています。(骨折した小指です。力が入りにくいです。)
構図といい、光加減といい、すごく良いのです。気に入ってしまいました…。
撮影したのはプロの方でしょうか…?
タイトルも撮影者の名前も付いていないのに、やけにサイズがデカイです!
(他の写真は、「美しいドラマー」とか、「熱唱」とか「天使の歌声」とかタイトルが付いていて
撮影者の名前が記されているのに、サイズ半分です。)

それにしても、私のハナは低いです。高嶺のハナに憧れます…。
で、グラス着用。

グリーンプラザのスタッフの方に、誰が撮影したのか尋ねてみましたが、不明でした。ジャズフェス実行委員会の方に確認してみて連絡してもらえることになりました。できれば、このパネル欲しいでーす。くださーい!

となりのパネルに飾られていたトランペッターの写真も良いです。後ろ姿です。指が動いています。そしてトランペットに色々なものが映っています。これもアングルが良いワー!

では、去年のジャズフェスの思い出を貼り付けてみます…。

皆さん、今年も応援しに来てやってくださいまし!頑張るぅ!

9月13日(日)
場所: 「定禅寺通り・せんだいメディアテーク」
時間: 14:20~15:00

Original Stitches 
With  佐藤雄志 (P) 、高橋進(Drs)、岩谷真(B)
f0032766_1957497.jpg
f0032766_19565245.jpg
f0032766_19581179.jpg


撮ってくださった方に感謝…。

(今年は、腕時計を外そうっと…。)
[PR]
by tomtom2006T | 2009-09-11 20:03 | DIARY | Trackback | Comments(7)

JAZZ & ART 「日野皓正のアート展」

今日(9月6日)の午後、元141ビル1Fで開催されている「日野皓正のアート展」に行ってきました。
トーク&サイン会!

もう本当に遠い遠い昔の思い出なのですが、ずっと若かりし頃、私は「ヒノテル」の大ファンでした。彼がNYに渡る前から…。フュージョンの風に乗って凱旋帰国したときも、ずっと…。「City Connection」なんか、レコードが擦り切れるほど聴いたものでした。そして、確か「Bluestruck」&「Blue Smiles」というアルバムがリリースされた頃から、私はジャズに憧れるようになりました。遅巻きながら、自分もやりたい…と。
何が出来るか…?今さら楽器をゼロからできないし・・・。小さい頃から歌が好き、英語が好きだった!そしたら、ジャズボーカルしかありませんでした。

「ヒノテル」が存在していなかったら、私は今、ジャズボーカルはやっていなかったかもしれません。(大袈裟?)遠い遠い思い出…。

そして、今日はその「ヒノテル」こと日野皓正さんに大接近できるチャンス!(ミーハー魂炸裂!)

トークは饒舌。血筋の話から現在のジャズに至るまで、口ドラムや口トランペットも飛び出すなど、引き出しが幾つも…。トランペットを吹く時の「くちびる」の話は興味深かった!そして予定されていたか否か分らないけれど、演奏も聴くことができました。風の音から始まる「尊敬」という曲。元141(三越)の1Fフロアーに荘厳に響き渡りました。(韓国語のタイトルが英語で付いているそうですが、タイトル忘れました。そして循環呼吸を初めて目前で見ました。)ニ曲目は、バリバリの「SMILE!」。ドラムとかベースまで聴こえてきそうなソロ。しかもトランペットを演奏しながらタップも始まるだなんて!エンターテイメントなひと時でしたー。ほんの数分間の出来事、一音一音に心が行き渡っている…、言葉どおりのパフォーマンス。凄かった!
f0032766_23302097.jpg


サイン会の時、
「日野さん、私はコウコウコウで、あの時アァでコゥで、今コウコウコウなんです!」って、スタッフがツーショットの焦点を合わせている10数秒間くらいの間に、ひばりのようにピチクパーチク喋ったら、「そっかそっか、わかったわかった」と言って肩をポンポン叩かれて終りました。持ち時間短し…。きっと左から右に抜けていたと思うけれど、ま、仕方あーりません。

サインです。
サラサラさらっとトランペットを描かれました。
自叙伝「逆行」の表紙に記載されている「本文より」の文章に、真髄が凝縮されているような気がします。 
「新しいジャズを創造しようとするなら…、ジャズの歴史と精神を感じさせなければ本物じゃない。そもそも歴史を遡って知らなければ、未来は創造できないんだ。それを踏まえたうえで壊していくことが大事なんだ。」
f0032766_23325141.jpg
f0032766_23284636.jpg


T-シャツを買った人、得しました。3人がかりでT-シャツを広げて固定し、背中いっぱいのイラスト&サイン。真剣そのもの。「Let's TAP!」 と書き、トランペットやくつ底の絵や他もろもろ…。かなり迷ったけれど、サイズも合わないし、8月から「持たない暮らし」を宣言したので、我慢しました。
f0032766_23293969.jpg


それにしても、絵画やイラストや陶芸作品を発表されているとは全く知りませんでした。仙台にUターンしてからの10年間、フォローしていませんでした。
作品の展示会は、ジャズフェスに合わせたらしく、13日までです。
皆さん、行ってみては…!
http://sendai.mitsukoshi.co.jp/event/jazz-art/index.html
[PR]
by tomtom2006T | 2009-09-06 23:50 | DIARY | Trackback | Comments(0)

2009年9月のライヴスケジュール

2009年 定禅寺ストリートジャズフェスティバル!
今年も再び、参加します!
もう今年で何回目になるでしょう…。
確か1997年からだったかもしれません。12回目くらい…?
未だ歌の練習しかやっていなかった頃から参加し、私にとっては一年に一回だけ、人前で唄う「肝試し」なイベントでした。当初はボーカルのお友達3人で二曲ずつ唄い、伴奏はプロ&セミプロの方にお願いして参加していました。初めて唄ったとき、胃痙攣を起すかと思うほど緊張したのを覚えています。激しい胃痛…。あの頃から比べたら、「心の臓」にうぶげが生えてきているかも…。
そして現在、音楽仲間ができて、バンドとして参加できることが何よりの幸せです。
mimi-cafe、GG、makotu-kun、ありがとう!
また、ジャズフェスでの屋内演奏は初めてです。イスがあります!座れます!
ぜひ応援しに来てやってくださいまし。一緒に楽しみましょう!

9月13日(日) 定禅寺ストリートジャズフェスティバル!
場所: 「定禅寺通り・せんだいメディアテーク」
時間: 14:20~15:00

Original Stitches 
With  佐藤雄志 (P) 、高橋進(Drs)、岩谷真(B)


9月15日(火) Simon's Bar (国分町)  21:30~、22:30~
With 佐藤雄志(P)
MC: Free  TEL: 022-223-8840
老舗のスタンディング・バー。  http://r.gnavi.co.jp/t207501/
今月はDuoでゆきます。
スタンディングなライヴにいらしてくださいませ。
f0032766_1164160.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2009-09-04 01:04 | LIVE SCHEDULE | Trackback | Comments(0)

昼花火

歴史的政権交代、そして台風…。

こんな時に、「昼花火」だなんて、良いんでしょうかー?

私の友達が一週間前に言っていました。
「政権交代に備えて、霞ヶ関は民主党に合わせて官僚の人事異動をしたんですってよー」と。
ホントの話?!と私は反応したけれど、とうとう本当に政権交代!
どんなに自民党が腐敗?してようと、政権が変わることは一度もなかった。自民党の保有する蓄積された情報量というのは凄いらしい…。

鳩山氏は晴れ晴れとした表情だけれど、きっとこれからの波乱万丈を覚悟しているに違いありません。百年に一度の金融危機&大不況、そして初めての政権交代、乗り切れるのだろうか…。ひとごとのように聞えるかもしれないけれど、今後の動き、興味津々。TVに映る政治家の顔の表情の移り変わりを観察するの、面白いです。病気にならないよう、精神が破裂しないよう、祈りたい…。

という訳で、大曲花火大会での「昼花火」ですが…、初めての体験でした。
かわいい花火でした。煙を楽しみました。
f0032766_164348.jpg
f0032766_17134.jpg


今夜偶然、NHK・BSで大曲花火大会の再放送をやっていました。最後の30分間だけ観ることができましたが、やっぱり美しかった…。
部屋を真っ暗にして観ました。

火薬の芸術、 命懸けの美しさ…。
[PR]
by tomtom2006T | 2009-09-01 01:14 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧