<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「大曲花火大会」

2009年8月22日に開催された、第83回・大曲花火大会を観てきました。
http://www.ldt.co.jp/hanabi/hanabi1.html

お天気も気温も風向きも、もってこいの日!
素晴らしかった!本当に素晴らしかった!
ほんとにほんとに、素晴らしかった!
最高!最高!最高!
言葉で表現できない楽しさでした。最・最高!最・最・最高!
大宇宙の神様に、感謝!


それにしても、花火の撮影は至難の業だと分りました。
AUTOデジカメでは無理です。全く、タイミングが難しいです。
そんな中、まぐれで若干うまく撮れた写真を自慢げにアップしたいと思いまーす!
f0032766_22264782.jpg
f0032766_22302796.jpg
f0032766_2231129.jpg
f0032766_22312693.jpg
f0032766_22321078.jpg
f0032766_22323295.jpg
f0032766_22325018.jpg
f0032766_2233922.jpg


2009年の大会提供花火のテーマは、「新世紀維新・武士道
なんと素晴らしいかったことか…。
歓声につぐ歓声、微笑みながら魅入るばかりでした……。
花火師たちの命懸けの芸術!

リピーターになりそうな気がしてきました。

↓大曲花火大会・審査員席から見える花火たち(ですって。)
http://www.ldt.co.jp/hanabi/hanabi001.html

午後5時から始まる「昼花火」というのも、初めて観ました。
あとで、写真をアップしまーす! ^^/
[PR]
by tomtom2006T | 2009-08-23 22:37 | DIARY | Trackback | Comments(0)

I Remember You

自分がこの世を去るとき、その瞬間に何を想うのだろう…と、最近ときどき思います。
きっと「I Remember You」を練習し、唄っているせいなのです。

歌詞の後半に、
When my life is through and the angels ask me to recall
The thrill of them all,
Then I shall tell them, “I remember you.”

というくだりがあります。

     生涯を終えたとき、「人生の喜びを思い出して」…と天使たちが言ったら、
     私はきっと「あなた」と答えるわ。


この天使たちは、きっと主人公を迎えにきた天使たちなのではないかと感じます…。(私見です。)
自分が愛した人たちや愛してくれた人たちを思い出すことができたら嬉しいだろうな……。
哀しい思い出じゃなくて…。
みな微笑んでいて…。

たとえ天国に旅立っても、あなたのことを忘れない……。


実はこの曲のヴァースが良いのです。難しいけれど、インパクトが強く、大好きです。短いし!^^
Was it in Tahiti?
Were we on the Nile?
Long, long ago, say an hour or so,
I recall that I saw your smile………


     あれはタヒチに行ったときのことかしら?
     それとも、ナイルだったかしら?
     ずっと以前のことだったかもしれないし、1時間前のことだったかもしれないけれど、
     私はあなたが微笑んでいるのをそっと見ていたことを、憶えているわ…。


どこかに旅行したときのことなのでしょうね、状況はおぼろげながらも、愛する人が微笑んでいる映像が脳裏に焼きついている…という感じ。なんとなく良いなー。

作詞は、ジョニー・マーサー。
「ムーン・リヴァー」や、「酒とバラの日々」、「枯葉」、「スカイラーク」などを書いた作詞家です。空間に浮かぶ映像が見える素敵な詩を書く人です。

この曲は、D♭の譜面を書いて練習していましたが、ヴァースを唄いたいがためにキーを半音上げ、ヴァースを加えて新しく書き直しました。たかが半音、されど半音の世界です。「D!」

エンディングは、55recordsのフェイ・クラーセン版がかっこいいので「頂き」です。ただし、半音のせいで、未だかつてない高音で声を伸ばさねばならない綱渡り…。

頑張らねばなりませぬッ!
[PR]
by tomtom2006T | 2009-08-18 01:17 | TUNES | Trackback | Comments(2)

Before & Afterな世界

お台所のリフォームが終りました。終ってから既に一週間くらい経ちました。家中が埃だらけになり、トータルに疲れ果てましたー。作業動線が未だ定まらないけれど、明るくキレイになって快適です。とうとうモノたちを元に戻す作業に取り掛かったものの…、かなり躊躇しています。瞬間、パニックに陥ります。


「持たない暮らし」宣言!


モノは使わなければ活かされない…。
使わないものは持たない…。

akikoちゃんが教えてくれた「持たない暮らし」という本を買いました。でも、未だ読み終わっていません。捨てられない性分、モノは大切にしたい性格が裏目に出て、モノを減らすのに何年も掛かりそう…。でも頑張ってみます!

お父さんが生まれた家。古いでっす。土壁が出てきました…。何回かアチコチ増改築を重ね、これで何回目でしょう…。
大工さんへの私のリクエスト=「あと30年持つように作ってください。」No Way!!?
でも、床下は予想外に基礎がしっかりしていたらしく大合格。昔の大工さんは良い仕事をしていたのだろうと思います。近年の住宅の耐久年数は30年に設定してあるらしいです。でないと住宅会社が儲かりません。ウチはその3倍は長生きしているかも…。(改築するたびに強化していたのかもしれませんが。)

まさにTV番組のBefore & Afterみたいな世界でした。
昔の大工さんは、釘を口にくわえてトンカチしていたけれど、今は電気ピストルで釘を打っていました。
危ない感じ…。ホラーな感じ。

では、Before & Afterです。
f0032766_07296.jpg
f0032766_074846.jpg
f0032766_083397.jpg

Afterです。
f0032766_09310.jpg

f0032766_092565.jpg
キレイなので一瞬、家具屋さんに見えます。

テーブルは既に散らかっています。頑張らナイト!

ぶ~ふ~うぅ~。 (古いでっす。)
[PR]
by tomtom2006T | 2009-08-09 00:23 | DIARY | Trackback | Comments(2)

仙台七夕花火祭

今日は、「夕方、にわか雨にご注意ください。」と天気予報が言っていました。

が、なんと、雨ではなくて、濃霧?!
いつもは、花火のドーンドーンという音が鳴り始めると、(若干興奮しつつ)家を飛び出し、広瀬川の河原(遊歩道)まで行って見物してしまうのですが、今日は濃霧。家の2Fからも観ることができませんでした。ちょうど家の方に向って弱い風が吹いていたので、花火の煙が雲化?してこちら側に動くでもなく動き、花火がちょうど隠れてしまいました。風向きや風力がとても重要な要素なんだと分ります。結局、音だけ、楽しみました。

殆ど花火が見えなかったので、
花火祭のHPをチェックしたら、ひとつひとつの花火にテーマがあって、楽しそう。
(こういうテーマは、会場でアナウンスされるのでしょうか…?)
http://www.sendai-jc.or.jp/hanabi2009/info.html
「愛」をテーマにしている花火が3つも!「Ring Of Love!」
※そして、有料観覧席があるなんて、初めて知りましたー。

桜を追いかけてのお花見旅行も良いけれど、
各地の花火大会を見物する旅行も良いかもしれません。
期待むくむくです…。
[PR]
by tomtom2006T | 2009-08-05 23:33 | DIARY | Trackback | Comments(0)

2009年8月のライヴスケジュール!

8月に入っても、未だ梅雨明けしていません。
今夏は梅雨明けしたかどうか分らない夏になるかもしれないのですって。
ファジーな夏…。
仙台はお盆が過ぎれば朝晩だいぶ涼しくなるので、ギラギラ夏が嫌いな私は、嬉しい…。
あと10日間くらいで、もう秋の気配だも~ん。

と言いつつも、夏のライヴのお知らせです!

8月6日(木) ワインハウス「ブウション」 20:30~、22:00~
With 真野修治郎 (B)、 斎藤美貴 (Key)
Table & Music Charge: 1050Yen   TEL: 022-257-2331 (要予約)
今年で6回目のサマー七夕ライブです。美味しいワインのセレクションは、知る人ぞ知る世界レベルのワインバイヤー&ソムリエ・引地敏彦さんによるもの。こだわりの食材が使われる、ソムリエ・日野和則さんオリジナルの料理も美味!今年はどんな七夕ライヴになるのでしょー。楽しみです。
http://www.bouchon.jp/

8月18日(火) Simon's Bar (国分町)  21:30~、22:30~
With 佐藤雄志(P)、真野修治郎 (B)
MC: Free  TEL: 022-223-8840
老舗のスタンディング・バー。  http://r.gnavi.co.jp/t207501/
2003年秋、Simon'sで初めてライヴ企画したとき、このメンバーでした。久々のユニット、懐かしい…。
ぜひぜひ、スタンディングなライヴにいらしてくださいませ。


<予告>
9月13日(日) 定禅寺ストリートジャズフェスティバル参加!
場所: 「定禅寺通り・せんだいメディアテーク」
時間: 14:20~15:00
Original Stitches: 
With 佐藤雄志 (P) 、高橋進(D)、岩谷真(B)
オリジナル・ステッチズ、今年二回目の参加です!今年は屋内です。ジャズフェスでの屋内演奏は初めてです。楽しみ!皆さん、応援しに来てやってくださいまし。一緒に楽しみましょう!
http://www.j-streetjazz.com/
f0032766_231517.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2009-08-01 23:18 | LIVE SCHEDULE | Trackback | Comments(0)

宮里藍ちゃん

高校時代を仙台で過ごした宮里藍ちゃんが、全米ゴルフでとうとう初優勝!
感動した!

石川遼 くん然り、辻井伸行くん然り、努力し続ける若き天才たちの言葉には、若いゆえにいつも驚かされます。達観の度合いが、凡人とは別次元なのです。

宮里藍ちゃんは、4年間の長いスランプを乗り越えての初優勝。彼女はインタビューに応えて言いました。
「決して遠回りではなかった。それが私の優勝までの時間の掛かり方だったのかな…と思います。」
そのキリリとした表情から、不屈の精神と努力と忍耐力がありありと感じられました。自分を客観視できる冷静さ…。ずっと、24時間、ゴルフのことしか考えていなかった…と言い切る姿も凄いです。支えてくれる人々もいたのでしょうが、孤独な闘いであったことは間違いありません。

「人それぞれの時間の掛かり方がある」…と私が悟ったのは、ここ数年かもしれない。Too Slow!

「成せば成る」とは言うけれど、成るように成せば…とも思えます。しかもどのレベルに到達したいかでも、才能と努力の度合いが異なるし…。世の中、成らないことの方が多いのかもしれないです。

とにかく、アッパレな若人たちの活躍や、その非凡さを観るのは楽しいし、勇気をもらえます。
…て、自分が年寄りみたいな感じ?

そういえば、最近の伊達君子くんも凄いですねー!
f0032766_12371110.gif

[PR]
by tomtom2006T | 2009-08-01 12:42 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧