<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

片倉真由子ちゃんのホームページ

真由ちゃんの隠れ応援団員・TomTomとしては、嬉しいの一言。

3月に(だったかなぁ)日本に帰国し、拠点をNYから東京に移し、関東圏でバリバリ活動開始しているようです。今話題の若いミュージシャンや、ベテランミュージシャンまで、「ひっぱりだこ」という印象です。きっと、近いうちに、ブレークすると思います。

ホームページが4月に開設されたようなので、遅ればせながらご紹介!

Let's Go To:  http://www.mayukokatakura.com/
f0032766_23584813.jpg

水森亜土さんのイラストで~す。
[PR]
by tomtom2006T | 2008-05-30 00:00 | DIARY | Trackback | Comments(2)

薔薇の季節、到来!

香る薔薇です。

数日前に家の近くのお花屋さんで売っていました。
香る薔薇が店頭に出るのは珍しいです。まるでポプリ!

こういう薔薇、ずっと観ていたい…。

薔薇に降る雨…、最近唄っていません。唄いたい…♪♪ ♪
f0032766_22334790.jpg
f0032766_2234664.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2008-05-27 22:34 | DIARY | Trackback | Comments(0)

チカ・シンガー at G・H9(上野広小路)

去る5月11日(日)、私にとっては幻のシンガーだった「チカ・シンガー」のライブをとうとう聴きに行くことができました。

チカ・シンガー at G・H9(上野広小路)
With 椎名豊(P)、川嶋哲郎(Sax)、本川悠平(B)、小松伸之(Drs)

ネットで検索しても、この数年間ライブ情報をみつけることができませんでした。NY在住?か、子育て真っ只中だったようです。でも、最近、東京にて音楽活動を再開したのだそうです。http://www18.ocn.ne.jp/~jfachika/

「シンガー」という名前がなぞでしたが、つい先日歌の先生から教わりました。国際結婚していて、苗字がシンガーだったとか…。なぁ~んだ。「歌手(シンガー)」をボーカル名にしただけかと単純に思っていた私は「トロ~イ」。ネット上で以前試聴できた彼女の歌声は、私にとって、日本人の歌唱としては英語が超自然でした。「自然」に、しかも嫌味なくきれいに発音するということがどれ程難しいことか、身にしみて分かっているので…。

父が大橋巨泉氏、母はマーサ三宅氏。ジャズ一家。いわば、サラブレットです。さすがに英語が堪能らしく、MCも英語混じりでした。ご本人曰く「言い辛くなると、日本語になる」…のだそうです。お顔も声質もお母様譲りです。彼女は、チャリティーにも力を入れて音楽活動しているようで、そのような活動は、TomTomのあこがれでもあります。

私はお酒がかなりすすんでいたせいか、別の理由なのか、曲目を思い出せません。(メモしていませんでした。)殆どの曲に、スキャットが入っていたのは記憶しています。4バースとか、目を瞑ってスキャットしている映像が記憶に残っています。(スキャットが多いと、曲想がすべて同じような印象になってしまいがちです。)★一番印象的だったのは、ちょっとした会話でした。

ある曲のエンディングで、びっくりするような高音を使われました。曲が終ったあとで、「こういう声がいつまで出ることか…。」とチカさんが恥ずかしげに言いました。(つまり"今"しか出せないと言いたげでした。)そしたら、ピアノの椎名豊氏が「俺はそうは思ってない…。」とボソっと言いました。チカさんが椎名氏を「椎名くん」と言っていたのも印象的でした。どうして、こういうことが印象に残るんだろ…。カウンターでかぶりつきだったからかしら…。きっと、「素」の部分だったからかもしれません。

椎名豊氏の演奏は、数年前に仙台でピアノトリオで聴いたことがありましたが、その時の印象とは全く違い、チカさんの唄をこよなく愛しているようなピアノプレイでした。寄り添い、サポートしていました。もちろんリード(エスコート)もしていました。唄う立場で耳を澄ますと、そういう気持ちが伝わってくることがあります。椎名氏のピアノ、よかったです。

お酒がすすんでいたせいで、勢いで写真を撮ってしまいました。アップしちゃいます。
楽しかった!
f0032766_22112279.jpg
f0032766_22115514.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2008-05-26 22:25 | LIVE REPORT | Trackback | Comments(0)

恐るべし「かりん酒」

今日、冬に作った「かりん酒」の実を取り出すのを忘れていたことに気付きました。(遅すぎ!)
実と種を取り出し、お酒を一升瓶に入れ替えました。
一升瓶と、小瓶1本の「かりん酒」の出来上がり!

夕食を作りながら、いいちこ&「かりん酒」をブレンドしてグイグイと飲んでしまいました。
でも、なぜか酔いませ~ん。夜に歌の練習。(ほんとは、練習の前にお酒はイケナイって
分かっているのですが…。)
今日は一日中動き疲れて、グッタリしていたので「ボイトレ、声、出ないだろうなぁ」って
思っていたけれど、滅多に出ない低音「G」まで出ました。つまり、G-G-G-G-Cまで。
約3.5オクターブ。Wow!

という訳で、「かりん酒」はやっぱり声にイイ!のです。即効です。お試しあれ。
いつだったかも、黒豆の煮汁を飲んで、食事しながら「かりん酒」を飲み、その後に
ボイトレをしたら、声がスルスル出ました。

<声にイイもの>
黒豆の煮汁(沸騰寸前の煮汁限定)
かりん酒
大根とはちみつの汁
生姜とはちみつのお湯割り
バターとはちみつ(未だ試したことありませぬ。ノドの乾きを防いでくれるらしいです。)

そういえば最近、声即効の「酸素カプセル」に行っていません。行きたい…。
[PR]
by tomtom2006T | 2008-05-23 00:05 | DIARY | Trackback | Comments(0)

塩本彰Triple Guitar Jazz Happening! at Lady Day

だいぶ時間が経ってしまいましたが、ライブレポートしたいと思います。
一週間前の週末、3つのライブ(一つはクラシック)を聴きにゆきました。
そのうちの一つは…。

5月10日(土)塩本彰Triple Guitar Jazz Happening! at Lady Day
塩本彰(G)、天野丘(G)、原とも也(G)、成重幸紀(B)、本庄重紀(Dr.)、八月薫子(Vo)
http://www.lady-day.jp/

トリプルギター&ベース&ドラムだなんて、いったいどうなるの~ッと興味津々で、
行かずにはいられませんでした。しかも、この編成にVocalも入るのです。
ヴォーカリストは八月薫子さん。女優さんでもあります。いや、ジャズシンガーでもあります。(どっちが先か?きっと女優さんです。雰囲気抜群です。)以前、彼女の歌唱を六本木で聴いたことがあり、私の好きな曲ばかりが入っていたのでCDを購入。今回、東京に行く前に予習しました。CDのサインの日付が、なんと1998年でした。(10年前!TomTom初心者の頃です。)しかも、1曲目のタイトル曲、I'll Be Seeing Youのギターが塩本彰さんでした。

で、1stステージ1曲目はトリプルギター!その日、冷たい雨が降っていたせいか、Here's That Rainy Day。ばっちりな選曲。悲しげなのに、あんなに優しい雨を思わせるHere's Thatは初めてでした。綺麗な音。三人三様の音色。しかも全然ぶつかっていません。ベテランの成せる技!美しかった。塩本彰、天野丘、原とも也の3氏。初っ端から内心興奮。音職人たち。

ライヴの「取り組み表」なるものが作成(塩本氏自作)されていて、1曲毎に編成が変わりました。演奏前からワクワク、そして1曲1曲ワクワクでした。ギタリスト3氏の、夫々のギタートリオ。そして私が今最も興味のあるツインギターとVocal。しかもギター3氏、組合せが変わりました。AB、BC、CA。特に塩本氏と天野氏のツインギター&Vocalは、八月さんが唄いたいと思わないアレンジで演奏するのが通例とか…。こりゃ凄い、デス。いいなぁ、スリルあるだろうなぁ…。そういう演奏だと、チャレンジ精神丸出しになっちゃうかも…、私。それから、不思議で素敵だったのが、Vocal &Bass & Drumsという面白い編成で唄われた「Smile」。よかったです。(ギターが入らなかったのは、このSmileだけでした。)

それにしても、ギターを堪能した夜でした。三人三様で、一人分ずつ本当に色々な音色が聴けました。つまり、色々な音色とは、色々な表情とも言えます。目を見張った…というか、耳ダンボ。声だって、そういうことなのかもしれないなぁと感じました。いつも同じ声幅で唄わなくたっていい。細めたり、太くしたり、引っ張ったり緩めたり。あるいは、喜怒哀楽みたいな…。とくに、塩本さんの比重の重い艶っぽい音が印象的でした。(ナカムレ爺を思い出していました。)浮遊するようなオーガンジーのような音だったり、乾いた煙のような音だったり、水銀のような音だったり、すご~く楽しかった!Smoke Gets In Your Eyes、よかった~。


あぁ、東京近郊ではこういうライヴが夜な夜な行われているのだなぁ…。そんなに広くない空間で、こんなに濃ゆい大人の演奏が聴けるなんて、ずるい。でも、東京は住むより通った方がいいので、また聴きに行こうっと。
(Continued.......)
f0032766_1543657.jpg
f0032766_1554055.jpg
f0032766_156338.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2008-05-19 02:00 | LIVE REPORT | Trackback | Comments(2)

梅の実と、梅の花

うちの梅、もう実がオガッテいます。
早すぎなのでは・・・と思うのですが。 早生?

5月17日の梅の実と、4月3日の梅の花です。

この花が、この実・・・って分かります。かわいいです。
f0032766_1181654.jpg

f0032766_1212774.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2008-05-18 01:24 | DIARY | Trackback | Comments(0)

5月のライヴスケジュール

新緑が目に眩しい5月!
定禅寺通りのケヤキ並木も、ワンサカです。て???

森林浴、マイナスイオン…。
そよ風になびく新緑、光燦々な緑を見ていると心がほぉ~としますね…。
今月も2つだけ、ライヴいたします。愛、燦々と…。想い、あふれて…。
ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

5月20日(火) Simon's Bar (国分町) 21:30~、22:30~ 
With 佐藤雄志(P)、岩谷真(B)
MC: 300Yen  TEL: 022-223-8840
※老舗のスタンディング・バー。
レギュラ~なメンバーでGO!でも、新曲披露で今月もChallenging Experiment!です。
ハートウォーミング・スタンディングなライヴに、遊びにいらしてくださいませ。
http://r.gnavi.co.jp/t207501/

5月23日(金) Tsu-san (国分町) 21:00~、22:00~
With 斎藤美貴(P)、柴田祥文(B)
Table Charge: 2000Yen for Man、1500Yen for Woman
MC: 500Yen  TEL: 022-716-0871
※ゆったりと落ち着くカウンターバー。
ほっと一息、深呼吸。静かに流れる時間に身をゆだねるのも一つかと…。
http://www.suntory.co.jp/gourmet/bar-navi/shop/0227160871/index.html
[PR]
by tomtom2006T | 2008-05-15 00:42 | LIVE SCHEDULE | Trackback | Comments(0)

広瀬川

有意義だった先週末の体験を日記したいのですが、時間がありません。

ひとまず、広瀬川…。

緑と光燦々風景です。
(アングルは、仙台市民会館の駐車場の階段踊場から、北西と南西二方向。
澱橋と仲ノ瀬橋のちょうど真ん中くらいです。)
f0032766_058336.jpg
f0032766_058473.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2008-05-14 01:01 | DIARY | Trackback | Comments(2)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧