<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

片倉真由子ちゃん

私が密かに応援している仙台生まれのジャズピアニスト、片倉真由子ちゃんの演奏が聞けるサイトを見つけました。

皆さん、聴いてみてください。曲は、"Naima"です。
なかなか骨太だなぁ…。

http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=19277601&ft=1&f=10002
f0032766_0131133.jpg
Steve Mundinger


今年1月に聴いた彼女の帰省ライヴレポートを怠たってしまったので、過去のものを…。
http://mochan2006.exblog.jp/6055042


ちなみに、彼女はドミニック・ファリナッチというトランペッターのCDに参加しています。名前のクレジットが、「Miyako Katakura」になっていて間違っています。大きな間違いですね~。

そのCDは、このサイト↓で、ゲットできるみたいです。
http://www.jazztrain.net/product/16916
[PR]
by tomtom2006T | 2008-03-27 00:13 | DIARY | Trackback | Comments(5)

うちのクレソン

昨日今日と、5つのお寺を回りました。お彼岸、お墓参りです。
暑さ寒さも彼岸まで……。いよいよ春です!

今日は小雨でした。小雨のせいか…、お庭に目がゆきました。
色々な「春のしるし」を見つけました…。なんとなく、清清しい気分でした。

うちのクレソン、かなり密集して育ってきましたよ。
今日はムシャムシャ食べました。元気だ!
写真の右側真ん中あたりに、なにか生き物がいまっす。きゃぁ~ッ!
君はどうしてソコにいるの?
f0032766_10586.jpg
f0032766_113153.jpg
f0032766_115375.jpg
f0032766_122669.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2008-03-21 01:07 | DIARY | Trackback | Comments(6)

3月のライヴスケジュール

今日、実は「MRI検査」というのを体験してきました。指一本のせい…です。
30分間うつ伏せで、両手を頭上で固定され、動いちゃダメと言われました。そして箱の中で、工事現場のような騒音に耐えなければなりませんでした。30分間も!これからライヴ週間が始まるというのに…、死んじゃうかもしれないと思いました。でも、耐えました。やっぱり、私は体育会系!エライ!よく我慢しました!検査結果なんか、どうでもいい感じがしました~。

さ、ライヴです。(花粉にも耐えま~す!)

3月18日(火) Simon's Bar (国分町) 21:30~、22:30~
With 佐藤雄志(P)、岩谷真(B)
MC: 300Yen  TEL: 022-223-8840
※老舗のスタンディング・バー。
スプリング・スプリング・スプリング!春一番は未だでしょか~?
軽やかにゆきましょう。
スタンディングなライヴに、遊びにいらしてくださいませ。
http://www.kahoku.co.jp/weekly/trend/050901_2.html

3月22日(土) Tsu-san (国分町) 21:00~、22:00~ 
With 鈴木次郎(G)
Table Charge: 2000Yen for Man、1500Yen for Woman
MC: 500Yen  TEL: 022-716-0871
※ゆったりと落ち着くカウンターバー。
超多忙な福助ちゃん。ときどき、ドキッと美しいことやりまっす。
スケさん、微妙なところ、よろしくお願いしますよッ。
テナ感じでテクテク、テクテク。(意味不明…。)
どうぞ、ふ~っとため息つきに、いらしてくださいませ。切に、切に乞う応援!

3月27日(木) SENDAIZA 19:00~、20:20~、21:40~
Original Stitches:  With 佐藤雄志(P)、高橋進(Drs )、岩谷真(B)
一針一針、オリジナルな音を紡ぎ、「音」を楽しみつつ、人の心に染み入り、心を満たす音楽を奏でたい…。α波な瞬間をほくっと共有できたら嬉しいです。お食事ができるライヴハウスです。ぜひ遊びにいらしてください!
http://sendaiza.com/
[PR]
by tomtom2006T | 2008-03-15 01:23 | LIVE SCHEDULE | Trackback | Comments(0)

濃ゆい週末…。

先週の週末、3月8日と9日は、とても濃ゆい2日間でした。

まず、8日
浅草JAZZコンテスト、エントリー・ナンバー8番!
とても貴重な体験になりました。
一つ一つの瞬間を一生忘れないと思います。

浅草公会堂の迷路構造、立ち働くスタッフの皆さんの真摯で熱い雰囲気、出場者の方々の様々な表情、楽屋での皆の様子、お化粧の方法、ヘアメイク、地階のリハーサル室での四重奏(サックス&Vo3名のそれぞれのウォームアップ、不協和音…。凄かった!)、審査員の方々の辛辣なコメント、司会者の方のフォロー、等など…。
そして、携帯や、会場に来てくれて応援してくれたみんなの言葉!
本当に嬉しかった!
ありがとう!ありがとう!ありがとう!

このコンテストが27年間も毎年開催されていることは、本当に感動的です!

私の曲は「Every Time We Say Good-bye」。
恐る恐る録音を聴きました。3箇所、失敗しました。原因明確!確信犯!
緊張ゆえの失敗が2つ。
ピアノのテンション音が気になってタジロイダ失敗が1つ。
まだまだトロイで~す。

もちろん!入賞はしませんでしたが、
なんと濃ゆい「敢闘賞」だったことでしょう…。
90分の8! 8分の5! 
審査員のお一人からは、とても高度なアドバイスを頂きました。
それが実際にどういうことかとか、How-toも未だ実感できませんが、一つの発想として今後色々な曲に応用できそうな内容でした。勉強になりました。

そして、一緒に出場した何人かの方々と知り合うことが出来て、これもとても嬉しいことでした。

そして、9日。

ずっと計画していたのに中々行けなかった国分寺T'sセッションに行ってきました。
唄った曲は、今一番好きな二曲。
「It Never Entered My Mind」と「Double Rainbow!」
却下を覚悟で出した譜面(ヒンシュク・キーとヒンシュク・コード)を、受け入れてくださったギタリスト・小泉清人さんに感謝!初めてお会いしました。なんと奇遇なことか、小泉さんは「Double Rainbow」というタイトルのCDをリリースされていました。しかも、DRが一曲目です。HPの写真も、ダブル・レインボーでっす。びっくり!
http://www004.upp.so-net.ne.jp/koizumi/index.htm
そして彼は、今回の浅草JAZZコンでグランプリに輝いた「中溝ひろみ」さんと一緒に演奏をされているとのことでした。http://www.doblog.com/weblog/myblog/48384
なんだか、縁が廻っているような不思議な感覚がありました。

It Neverの方は、コードについてセッションリーダーの塩本彰さんからNGが出てしまいました。「折角の美しいメロディーの流れを止めてしまうようなコードは良くない…。」この曲のコードについては、色々な歌手の歌唱を聴きましたが千者万別で、悩み継続中でした。塩本さんから「カーメンのIt Neverが一番美しいコード」と教わりました。CDを探そうと思います。

その日は、鈴木勲GGも参加されて、塩本さんと数曲Duo。Fly Me To The Moon、アヴァンギャルトな感じでした。この曲があんな風に料理されるなんて、どういう頭の構造なんだろう…てな感じで感動ものでした。発想と反応。音が火花のようにパチパチ光って、ビジュアルでした。「音」を「楽」しむとは、こういうことなんだなぁ…。

最終の新幹線に間に合うためには、8:32の特快で国分寺を出ないといけませんでした。

今年二番目の大イベント、終了です。

さ、再び仕切り直しをしてGO!でっす。
[PR]
by tomtom2006T | 2008-03-13 00:41 | DIARY | Trackback | Comments(4)

側筋

数ヶ月前に、なんとなく気付きました。

側筋(横っ腹の筋肉)を絞ってボイトレをすると、腹筋がより強力に働くような感触がありました。先生に、側筋の鍛え方を教わったので、少しずつ強化していました。

で、最近、声楽家のお友達にその話をしたら、「斜腹筋」という言葉が出てきました。初めて知る筋肉の名前!これは凄い筋肉みたいでっす。私はこの筋肉をもっと意識して鍛えたいです。なんか凄そう、この筋肉…。「TomTomは門前の小僧式」なので、発声に関する書物を読んで研究したりしたことがありませぬ…。 (うぅ~、そんなことではイカンイカン。)

ネットで調べてみました。
猫が背中を丸めて「威嚇」するとき、斜腹筋を思いっきり引っ張っているそうです。お腹を凹ませ、背中を盛り上げ自分のカラダをより大きく見せている…そうです。なるほど、分かりやすい!

意識してボイトレをしているうちに、声が若干また変わってきたように感じています。(気のせいかもしれないけれど…。)

この「若干の違い」をちゃんとコンテストで出せたらいいなぁ…、って今思っています。本当に1ミリくらいの話ですが…。

でも、声の持久力や瞬発力が0.1秒くらい違うような気がします。
気のせいかなぁ…、やっぱり…?
[PR]
by tomtom2006T | 2008-03-07 00:34 | DIARY | Trackback | Comments(1)

第27回 浅草JAZZコンテスト

いよいよ3月8日(土)は本選大会です。
http://www.tctv.ne.jp/geibun/

きっと、一生に一回きりの「マグレ」事件! 
TomTomは、ボーカル部門に出場します。
(宝クジには全く縁がありませんでしたが、神様は見捨てなかった…?)

出場者8組のうち、プロシンガーらしき方々が数組…。
その中にネーティヴ・シンガーもいます。
アカペラグループとコーラスグループが1組ずつ出るらしいです。
迫力あるでしょうね…、きっと。

プロ・アマ混合のコンテスト。
プロ・アマ混合の発表会より、スリルありそうです。

私の順番は、「8番目」=一番最後と知らされました。
ざわ~ッ…。How come?
待ち時間のプレッシャー、深呼吸や(緊張による)ノドの渇き、ストレッチの回数を想像すると、どうなることやら…。
友だちが言いました。「一番最初よりイ~イじゃないッ!」
…そっか…。きっとソーダ水、スイスイス~ダララッタ~スラスラスイスイス~イッと。(レトロダ。)  素直に納得。

でも、こんなこと、一生に一度です、恐らく。
思いっきりGO!しないと。思いっきりGO!します。

自分らしく。
身体から声がスッポリ抜けて、何も残らないように…潔く。
1.2.3.4!を厳しくキープ。
曇りのない言葉。
心がちぎれそうに切なく…。
そして軽快に。
無心に唄いたい。
Sing like a bird. 小鳥たちのさえずりはいつも無心です。
Sing like a bird. 切なくても、メロディーやリズムを楽しんで唄いたい。
Sing like a bird!

あと数日。ラストスパートです。
切に切に切に、乞う応援!
他力本願、自力本願、この際ぜんぶ!
f0032766_1951050.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2008-03-02 19:59 | DIARY | Trackback | Comments(4)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧