カテゴリ:DIARY( 656 )

情熱大陸・スペイン

今日、スペイン旅行から帰ってきました。世界遺産を巡る旅!
5年ぶりの海外旅行、初めての冬季&団体旅行でした。「晴れ女」を自認する添乗員さんが同行してくれて、快晴日が3日も…!6泊8日、全く雨に降られませんでした。

1日目、スペイン南端、優しいオレンジ色の宝石のようなマラガ」の夜景を見ながらイベリア半島に上陸。

2日目、快晴日。「ミハス」の展望台から、なんとジブラルタル海峡(断崖絶壁のような形)とモロッコの山(アフリカ大陸)が見えた!という快挙。

すかさず頭に浮かんだのが、
ガーシュインの"Our Love Is Here To Stay!"
In time the Rockies may crumble, Gibraltar may tumble.
They're only made of clay.
But, our love is here to stay. 思わず口ずさんでしまいましたッ。

この日はこの後、世界遺産「アルハンブラ宮殿」へ…。イスラム最後の砦。美しかった!それにしても「石」の文化って、凄いなぁ…。4kmの散歩…というか、山登り。これにはゼイゼィ。腹筋だったら自慢できるけれど、健脚を持たない私としては、過酷な道のりでした。
f0032766_2221245.jpg


おニューなデジカメを未だ操り切れずにいるけれど、アップしてみます。旅の5日目でバッテリー切れになり、最終日の風景は記憶に焼き付けることに…。少しずつアップして行こうと思っています。(サイズ、どうにかならないかなぁ…。)
f0032766_22221182.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2006-12-16 22:29 | DIARY | Trackback | Comments(3)

サイモンズ・バーの赤い鏡

今月のサイモンズ・ライヴで、レトロな赤い花模様のトップスを着ました。プラス、赤いスカーフ!

だからという訳でもないのですが、サイモンズ・バーのカウンターの中にあるレトロな鏡に、赤い文字が書かれているのに、初めて目がゆきました。

その鏡に映った自分の姿をみて、思わず写真を撮りたいと思ってしまいました…。赤い模様の洋服と赤い文字のバランスが、絶対イケルと確信!

でも、撮れた写真になぜか亡霊が…。Who Are You?! 

鏡の中に映るオブジェとか、ときどきとても魅力的です。
でも、今回は失敗かな…。
f0032766_1223997.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2006-12-08 01:26 | DIARY | Trackback | Comments(0)

カギの救急車!

旅行に行くためのトランクを、家中探してもずっと見つからなかったのですが、一週間前にとうとう見つけることができました!カビだらけになって…。で、今日、開けてみようとしたら、ダイヤルパスワードを忘れてしまっていて開けることができないではないですかッ。いつもの万能パスワードが通用しません。ピ~ンチ!

慌てて、イエローページで鍵屋さんに電話をし、一番感じのよいお店に藁をも掴む思いで行ってみました。

すると・・・。お店の店員さんが「開くときはものの一分もかかりません。」と前置きして開けようとした時、記憶の閃光が!ゼロゼロセヴンだッ!
「007かもしれません!」と私が叫んだら、その店員さんは言いました、「私が開けるとお金が掛かります。ご自分で開けてみますか?」

で、007に合わせてみタラバガニ、開いたのでした!う~ッ。
ペコペコ頭を下げて、深く感謝し、店員さんに見送られて、そのお店を後にしました。

なんて良いひとでしょう、その店員さん。パスワードの変え方も教えてくれて、しかもちゃんと変えてくれました。
そのお店の名前は、青葉区役所隣りの「カギの救急車」でした。

あぁ、Ups & Downsの一日でしたぁ~。
[PR]
by tomtom2006T | 2006-12-03 23:10 | DIARY | Trackback | Comments(1)

アニタ・オデイ

お友達から、アニタ・オデイが亡くなったことを聞きました。
私がジャズボーカルに興味を持ち始めた頃、初めて「かっこいい~ッ」と感じた白人女性ジャズシンガー。好きな歌手、No.2でした。

ネットで調べたら、11月23日、肺炎のため死去。87歳。白人女性ジャズシンガーの最高峰の一人。

83歳の頃、ロスで現役でライヴ活動をしていると知り、未だ聴けるチャンスがあると思っていたけれど、もう叶いません…。あっという間に時が過ぎてしまった…。数年前にペギー・リーも逝ってしまったので、古き良き時代(?)に一世を風靡したジャズシンガーは、みな他界してしまったということになるのでしょうね…。
[PR]
by tomtom2006T | 2006-12-03 00:26 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ゆずはちみつ

日曜日に、ゆずをいっぱい捥ぎ取りました…。高いところから、命がけで、30個くらい。植木屋さんと叔父さんと私で山分け!

今日は、午前零時を回ってから「ゆずはちみつ」を作りました。作り方を知っていた訳ではないので、テキトウ。はちみつ1Kgに、ゆずの皮を6個分くらい漬け込みました。いいかしらん?いつ頃から食せるでしょうか…。だれか教えて欲しいなぁ。
f0032766_0514891.jpg


いつもハーブティー+はちみつ+かりん酒の特製ドリンクを作って、ボイストレーニングに励んで(?)います。ライブの時も持参しています。お呪いのドリンク。ゆずはちみつが出来たら、もっと頑張るぅ~!
[PR]
by tomtom2006T | 2006-12-01 00:56 | DIARY | Trackback | Comments(7)

かりん酒

今日、「かりん酒」を作りました。

毎年、この季節の行事…。ノドに良いというので、作るようになりました。

でも、毎年作っているのに、どうもいつもと違うことをやってしまったみたい…。

かりんの種を、ぜ~んぶ取り除いてしまいました。

これって、出来上がりに、何か影響あるかしら???
種は、ネバネバしていました。これも、初体験。
ネバネバ、ネバネバ、セネバ、ヤラネバ。 ん?
なぜか、種を取らネバと思ってしまったのです。

そういえば、ネバネバはどんなものでも、身体に良い…というのを聞いたことがあります。納豆、オクラ、モロヘイヤ、とろろ芋………

あぁ、失敗したかもぉ~。

今日は、なんか変だなぁ…。調子が出ません。
[PR]
by tomtom2006T | 2006-11-15 23:36 | DIARY | Trackback | Comments(2)

小曽根真&塩谷哲ピアノデュオ・コンサートに…

今日、行ってきました。すごかった!

ジャズ、クラシック、ラテン、タンゴだの、ワルツだの、縦横無尽な演奏…。

「きっと、自分たち二人が一番楽しんでいる」という言葉どおり、楽しそうでした~。なんと表現していいのか、言葉が見つかりません。
芸術とは、爆発だッ!って感じ。才能と才能の融合。
ビートがすごかった。ず~っと、二人の左足がビートを刻んでいました。ゆらぎ、皆無!

アンコールで、モーツァルトの曲…二台のピアノのためのナントカ…をやったのですが、この二人の演奏からガーシュインが思い出されました。ガーシュインは、やっぱし、すごい先人。
[PR]
by tomtom2006T | 2006-11-02 00:12 | DIARY | Trackback | Comments(2)

ハンク・ジョーンズ vs. ・・・・・・・

TomTomは以前、ケイコ・リー・フリークでした。何年も前、ブレークする寸前に仙台のとある店で行われた(ほぼプライベート)ライブで、その歌声を聴いてから夢中になりました。その時の編成は忘れてしまったけれど、名古屋のサックス奏者と、ベースが鈴木勲だったことだけは記憶しています。彼女の声質と歌唱は、とにかく衝撃的でした。新譜が出るたびに、殆ど買い込んでいました。ライヴも色々なところへ聴きに行きました。でも、「ビタミンK」あたりから聴く気がしなくなってしまいました。

そういう話を、たまに行くジャズ喫茶のママにしたところ、「絶対イイからッ」と、ケイコ・リーの新譜を貸してくれました。「Keiko Lee, Live at "BASIE" with Hank Jones」。でも、やっぱり感動しませんでした。コマーシャルな感じ…。心変わり……。女心と秋の空?
「このCDに感動しないなんて、もぐりダヨ~」って言われてしまいそう…。

で、何が言いたいかということなのですが、ハンク・ジョーンズは昔も日本が誇るジャズシンガーと共演しているのです。

今はもう店仕舞いしてしまったアナログバーで、よくマスターが聴かせてくれました。ハンク・ジョーンズと峰純子さん(山形出身・2004年に肺癌のため他界・享年58才)が共演したレコード。あのレコード、もう一度聴いてみたいなぁ…。すごく良かった…。そのレコードをゲットしようとしましたが、幻のように消えてしまいました。CD化されていないのでしょうか。タイトルも書き付けておきませんでした。誰か教えて欲しい。誰か、音源を持っていたら、貸して欲しい…。もう一度、聴きたい…。

今60代に突入しているジャズシンガー達の若い頃(30-40代)の歌唱って、現在ブレークしているとされている若いジャズシンガーとは、うまさの次元が違うような気がします。本当にいい。もちろん、「好み」だと言ってしまえば、「好み」以外のなにものでもありませんが。

いつか、私が最も感動したヴォーカル・レコードの話をしたいなぁ…と思っています。乞う、ご期待!
[PR]
by tomtom2006T | 2006-10-26 00:32 | DIARY | Trackback | Comments(2)

トラ、トラ、トラ!

15日の日曜日、「トラ」というのを、初体験しました!石橋を叩いても渡らないときがあるTomTomには絶対に有り得ない世界だと思っていたことが、なぜか現実のものに…。予定されていたボーカリストが体調不良だったとか…。

虎穴に入らずんば、虎子を得ず…のトラ?、じゃナイですね~。いえいえ、やってみないと分からない世界でした。こういうのが、トラだったのか~。ピンチヒッターで唄ってきました。

場所は、仙台市内の数少ないジャズライブをやるお店「Gocco」。
http://www2.odn.ne.jp/jazzgocco/
プレイヤーたちが向かい合って演奏するようなこじんまりしたステージスペース。
バンドは、「大浦俊一グループ(前身はアーバン・ライツ)」。以前、よく聴きに行っていたバンドでした。ピアノ、トランペット、ベース、ドラムス編成。体験したことのない一瞬一瞬がありましたッ。嬉しい!百戦練磨なジャズミュージシャンたちゆえ、目の前で繰り広げられる間奏アドリブをやっている間中、私はめまいがするがごとく聴き惚れてしまって、笑みがこぼれてしまいました。
気持ちいいぃ~ッ!という以外の何ものでもありませんでした…。

トラ、トラ、トラ!その時、しっかり、チャンスの女神の前髪をつかめるようにしとかなキャ!
[PR]
by tomtom2006T | 2006-10-18 22:01 | DIARY | Trackback | Comments(6)

10月の紫陽花

庭の紫陽花は、とっくに終わっているのですが、なぜか、今も咲き誇っている紫陽花が三輪…。狂い咲き…?そのうちの美人さん。とてもけな気で…、きっとTomTomを元気付けてくれているのかもしれないと勝手に思い込んで、ながめています。…今日は、とてもイイことがありました。ハッピィ~!
f0032766_23521576.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2006-10-16 00:04 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧