カテゴリ:DIARY( 646 )

SAKURA Chaser 2017~🌸 <Part 1>

f0032766_21482445.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0032766_21490897.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0032766_22055854.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0032766_22060288.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仙台で桜が咲いていた頃、お花見に行く時間を作れずに過ごしてしまいました。
つい先日、勾当台公園前を通りかかったとき、満開の八重桜を目撃したため、コンビニでゲットしたアイスクリームを食べながら、しばし「独りお花見」を楽しみました~🌸

でも、どうしても未だ咲いている桜を追いかけたい…と思ってしまったので、行ってしまいました、山形まで… 🚗 💨 💨
でも、ネットでゲットした「桜の名所・開花状況」…とくに気象庁の情報は当てにならないと分かりガックシ…。(おそらく5日間くらい遅れています。)

でも、桜は至る所に個性豊かに咲いていたし、その他にも春の草花が満載で、ルンルン気分を満喫🌸
とくに残雪の春の山萌える新緑山桜の淡いピンク萌える新緑のハーモニーに思わず笑みがこぼれました。綺麗、きれい、キレイ~🌸

置賜の高畠町に住まう友人と(恐らく)37-38年ぶりに再会することができました。
浦島太郎バージョン???
すっごく楽しい時間でした。

嬉しかった!🌸🌸~🌸


[PR]
by tomtom2006T | 2017-05-01 22:50 | DIARY | Trackback | Comments(0)

草間彌生「わが永遠の魂」~❤


f0032766_17023013.jpg

「卯月」は私の誕生月なので、いろいろとプランを考えて自分にプレゼントしています。ご褒美❤

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
恒例の「滝沢歌舞伎」…、今年もお友達に連れてってもらいました。そして、せっかく東京にお登りするので、ちょうど開催されている草間彌生氏の展覧会もタイムサーフィンして観てきました。草間彌生氏の展覧会を観るのは、これで3回目です。東京という巨大都市、そして美術館の知名度の高さゆえ(?)…、ちょうど土曜日だったので激混みでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会場に入って一つ目の部屋は「わが永遠の魂」とタイトルされ、唯一写真撮影が許可されている大部屋でした。人にぶつからないように歩く…努力が必要なくらい…!皆が撮影を楽しんでいたし、「色彩の洪水」という印象でした。
私の好きな色、満載!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真を撮ってもらったり、撮ってあげたり、友達同士、知らない人同士、皆快く撮り合っている感じがしました。皆がハッピーな気持ちになっている感じでした…❤
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一つ目の部屋には、2015年製作の作品もあり、つまり86歳で描いた新作もあり、そのエネルギーには驚きを隠せませんでした。いつも驚きがあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
展覧会にはそれぞれのテーマがあって、レイアウト&ディスプレーを考える人がその都度違うのかもしれないけれど、今回はスペースが限られているためか、スカルプチャーが狭い空間に置かれていて間近に観れて面白く、新鮮でした。色鮮やかな多色水玉のスカルプチャー「最後の晩餐」が最も意外でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
観覧時間を充分に確保できず、ササーッと観て廻らざるを得なかったので、もう一度ゆっくり観てみたい感じがしました。だって、世界中を巡る展覧会なので、次が何時になるか分からないし…。しかも、仙台で開催されることはないと思うし…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真は、撮影可能だった一つ目の部屋「わが永遠の魂」でのショット。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
草間彌生「永遠の永遠の永遠」
http://mochan2006.exblog.jp/22853756/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
草間彌生♪
http://mochan2006.exblog.jp/16553256/
f0032766_17032247.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0032766_17070957.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0032766_17035154.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0032766_17085574.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0032766_17051323.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0032766_17043673.jpg

黄南瓜の所有者 ➡ http://www.jkk-sotohp.or.jp/aisatu.html





[PR]
by tomtom2006T | 2017-04-27 17:22 | DIARY | Trackback | Comments(0)

本日も…、お月様♪

f0032766_00102242.jpg
4月14日午前零時ころ…♪ 


[PR]
by tomtom2006T | 2017-04-14 00:13 | DIARY | Trackback | Comments(0)

本日のお月様♪


f0032766_00530696.jpg
快晴の夜、視界200♪
でも、ちょっと手振れピンボケ。

[PR]
by tomtom2006T | 2017-04-11 00:56 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ROSA PASSOS 🌹

f0032766_00314870.jpg
ここ数年は、CDを買わなくなりました。だからと言って、とくにダウンロードミュージックを利用している訳でもありません。ひょっとしたら、最近のジャズボーカルシーンに対する興味が薄れた…とも言えるかもしれないです。
………………………………………………
iPodやiTuneとか、Google Play Music、Amazon Music、Appleナンタラカンタラとか…、便利らしいけれど、最近は以前のように四六時中音楽を聴いている…ということをしなくなったため、余程興味が募らない限り、CDは買わなくなったのです。
………………………………………………
でも、この半年間、昔の性分が復活し、一人のシンガーのCDを6枚も「Amazon買い」しました。でも、殆どが中古品かImportです。絶版なのか、日本ではあまり知られていないのか、「新品」はあまり見つかりませんでした。その反対に、中古品に物凄い高値が付いていたりして驚いたり…。発送元も英国だったり、スイスだったり、アメリカだったり…。運よく、1枚だけライナーノート付の日本版中古品をゲットしました。
………………………………………………
ROSA PASSOS🌹
ホーザ・パッソス🌹

ブラジルの歌手。
………………………………………………
何の曲か忘れてしまったけれど、Youtubeで検索しているときに、ヨーヨーマと共演している動画に辿り着きました。ヨーヨーマがボサノヴァ…??という不思議。私は聴いているうちに、彼女の虜になってしまいました。何か、他の歌手と全く違う印象がありました。
………………………………………………
ブラジルの歌手といえば、エリス・レジーナ、ガル・コスタ、ミルトン・ナシメント、アナ・カラン、アナ・セットン、ジョアン・ジルベルト、アストラット・ジルベルト、イヴァン・リンス、ジャヴァンくらいしか知りませんでしたから、「この人、誰?!」という衝撃でした。
………………………………………………
声が物凄く特殊で、その声質や歌唱を表現する(自分的な)言葉が長らく見つかりませんでした。
………………………………………………
まずはベスト盤を買ってみたら、もっともっと興味が募り、結局はクリス・ボッティのCDまでゲットしてしまいました。クリス・ボッティは、素敵なアーティストを発掘する(起用する)のが得意みたいで、彼が選んだミュージシャンは皆素敵です。「To Love Again」というCDで、Rosa Passosが起用されてスタンダードの「Here’s That Rainy Day」を歌っています。その一曲を聴きたいがために、ゲット❤(Youtubeでも聴けるんだけど…。)
………………………………………………
彼女は、ブラジルの大御所プレイヤーは勿論、アメリカのレジェンドみたいなジャズマンとも共演していて、「何、この人?」という思いも募ったのです。
………………………………………………
情報を検索すると…、
スカートをはいたジョアンジルベルト」、
エリス・レジーナの後継者」…とのこと。なるほど…。
………………………………………………
ギターで弾き語りをし、ボサノヴァのジャンルでは絶対稀有なんじゃないかと想像できるボーカルとベースのDuoをしてみたり、パーカッションのような鼻音スキャットを炸裂させたりします。私の耳に、本当に新鮮。
………………………………………………
ここ数か月、カタカナポルトガル語で歌うことを頑張っていたので、葡萄牙語の鼻音とか鼻母音とかが耳(頭)から離れません。その音を自分が使って唄ったりすると、まるで自分が別人になったような気がしたりします。とっても不思議な感覚です。
………………………………………………
Rosa Passosの声…、葡萄牙語の特性とは言え、恐らくその鼻腔に響かせる声がとても特徴的なのだと思います。少女が歌っているようにも聴こえたり、無防備な声のときもあるけれど、物凄く技巧的にも聴こえるし…、不思議な声です。ヨーヨーマは彼女の歌声を、「世界で最も美しい声」と称したそうです。ワタシ的に表現すれば「ナノレベルの湿度のある気泡」が声に混じっているみたい。空間に響いて、しばらく漂ってシャボン玉が消えるみたいに無くなります。
………………………………………………
6枚のうち、一番凄いと思ったのは、「ROSA」という彼女のギター弾き語りのアルバム。オリジナルを含む全15曲、私が全く知らない曲ばかり…。歌の意味を全く知らないのに、それでも、惹き付けられてソファに座り込んでしまう感じ。聴き入ってしまうのです。1曲目の「Duas Contas」という曲はアカペラで始まり圧巻。「なんだ、これは?!」という驚き。
………………………………………………
「休みなさい…、休んでいいのよ…」と言われているみたいな癒しの音。
………………………………………………
あるときハタと気づいたけれど、彼女の音楽サウンドは確かにボサノヴァやサンバなブラジル音楽なんだけれど、その歌い方の譜割がとてもジャズ的。アルバムのサポートミュージシャンも、「こういうのをブラジリアンジャズ…というのかしら?」と、誰かに確かめたくなるようなジャズぶり。 「Amorosa」というアルバムのピアニスト・Helio Alvesは、かなり私の好みです。ジャズにしか聴こえませぬ。いえ、調べたらジャズピアニストでした。
………………………………………………
ということは、ブラジリアンジャズは、アメリカンジャズよりも強力かも…。だって、ブラジル音楽と合体してるって、凄いんじゃないかしらん。ね?!
………………………………………………
Rosa PassosのHPはポルトガル語なので、固有名詞と数字しか解読できないのですが、フォトギャラリーの写真に、2008年にバークリー音楽院の「Hornory doctor of music recipient」と記載されてある写真があるため、ジャズを専攻して、博士号を得た…ということなんだろうと思います。それなら、完璧に合点が行きます。彼女が、ジャズテイストを持っているということが…。凄く複雑なクロスオーヴァーな世界。でも、クリス・ボッティのアルバムで歌っている「Here’s That Rainy Day」は、私の耳にはそれほどジャズっぽく聴こえません。不思議です。
………………………………………………
いずれにしても、未だ知らないだけで、世界には様々な素晴らしい才能が存在しているということ…。
https://en.wikipedia.org/wiki/Rosa_Passos
………………………………………………
PassosのHPのフロントに、2016年12月にジャズピアニストのケニーバロンとNYリンカーンセンターで共演したときの動画がアップされています。一番最近の動画のようです。さすがにジャズ的です。でもちょっと太り気味…💦 若干苦しそうに聴こえるのが残念です。ベースのPaulo Paulelliは彼女のお気に入り、御用達ベーシストに違いありません。ボイスパーカッションも面白そうなMCもしちゃいます。どの動画にも出てきます。

http://www.rosapassos.com.br/
………………………………………………
自分でたまたま知り得たRosa Passos。まだまだ知らないことが沢山あるとは思うけれど、彼女の歌唱に出逢えて、この上なく嬉しい~♥
………………………………………………
ある時、
好きだと思える歌曲に出逢えること、
好きだと思えるシンガーに出逢えること、
好きだと思えるアーティストに出逢えること…、それは本当に幸運なこと!


[PR]
by tomtom2006T | 2017-03-26 02:21 | DIARY | Trackback | Comments(0)

キネコさん <Part2>

f0032766_12404290.jpg
最近、私がよく遊びに行くお店にキネコさんも遊びにきました。

キネコさんのことは、だいぶ以前にブログに書いたことがあります。

彼女はシャンソン歌手です。


-----------

彼女と偶然どこかで会えると、私はすご~く嬉しいです

だって、とてもチャーミングで、あんな風に歳を重ねたい…と思わせてもらえるんだもの。

ハッピーな気分になります。

-----------

この間は、恐らく孫くらいの年齢の男性ボーカリストにエスコートされてやってきました。別に若くなくても、送り迎え等も男性にエスコートされることが多いです。羨まし♪

-----------

あの日は、ガラケーを取り出しメールを見ていて「これ、文字が化けちゃった…」とか言って見せてくれました。私は驚いて、「えー!キネコさん、メール交換してるんですかぁー?!」と驚いて言ったら、彼女が言いました。

アータ、私のこと年寄りだと思ってんでしょ」…と、キッと睨まれたのです。(爆)

メールなんか、かんたんよ。ともだちなんか、みぃ~んなやってるよ」…と。

-----------

「えー! キネコさん、スンゴ~ッイ!!!」と私は2回くらい叫びました。

-----------

キネコさんは今88歳。どうも、「年寄り」と思われたくない性格のようです。その気持ち、すごーく良く分かります。

-----------

彼女はつい先日、東京でのコンサートを成功させたところです。同行した男性ボーカリストが「何曲も歌詞を見ないで唄えたし、素晴らしかった!」と言っていました。キネコさんは、腰痛だけが悩みの種のようだけれど、今もレッスンに通って歌を唄っているのです。

蛍光灯のような冗談も言ったりするので、かわゆぃです。
http://mochan2006.exblog.jp/16986000/

-----------

私も88歳まで元気に生きていれたら、スマホで音声入力メールとか、音声解読とか、操っていたいなぁ~。ナ~ンテネ…。88歳になっても歌っていれたら、もっといいけれど…。

-----------

去年私は、健康寿命の目標年齢を10年上げたので、イケルかしらね…。

気楽に頑張りましょ~❤ 


[PR]
by tomtom2006T | 2017-03-23 12:57 | DIARY | Trackback | Comments(0)

土方女子 <完結編>

やめられない、とまらない! 

「池・浄化作戦」の記録です。

先週はお天気が続き、池も乾いてくれて…、18日の土曜日に小雨が降ったのを機にとうとう入水しました。
数日間お水を流し、その後にいよいよクレソンを投入する計画です。


おめでとうー!  とりあえず、土方女子作業完了!











……………………………


<BEFORE>

f0032766_22343763.jpg


<AFTER>
f0032766_16044991.jpg
池に水が入ったことを嗅ぎつけて、早速ノラが水を飲みに来ていました。
右側下の隅でペロペロできるみたいです。足場悪いのに…。
「あそこの水は美味しいぞ」なんて、ノラ情報が流れなきゃいいけど…。ちょっと心配...。



[PR]
by tomtom2006T | 2017-02-20 16:55 | DIARY | Trackback | Comments(0)

土方女子、その後のその後。

ハマる…ということは、こういうことなんでしょうねー💦

池底の泥や石も、取り除けるものは全部取ることにしました。
f0032766_15120302.jpg
ここまで作業したところで、雪だの雨だの…で水が溜まってしまいました。

そこで、その水で池底や側面をブラッシングすることに…。
ついでに、堀と池を繋ぐ「地中土管」を竹で突いてドロを掻きだすことにしました。

それをするためには、細工した養生筒を外さねばなりません。
外せば当然、池に水が流れ落ち、ものの数分で水が溜まりました。速ッ!
f0032766_15101179.jpg

f0032766_15075268.jpg
この段階で、池の中と側面をごしごしブラッシングし、苔の種(遺伝子)をこそげ取った気分に…。
(目には見えないので、あくまで「気分」なのです。)
f0032766_15093300.jpg
ブラッシング後、巨大杓子でドロ水を掻きだして、本日の作業終了!

f0032766_15093158.jpg
池の側面に張ってある瓦のようなものに、弾丸が当たったような傷が付いているのですが、
弾丸ではないでしょう…。

しかし、この池がいつ頃作られたものかが不明です。
90歳の叔父に訊いてみよう!
ひょっとしたら幕末かも…?
(でも、ひょっとして私の父が造ったとしたら、凄すぎます!土方父の娘=土方女子♪)

2月12日以降、仙台はお天気になりそうなので、池の中が乾いたら再びオキシドール噴霧作戦です。

あー、早くクレソン食べたい!

この池、浄化作戦が失敗に終わっても、がっかりしないことにしています。
土木プロの人も、「掃除しても苔は又出る」と言っていましたから…。
とにかく最善を尽くすのだ!

それにしても、こんなことにハマっちゃうなんて、私のポンコツ脚も元気になったものです。
ケガをしないように気をつけないといけませんね…。






[PR]
by tomtom2006T | 2017-02-10 15:38 | DIARY | Trackback | Comments(1)

土方女子…、その後。

池、浄化作戦!
自分でも「アホか!?」と思うようなことに着手してしまったものです~。
でも、慎重に、焦らずに、少しずつ作業中…。

湧き水が直接下水に流れるように細工し、池への流水を遮断した翌日、真冬にしてはポカポカ陽気になりました。
すると、案の定、隠れていた種?が突然増殖!とろろ昆布を溶かしたようなモワっとした苔が水中で発生!
(嫌だなぁ~、ホントに。)

見えにくいけれど、池の中央から緑色に…。
f0032766_13523291.jpg

毎日少しずつ水を掻き出して、「空」を目指すの巻。
f0032766_13522501.jpg
巨大な杓子(?)を使って、10センチくらいずつ水を掻きだして…、
f0032766_13522891.jpg
池の中の構造が明らかに…。
f0032766_13545837.jpg
池の中から顔をだした石や側面の瓦にオキシドールを噴霧。
そしてタワシで擦る、こする、コスル…。
f0032766_13550221.jpg
もう少し!この段階までで、オキシドール1リットル噴霧。
水が少量になったので、長靴で池の中に入り、隅々までオキシドールを噴霧。
f0032766_21241701.jpg
池の中の水がゼロになったところで雪!(2月2日)
f0032766_21241469.jpg

今年一番の積雪で(5cmですって)、池の中には又も水が入り氷が張りました。
(2月3日、今日!)
でも、きっと直ぐに乾くはず…。

オキシドールは、もう1リットル噴霧予定。そしてコスル予定!
オキシドールの他にも、色々なオプション情報をゲット。

・池中表面をバーナーで焼く。
・池の中で炭を炊く。
・熱湯を万遍なく掛ける。(ケルヒャーの発想)
・燃料用アルコールをまいて焼く。

熱湯が一番容易に出来そうです。でも、お菓子に焦げ目をつけるバーナーで焼くのもいいかも…。
でも、とりあえず、オキシドール!

何気にハマってしまっていますゾ。
これも、それも、クレソン食べたさ…なんです。アホです。





[PR]
by tomtom2006T | 2017-02-03 23:10 | DIARY | Trackback | Comments(0)

土方女子 「クレソン食べたい!」

ずっとノロノロしていました。

とうとう思い腰を上げ、作戦実施! 今日は、「土方女子」になりました!


昨年の2月か3月頃、冬なのに変に生暖かかった日を境に、庭の池に珪藻が繁殖してクレソンが育たなくなってしまったのです。

ヤマトヌマエビを池に投入してみたり、クレソンの根っこを洗ってみたりしたのですが、うまく行きませんでした。
http://mochan2006.exblog.jp/25169319/



思いは、「クレソンをむしゃむしゃ食べたい!」 それだけ!

堀にバックアップしてあるクレソンは健在なので、陽の当たる池さえキレイになれば大丈夫…と思うことにして、珪藻を撲滅すべく、池を浄化することにしました。


先日ホームセンターでアチコチ物色し、良さそうなものを発見!

養生に使う発泡スチロール製の筒!


閃きました~!!!


この養生筒を使って、流れてくる地下水(湧き水)が池に流れるのを遮断し、下水管に直行させれば
OK。(この地下水は、伊達政宗が構築した四ツ谷用水のお蔭なんだと密かに思っているワタクシ。)


あとは、池の水をかき出し、オキシドールを噴霧して珪藻の遺伝子を撲滅。(オキシドールがいいらしい…。) その後に池を乾燥させて時間を置き、再び池に水を流し入れる…という作戦。


果たして上手く行くでしょか…???

やってみる価値大! クレソン、春には食べたい!
http://mochan2006.exblog.jp/24723052/


あぁ、楽しみ! がんばるぞーーー!!!



※水のかき出しは少しずつ…。頑張り過ぎると腰を痛めてしまうので…。






[PR]
by tomtom2006T | 2017-01-27 00:00 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧