カテゴリ:DIARY( 624 )

ボサノヴァ右往左往

私が仙台にUターンしてから、20年が過ぎました。
その頃、未だ自分が人前で歌うとか、何も想像していませんでした。
ただ、「習いたい」という気持ちがあって、仙台でジャズに関わる人々と知り合い、友達を作り、練習し始め、ジャズのスタンダードナンバーを歌うようになりました。そのうちボサノヴァのリズムで歌うスタンダード曲もレパートリーに加わるようになりました。7-8年間、練習するだけで満足していた日々でした。右も左も分からずとも、楽しい時代でした。

ボサノヴァもちゃんと歌えるようになりたい…と思うようになったのは、ボサノヴァギターを研究&マスターしていたジャズギタリストと知り合ったのが切っ掛けでした。
「ボサノヴァギターって、なんか素敵」…と思ったものでした。
アントニオ・カルロス・ジョビンの曲たちに開眼したのもこの頃です。
たぶん、2004年頃かな…。

ただ、私にできることは、ジョビンの曲に英語の歌詞が存在するものだけでした。歌いたいと思った曲が見つかると、必死で英語の歌詞を探しました。英語以外の、自分が理解できない言語ーポルトガル語で歌うことは想像もできませんでした。たとえ対訳があろうと、言語を知らずに耳コピで口に覚えさせて歌う…ということは「何か本当ではない」と感じていたからです。
けれども、当時は英語で歌うボサノヴァには直ぐに挫折したのでした。
― 二兎を追う者一兎をも得ず ―

(これは余談だけれど…。言語を理解せずに歌われ、最悪だなぁ…と記憶している音源は、今でも酷いと思っています。例えば、ヘレン・メリルの「夢は夜ひらく」。気持ち悪いこと、この上なしでした。商業主義もいいとこです。もちろん反対の極上例もあります。美空ひばりの耳コピと言われる伝説的ジャズアルバムは、神業としか思えません…。)

....................................................................................................
仙台でも、ボサノヴァに特化して歌うシンガーがそのうち増えてきて、よく聞かれる定番のセリフも、自分の頭に叩き込まれる結果となりました。
「ボサノヴァは、ポルトガル語で歌わなければ‟サウダージ”は表現できない」...と。

サウダージとは?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B8


ポルトガル語と英語では、当然ながら発音も違えば、アクセントも違います。声の響き方も響かせ方も違うのだし、言葉による譜割も違ってくる訳です。そして、ジャズフィールドの人が演奏するボサノヴァと、ブラジル音楽に特化している人が演奏するボサノヴァのノリは、確実に違うのが分かります。ギター演奏などは、私には説明不可だけれど、爪弾き方が全然違う…。どちらが好きと感じるかは、自分次第なのだけれど…。

こういう迷い(右往左往)は、ずっと続いていました。

そこで、「一度行ってみよう」と、昨春、ブラジル音楽を中心に開催されているオープンマイク(ボーカルセッション)にボーカル友と言ってみました。英語でジョビンの曲を唄ったのは私達だけでした。
ホストをされていたギタリストA氏に、私達の迷いを打ち明けました。彼のアドバイスはこうでした。
「僕たちも、よくブラジルや外国のミュージシャンと演奏したりするけれど、日本人にしかやれないことをやってくれ…と言われる。結局は、自分らしく歌えばいいんですよ。」

「自分らしく歌う」は、簡単そうで難しくもあります。その「自分」がどれほどの技術を体得しているかにも関わってくるのだし…。それでも「自分らしく」という言葉だけを考えれば、「迷いは消える」が如くになったりします。
けれども、時間が経つと、それでも何故か再び右往左往するわけです。
....................................................................................................

そこで、ブラジル音楽に特化しているギタリスト・B氏に、同じ迷いを聞いてもらい、リズムの乗り方などをレッスンして頂くことにしたのです。B氏にA氏からのアドバイスを話したところ、
「それはB氏の寛大さと諦めですよ」とバッサリ。
私は、「あぁ…、振り出しに戻ってしまった…」と感じました。
だいぶ悔しい…。 いえ、本当に悔しい…。

どうせ出来ないことに対する寛大さと諦めなの???
B氏はこうもいいました。「そこまで来てるんだったら、こっちに来ちゃいなよ」と。
こっちって、何処だろう…??? それが一回目のレッスンでした。
リズムのこととか、乗り方とか、苦言とか、他にも色々教わることができました。
振り出しには戻ったものの、収穫あり…でした。

二回目のレッスンでは、「カタカナでもいいのだから、歌ってみればいい。そこが‟入口”なのだから。」「ライヴでカタカナの歌詞カードを見てまで歌おうとしていることを嫌う権利はない」…と、発言はズンズン展開しました。
少なくとも読み書きと会話ができる英語でしか歌ったことのない自分にとって、そういうアングルは初めてでした。
「カタカナが入口」ってどういう世界?!
発音記号が読めるくらいじゃなきゃ話せないし、片言でも話せないのだったら、歌うことなんてできるのかしら…?
(言語学習についての私の頭の固さはダイヤモンド級?!)

結論は結局、ポルトガル語で歌いなさい・・・ということだったのです。
やっぱり悔しい。心底悔しい…。

英語で歌っている限り、ボサノヴァはボサノヴァではない…と言われているような気分になりました。これは、以前よりも、「どん底」な気分でした。

この話を友達にすると、「あら、ボサノヴァって言ったら、やっぱりポルトガル語じゃないかしら…」とサラリ。
…実に悔しい…。

もちろん、ボーカル友の救いの発言もありました。「ジャズマンと一緒に演奏している限りは、そんなことは気にしなくていいのよ…」と。
確かに…!確かにそうなんです。
....................................................................................................

悔しさは、実はエネルギーになります。
それでも、私のやる気に火が付くのに何と時間が掛かったことでしょう…。
悔しさを引きずって、数か月!
「カタカナでいいのね…。それじゃ取り敢えず、一曲だけトライしてみようかしら…」と思えるまでに数か月!

そこで選んだ曲が、「If You Never Come To Me」、
原題は「Inutil Pisagem」。邦題は「無意味な風景」。
この曲は、英語の歌詞をいまいち自然にメロディーにのせられず、納得のゆくように歌うことができずにお蔵入りしていた曲でした。

果たして上手く行ったのかどうか…?

果たして葡萄牙語で歌って自分らしさを表現できるのかどうか…?
果たして何処かに妥協点を見いだせるものかどうか…?挫折するかも…?
なんだか面倒くさい感じもしてくるのです。
右往左往は、これからも続きそうだなぁ~🎵

(長文完読深謝!)

こんなにムズカシク真面目に考えなくたって、最初から完成度なんか気にせずにカタカナ葡萄牙語でサラ~ッと歌えたらどんなに楽なことか…と思ったりもします。ふ~💦
神様、時間をください…。

そして、早速私がしたことは…?
ボサノヴァ弾き語り歌手の三浦俊一氏に教わったこの本を手に入れたのでありました。
一冊はヤマハで、本問屋に残っていた一冊を取り寄せてもらい、もう一冊は三浦さんのご紹介で、著者の吉野幸子さんのご厚意で最後の一冊を譲っていただきました。三浦さんと吉野さんには心から感謝しています♥
f0032766_14213128.jpg
ワタシ、スグニナンカ、ウタエナイデス💦 デモ、チャレンジシテミマス!






[PR]
by tomtom2006T | 2017-01-13 16:19 | DIARY | Trackback | Comments(0)

吾輩はノラである。「Part3」

黒ノラ4種。
ウチの庭にやってくる黒ノラは2匹だと思っていたけれど、どうも4匹! 昨日、発見!
…もう降参!
助けてー!
f0032766_00563086.jpg
新参クロ。あんまり可愛くない顔。

f0032766_00563661.jpg
この子はいつもの利口クロ、台形耳。

f0032766_00563911.jpg
新参クロ、きっとどこかの飼い猫かも…?毛並が良過ぎ。

f0032766_00563364.jpg
お馴染み、ふてグロ。デブで全く走れない子。



f0032766_01033315.jpg
1匹出現!
f0032766_01033020.jpg
まだ居るか?と思いきや、2匹に増えてる…。
1匹目(左)は向きを変えて熟睡。
この2匹は新参猫です。

太陽の光が移り変わっているのが分かります。
それにしても、居心地がよい場所なのでしょうか…?
ウンチとオシッコだけはしないで欲しい…のです。懇願…。

私は別に、見張っている訳ではないのです。
たまたま見つけてしまうため、天敵ゆえ、パチリしたくなる訳ですニャ~。


<追記>(2017年1月9日)
以前、子猫ノラだったちょび髭チビに遭遇。最近見なかったので忘れていたけれど、
なんと!成長していてショック... 。それでも未だちっちゃい。
f0032766_16245411.jpg
<追記②>(2017年1月11日 朝)
ひょろっとやってきて、きっと30分くらい佇んでいたの巻。灰色ノラは2匹徘徊しているのです。
このノラたち、すべて血縁!
f0032766_14530893.jpg



[PR]
by tomtom2006T | 2017-01-09 01:11 | DIARY | Trackback | Comments(0)

本日のお月様♪

f0032766_23481763.jpg

2017年、初撮りです。半月🌗。

f0032766_23493207.jpg

最近、南西の空に異常に輝く星が見えます。きっと、人工衛星かな…。
変な輝き方…。↓

f0032766_23480931.jpg

南東の景色。未来都市? いえ、川内でっす。↓

f0032766_23481590.jpg

[PR]
by tomtom2006T | 2017-01-07 00:02 | DIARY | Trackback | Comments(0)

元旦来訪猫

f0032766_22082320.jpg
枝が邪魔してピントが合いません。
黒ノラ2匹居るうちの1匹です。
この子は、ノラの中でも若く、利口そうに見える猫です。きっと、利口です。
好奇心がある風に見えます。
元旦に現れるだなんてね…。幸先が良いのか悪いのか…。
(いつのまにか、「台形耳」になっていました。)

f0032766_22091171.jpg


[PR]
by tomtom2006T | 2017-01-01 22:16 | DIARY | Trackback | Comments(0)

Sing Like A Bird~♥

あけましておめでとうございます♥



この動画と歌唱が気に入っています。

主役はアヒル。
「アヒルさんたちと一緒に湖のほとりでサンバしましょー!」
ということらしいです…。
………………………………………………………

今年は酉年。
トリに関わる表現は沢山あります。
………………………………………………………

鳥のように羽ばたく…? 飛躍!

私の場合、身体的理由から自由に大空を「羽ばたく」イメージを

描くことが難しぃ…。

………………………………………………………

水鳥のように水中を泳げる…?

「いいえ、泳げません…」

………………………………………………………

だったら、小鳥のようにさえずる…?

「それなら、できます」

Sing Like A Bird

直訳すれば、「鳥のように歌う」。

でも意訳をすれば、「楽しそうに歌う」「無心に歌う」…。

「それなら、できます」「できるように、精進します」

………………………………………………………

今年はアヒルのようにも…?

Sing Like A Duck?も試してみようかしら…。

ジャズのスタンダードナンバーに、「アヒル」が出てくる曲って

ないような気がするけれど、未だ知らないだけ…?

アヒルと一緒にジャズしましょー!…とはイメージできません。
ドナルドダック?

………………………………………………………

果たして、「クワァ~クワァ~」と「クェ~ンクェ~ン」を

使い分けることができるかが問題だわぁ~。

………………………………………………………

2017年、手探りな気分で幕開けで~す♪


[PR]
by tomtom2006T | 2017-01-01 14:35 | DIARY | Trackback | Comments(0)

2016年・大晦日に…。

あっという間に、一年が過ぎて行きました。

不安定な世界情勢や、天災・人災、様々な社会現象に心を動かされながらも、

個人的には自分のことで精いっぱいだった2016年でした。

......................................................................................................

「悲喜交々」…いろいろなことがありました。

でも、この平和な日本で、爆弾が落ちてくることも無く、弾丸が生身に撃ち
込まれることも無く、住む処があり、食べるものがあり、病気を治療できる
環境があり、関わりある人々に支えられて時を過ごすことができる…ということに
感謝せずにはいられませんでした。

......................................................................................................

とても緊張を強いられて、自分のしていることが本当に正しいのか、
そうではないのか…と暗中模索しているときに、薄っぺらいミニコミ誌の
「星座占い」にこんな言葉を見つけました。普段は重要視することも無い
「占い」でした。

......................................................................................................

3歩進んで3歩退くことがあっても進む努力が大切です。
周囲と調和を保っていれば収穫があります。
誰の理解がなくても、もう一人のあなたが見方になります。」

......................................................................................................

前半は理解できました。
でも、後半の「誰の理解がなくても、もう一人のあなたが見方になります」という
部分が、半信半疑でした。分かるような分からないような…。でも、ツボでした。
何故か心に残ったため、マーカーペンで丸印をし、取ってありました。

恐らく、自分を信じていい…ということなのかもしれないと楽観解釈して、
そのまま迷いを振り切って
GOしたのでした。それはそれで収穫大でした。

......................................................................................................

そんなこんなで一年が過ぎてしまいました…。

今年一年、お世話になった方々への感謝の気持ちでいっぱいです。

また、この稚拙なブログをたまに見てくださった方々へ…、ありがとうございました♪

......................................................................................................

また来年もよろしくお願いいたします。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

......................................................................................................

来年は酉年です。

つい昨日見つけた動画音源です。

アヒルもトリ。かわいいアヒル。アヒルもいいな…。
クェッ、クェッ…。

今年知ったブラジルのシンガー、ホーザ・パッソス。とても好きです。


[PR]
by tomtom2006T | 2016-12-31 20:48 | DIARY | Trackback | Comments(0)

癒しのさえずり…♥


[PR]
by tomtom2006T | 2016-12-21 00:21 | DIARY | Trackback | Comments(0)

吾輩はノラである。「Part 2」

f0032766_20474957.jpg
こいつはノラです。
この、ふてぶてしい表情はどうでしょう…。
いったい何を考えているのでしょ…?

写真を撮ろうとする私も私です。
(証拠写真)

コラーーーッと追っ払おうにも、数メートルしか逃げません。
肥満なので、トコトコ、トコトコとしか走れません。
そして立ち止まって、ヌっと振り返ります。
私、完璧に舐められている感じ…。
f0032766_20475685.jpg

f0032766_20475220.jpg

f0032766_20475905.jpg
ノラなのに肥満だなんて、許せな~い。
誰が餌を与えてるの…?

餌を与える人は、かれらの生態に責任を持ち、
かれらを捕獲し去勢避妊して欲しいものです。
糞尿被害を被っている人々の怒りは、どこへぶつけたらいいのでしょう…?

「地域猫」などと謳う人々の中途半端な活動は、
きっと永遠に中途半端なままなのだろうと感じます…。


[PR]
by tomtom2006T | 2016-12-09 21:21 | DIARY | Trackback | Comments(0)

京都に行ってきました!


f0032766_14222340.jpg

「ふぐ料理を食おうや」という叔父の一声で大阪に集合し、ついでだからと…、従兄夫妻と京都の紅葉を観に行きました。


今秋の京都、紅葉は
2週間くらい早かったらしく、見頃はとうに過ぎていたけれど、「これが見頃だったら凄いだろうね~」と物凄く感動しながら見物してきました。お花見も、紅葉狩りも、見頃が重要でしょうが、混雑を避けることは出来なさそう…。見頃を過ぎていたせいか、TVで盛んに報じられていた「撮影禁止」となった東福寺の通天橋も、楽々でしたよ。


真っ赤な落葉の絨毯や、残り紅葉と光りの競演は、充分に美しかった!

葉っぱがすっかり無くなった桜の木々を見るにつけ、次は「桜の季節」…と心に誓いました。


従兄夫妻が万歩計を身に着けていて、一日最高
12000歩を歩きました。「嵐山~渡月橋~天龍寺~大覚寺~清水寺」というコースで12000歩。これは、私のポンコツ脚にとっては、超・快挙!2日目は東福寺と東寺と京都国立近代美術館。
最後の日は快晴&一人歩き。銀閣寺の庭園(山道)をぐるっと廻り、「哲学の道」も完歩してきました。


写真はいつも通り、撮りまくり~📷 少しだけアップ。


す~っごく疲れたけれど、「祝・自分!」



f0032766_14031089.jpg


f0032766_14060134.jpg

f0032766_14023574.jpg

f0032766_14042140.jpgf0032766_14044693.jpg



f0032766_14110549.jpg


f0032766_14035559.jpg


f0032766_14425886.jpg


f0032766_14442706.jpg


f0032766_14442409.jpg
nora








[PR]
by tomtom2006T | 2016-12-05 14:40 | DIARY | Trackback | Comments(0)

「震度4」

f0032766_00180139.jpg

昨朝の「震度4」は、久々に恐怖を感じました。
揺さぶり起こされているような気がして目が覚め、夢かなと思ったのは一瞬だけ…。
携帯がケタタマシク地震警報を鳴らしていました。

ジグザグに揺れているみたいで、「逃げないといけないかも!」と感じながらも恐怖で起き上がることもできませんでした。家が崩れてきたら、どうしよ…と、布団をかぶって怖がることしかできなかったので、なんと情けない自分…。それにしても長かったし、何度も何度も…。

先週末、南三陸町、気仙沼、伊豆沼、大崎辺りを巡る小旅行をしてきましたが、楽しい思い出が吹っ飛ぶ怖さでした。
被災地に行って食べて遊んで何かを買う…というのが私の支援テーマの1つでもあるので、昨朝のような津波を伴う地震が起きると、復興真っ只中の被災地が再び被災したらどうなるのだろう…と青ざめてしまいます。

神様、お願いですから、これ以上強い地震が起きないようにしてください。魔法でも何でもいいですから…

f0032766_00190662.jpg
冬色を感じる旅。







[PR]
by tomtom2006T | 2016-11-23 23:51 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧