To Be Continued!

週末に「花の東京」へ行ってきました。
先ずレッスン。そしてライブと、美術館めぐりをしました。

元気なご老人たちは、最近問題の「後期高齢者」とか「前期高齢者」という単語を口にしては自分たちを楽しんでいるかのような感じがします。でも、「元気であること」が必須条件です。

果たして私が聴きに行ったライブは…? どっちもでした。

「①後期高齢者?ライブ」と「②前期高齢者?ライブ」 (なんてシッケイ、私!)

それにしても、楽しかったです。

①は、岩崎佳子トリオ=岩崎佳子(P)、中牟礼貞則(G)、稲葉国光(B)。
②は、中村誠一カルテット=中村誠一(Sax)、片倉真由子(P)、小川直(B)、川口弥夏(D)。

なぜ、こんなことを言うかというと、「年齢」と「パフォーマンス」について、色々考えさせられたことがあったからなのです。

そして、偶然ではありますが、①も②もピアノは仙台出身のピアニストでした。

あぁ、でも今日はもうオネム。このライブレポート、「続く」の巻…。

ちなみに、美術館めぐりは、横浜美術館国立新美術館(六本木)に行きました。
どちらも行きました。
国立新美術館がとくに良かったです。⇒ http://www.nact.jp/

レッスンは、入魂の「Detour Ahead」。今月のサイモンズライブで唄おうと思います!

では、「続く」の巻…。
[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/8450215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gura at 2008-06-23 23:50 x
耳に目に・・・五感に触れるアートなTOKYO滞在。うらやましいです!!

ところで、前期高齢者も目前に老後の楽しみとボケ防止も兼ねジャズピアノに挑戦してみようかと考えております。無謀でしょうか?
アドバイスよろしくお願いしま~す
Commented by tomtom2006T at 2008-06-24 00:28
guraさん、ぜひ挑戦してください!指を動かすこと=ボケ防止ですッ!

実は私も挑戦したことがありますよ~。コードの成り立ちを習った辺りで
諸事情により中断。数ヶ月後に再開しようと思ったら、階段から落ちて手のひらを骨折!
その後も、ピアノはポロロンと弾いているのですが、ジャズピアノは今のところ断念してしまっています。

絶対楽しいですよ、ジャズピアノ。
私、「なんちゃってジャズピアノ」という教本を持っていまっす。
「ジャズハノン」とか、「大人のピアノ」とか…。

先日まで、NHKで国府宏子さんのジャズピアノ教室が放映されていました。そのうち、DVDが出るのではないでしょうか…。
by tomtom2006T | 2008-06-23 00:51 | DIARY | Trackback | Comments(2)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧