11月のライヴスケジュール

11月10日現在、いつのまにか紅葉も終りかけています。いつのまにか…です。今日は雨…。久々に家の中でゆらりゆらりすることにしました。今月のライブ、色とりどりです。

今思っていること…。
「唄う」ということや、「演奏する」ということで、聴いてくださる皆さんに自分たちが何を伝えたいのか、どう感じてもらいたいのか、どう感じてもらえたら自分たちは嬉しいのか…とか、明快な言葉で語れるようになりたい…と。でも、本当は明確でなくてもいいのかもしれないし…、揺れ動いています。人の心は千者万別だから。ある時間を共有し、お互いに「楽しかった」と心から感じることができればそれでいいのかもしれないし…。

「楽しい」他に、人の心に伝わるもの、残るものって何だろう…、結局自分たちが本気で取り組んでいないといけないのだと思います。そして、その本気はやっぱり、声や音に現れると思います。そんな表現しかできない自分がもどかしいけれど…。

11月14日(水)  Simon's Bar (国分町) 21:30~、22:30~ 
With 佐藤雄志(P)
MC: 300Yen  TEL: 022-223-8840
老舗のスタンディング・バー。今月はピアノ氏、mimiちゃんとDuoです。頑張ろう!
スタンディングなライヴに、♭いらしてくださいませ。
http://www.kahoku.co.jp/weekly/trend/050901_2.html

11月16日(金) ワインハウス「ブウション」 20:30~、22:00~
With 真野修治郎 (B)、 斎藤美貴 (Key)
Table & Music Charge: 1050Yen   TEL: 022-257-2331 (要予約)
ボジョレー・ヌーヴォーを祝うイベント!ワインフリーク大集合です。ブウションのワイン・セレクションは、知る人ぞ知る世界レベル。選りすぐりの食材が使われるオリジナル・ディッシュも美味です!http://www.bouchon.jp/

11月20日(火) ボジョレー・ヌーヴォー祭
Clos-de-Vougeot (クロ・ド・ヴージョ)  18:00 Open、18:30~
With アン・あんどう(ナビゲーター)、森若三栄子(P)、広木尚子(Vo)、松本和子(Vo)
チケット: 10,000Yen (お食事付、フリードリンク) TEL: 022-268-5570
シャンソン界の大御所・アンあんどうさんの演出で、どんな一夜が繰り広げられるのでしょうか…。TomTomはジャズで参加します!未知の世界、楽しみぃ~。

11月24日(土) Tsu-san (国分町) 21:00~、22:00~ 
With 菅野拓也(G)、鈴木ジロー(G)
Table Charge: 2000Yen for Man、1500Yen for Woman
MC: 500Yen  TEL: 022-716-0871
※ゆったりと落ち着くカウンターバー。
すけサン&かくサンのDouble Rainbow/ツインギターで、Sweet, Loving Mother Rainなサウンドを目指したいと漠然と考えています。切に、切に、乞う応援!
f0032766_1614257.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/6809719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by barbara at 2007-11-10 23:10 x
>一針一針、音を紡ぎ、人の心を満たす音楽を奏でたい

これが素敵。がんばれ TomTom さん!
Commented by TomTom at 2007-11-11 11:51 x
ふと我に返った気がしました。あ、そうだった…と。
いつもありがとうございます、barbaraさん。

心に染み入る何か、浸透圧があって体に染み渡る何か。
「恵みの雨」のような、Sweet, Loving Mother Rain・・・。
時には強く、時には優しく、時には甘く、時には淡々と・・・。

結局、表現とは、自分の「心」と向き合わなければ何も始まらないような気がします。
Commented by Bogie at 2007-11-18 23:03 x
先日ヴァイオリンの演奏を聴く機会があって、
その後の懇親会の席上、大御所がお二人挨拶をされました。

そこで、お二人とも同じく言ったのが、「彼女は泣いてたと思う」です。

ヴァイオリンですから、演奏者が泣いているかどうか分かりません。
でも、彼らは涙を流し、そしてそう感じたのですね。

私は、身じろぎが出来なくなるほど感動しましたが、
涙が出るほどの感性ではなかったようです。

ヴォーカルでは「悲しさ」の表現はあまり好まれないでしょうが、
「楽しさ」や「希望」ならいいですよね。

心を伝えることが出来たら、とても嬉しいことだと思います。
Commented by tomtom2006T at 2007-11-19 23:49
Bogieさん、ありがとうございます。
私の歌の先生が私に教えてくれた言葉で、とても印象的な言葉があります。

「悲しい歌を悲しく唄っちゃ駄目」・・・と。
悲しい歌でも、それを表現する心の中に、救いがないといけないのかなぁ…と漠然と感じています。

「心を伝える」って、永遠のテーマです。
by tomtom2006T | 2007-11-10 16:15 | LIVE SCHEDULE | Trackback | Comments(4)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧