ハンク・ジョーンズ vs. ・・・・・・・

TomTomは以前、ケイコ・リー・フリークでした。何年も前、ブレークする寸前に仙台のとある店で行われた(ほぼプライベート)ライブで、その歌声を聴いてから夢中になりました。その時の編成は忘れてしまったけれど、名古屋のサックス奏者と、ベースが鈴木勲だったことだけは記憶しています。彼女の声質と歌唱は、とにかく衝撃的でした。新譜が出るたびに、殆ど買い込んでいました。ライヴも色々なところへ聴きに行きました。でも、「ビタミンK」あたりから聴く気がしなくなってしまいました。

そういう話を、たまに行くジャズ喫茶のママにしたところ、「絶対イイからッ」と、ケイコ・リーの新譜を貸してくれました。「Keiko Lee, Live at "BASIE" with Hank Jones」。でも、やっぱり感動しませんでした。コマーシャルな感じ…。心変わり……。女心と秋の空?
「このCDに感動しないなんて、もぐりダヨ~」って言われてしまいそう…。

で、何が言いたいかということなのですが、ハンク・ジョーンズは昔も日本が誇るジャズシンガーと共演しているのです。

今はもう店仕舞いしてしまったアナログバーで、よくマスターが聴かせてくれました。ハンク・ジョーンズと峰純子さん(山形出身・2004年に肺癌のため他界・享年58才)が共演したレコード。あのレコード、もう一度聴いてみたいなぁ…。すごく良かった…。そのレコードをゲットしようとしましたが、幻のように消えてしまいました。CD化されていないのでしょうか。タイトルも書き付けておきませんでした。誰か教えて欲しい。誰か、音源を持っていたら、貸して欲しい…。もう一度、聴きたい…。

今60代に突入しているジャズシンガー達の若い頃(30-40代)の歌唱って、現在ブレークしているとされている若いジャズシンガーとは、うまさの次元が違うような気がします。本当にいい。もちろん、「好み」だと言ってしまえば、「好み」以外のなにものでもありませんが。

いつか、私が最も感動したヴォーカル・レコードの話をしたいなぁ…と思っています。乞う、ご期待!
[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/3635577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akiko at 2006-10-27 10:42 x
私もハンクジョーンズのPianoが好きなので、そのCD買ったよ~。
いいアルバムだよね。
視聴してすぐ買った。
(今度共演できることになった湊さんのピアノの音色、
似てるんだよね~。)
Commented by tomtom2006T at 2006-10-29 23:22
11月は、いよいよ湊さんと共演ですね!すごいなぁ…。気持ちいいと感じるピアノだと、自分でもびっくりするような唄い方、できちゃったりするのよねッ。がんばって!私もいつか聴きたいです!
by tomtom2006T | 2006-10-26 00:32 | DIARY | Trackback | Comments(2)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧