「ほっ」と。キャンペーン

なんでも通販!

ヤマトヌマエビを50匹、通販で買いました。

仙台市内のホームセンターのペットショップに電話して訊いてみたところ、「仕入れは
30匹、買い占めはお断りする場合があります」などと言われ、やっぱり通販しかないかなぁ~と決断。通販だったら、一度に100匹買えると分かりました。楽天でもアマゾンでも…。

生き物を通販で買ったのは生まれて初めて!

100匹欲しい感じもしたけれど、まずは50匹でトライアル。
死んで届いたらどうしよーと思っていたのですが、死んだように見えても、生きていました!

別に、エビをペットとして飼育しようだなんて思ったわけでもなく、藁にもすがる思いで試してみることにしたのです。

いったい何を試すのか…???

この季節、いつもなら、うちの池に生えるクレソンが食べ放題になります。

ところが、何らかの原因で、池の水質のバランスが崩れ、池に珪藻(たぶん珪藻)が繁殖し、真っ白なクレソンの根っこにトロロ昆布のように纏わりつき、クレソンが充分に育たなくなってしまったのです。

ネットで調べまくった結果、私の推測では、野良猫が堀にオシッコをしているせいで水が汚染され、それで珪藻がどこからともなく現れた…と思っているのです。野良猫が堀に腹ばいになっている姿、想像できますか…?!アレは絶対、排尿に違いないと、私は思っているのです!猫が腹ばいになる場所の草も枯れているのです…。(プンプン!)
http://www.geocities.jp/tos_2344848/sub6-1.htm

いずれにせよ、「クレソンを救え!」なのです。

そこで、池の中に珪藻を好物とするヤマトヌマエビを放流し、クレソンの根っこにへばり付いた珪藻を食べてもらおう…という大計画!

でも、ネットで分かったことは、ヤマトヌマエビのお仕事は「水槽」の中でのこと…。果たして自然の池で通用するものなのかは不明。しかも、数十匹のヤマトヌマエビが「いい仕事」をしてくれる保証はありませぬ…。反対に、大繁殖して池がエビだらけになったらどうしましょ…という懸念も…。

とりあえず、バックアップのためにダメージクレソンを投入してしまっていた「源泉池」の方に投入!まずは
40匹くらい…。彼らにとっては海に放流されたも同然。うまく行くかどうか賭けでっす。エビの色が透明灰色なので、よ~く目を凝らしても、池の中でのソノ存在を確認するのは困難です~。(だって、池の底は泥色なので…。)

f0032766_20484140.jpg
f0032766_20484393.jpg
⇧ こんな感じで到着!

ビニール袋からオケに移し替え…。⇩
f0032766_20484549.jpg
f0032766_20484784.jpg
https://youtu.be/ET7mftvlMeI
でも、一晩の実験では、目に見える成果が…!これには狂喜!

抹茶色の根っこになってしまったクレソンの茎をオケに投入しておいたところ、翌朝には根っこが真っ白になっていたのです!根っこに付いていた珪藻をヤマトヌマエビが食べてくれたと推測されま~す!そして、フンもいっぱい! 
バンザ~イ!ヽ
(^^)
f0032766_22032416.jpg

この大計画、成功するでしょっか~???

でも、バックアップで堀に植え替えてあったクレソンが運よく少し育ち、今日「初食い」しました~!三つ葉も今年は良好でっす。蕗も食べごろ~。
美味、びみ、ビミ~!
f0032766_21251969.jpg




[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/25169319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tomtom2006T | 2016-04-29 21:29 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧