キルト回帰♪

f0032766_1738647.jpg
自分が好きだったものを思い出す「Part 2」。
「パッチワークキルト!」

そうね、20代のころ、パッチワークキルトに夢中になりました。
26歳のとき2か月間、憧れのアメリカ旅行をしました。グレイハウンドバスに乗って、東海岸から西海岸まで、ホームステイをしながら5-6都市を廻ったのです。行く先々で、パッチワークキルトを観てきました。美術館、博物館、キルトショップ、(当時雑誌で知った)キルト作家などを訪れたり、初めての海外旅行は忘れられないものとなりました。

20代に集めたコットン生地が未だ山のように残っているし、キルトの雑誌や本も「中々捨てられないモノ」になっています。どうしたものか…?

もちろん洋裁も大好きだったし、中・高校生の頃はファッションデザイナーに憧れていました。自分の洋服は自分で作っていました…❤

今年6月に、初めて自分でミシンを買いました。そのミシンは、ミシン界のロールスロイスと言われているブランドらしく、その使い心地はグンバツです。ミシン使いにはブランクが有り過ぎるため、購入後は先ず直線縫いからリハビリしています♪ カフェカーテン、ギャザースカート、バッグ等々を作ったり…、パンツの裾上げとかもバッチリ、自分でやる気満々です。

沢山の布地の山を整理し、残っているものをチェックしたら、作りかけの台布が出てきました。「カテドラルウィンドウ」というキルトを作ろうとしていたようです。カテドラルウィンドウは大好きで、バッグやクッションを作ったものでした。でも、バッグは誰かにプレゼントしたし、クッションはすでに布地が擦り切れてボロボロです。
f0032766_17392761.jpg

まずは残っているものを仕上げてみようと決めました。バッグを作った布地なので、厚手。しかもミニチュア。難易度・高です。一つ仕上げるのに20分くらい掛かっていたかもしれません。少しずつ少しずつ丁寧にトライして、とうとう出来上がりました~!クッションの片面にできそうです♥

そのミシンは、ミシンキルト仕様にもなるので、これからが「おぼろげに」楽しみです。猫に小判、豚に真珠にならないよう、使い熟せるようにならなくちゃ。

作りたいもの、目白押し…。でも、時間が足りないかなぁ~♪
[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/24736173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tomtom2006T | 2015-12-04 17:46 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧