ヨコスカフレンドシップデー2015 <Part3>

基地のゲートを入ると、基地内のガイドマップが配られていました。海岸沿いにず~っと歩いて行くと、右手にマクドナルド、左手には屋外飲食広場(?)のT字路。(ここはもうアメリカって感じでした。)さて、どちらに行こうかと迷ったけれど、左側へ…。軍艦を見学できると分かったので、テクテクテクテク。(前日に「軍港めぐり(長浦港)」をしたので、イージス艦にガゼン興味が湧いていました。)

誰かが、気温が35度!と言っているのが聞こえたけれど、体感気温は40度を軽く超えているような気がしました。歩道には日陰なし。いやぁ~、参りました。が、歩き続けなければ何処へも辿りつけないのでした。ヨコスカ根性ものがたり。

道路には立派なバス停がいくつもあって、時刻表を見たら物凄い本数。でも、この日はバスを見かけることはありませんでした。バスが走る…って、基地は街(市?)一つ分でした。広大な敷地! (バスではなくて、熱中症対応に追われる救急車が何度も行き交っていました。)

この日悟ったこと―「炎天下では、帽子は光を通さない黒色がよい(ただし外側は熱を吸収しない色と素材)、靴は黒色は地獄である(密閉中の靴中の温度は熱を吸収して恐らく50度以上、痛みを感じる程)」でした。
トップスはユニクロのUVカット長袖ジャケットを着ていたので、まぁまぁセーフでした。顔は、もう汗でメイクも日焼け止めも流れ落ち、人間とはあれほど顔から汗が流れるものなのか?!とオドロキモモノキサンショノキ!

目的地までの距離を全く想像していなかったのが良かったかもしれません。知っていたら行っていなかったかも…。気分的には30分以上炎天下を歩き、30分以上長蛇の列に並び、やっと見学のために乗り込めたのが、ミサイル駆逐艦「USS MUSTIN」。艦内は映画とかでしか観たことのない世界でした。(金属製の梯子を上らないといけない順路になっていて、私のポンコツ脚にとっては命懸け。顔が見えなかったけれど、兵隊さんが手を取って助けてくれました。)外でも中でも海軍兵―恐らく広報担当者?たちがとてもフレンドリーに接してくれて、親善イベントを盛り上げていました。
f0032766_22425740.jpg


それでも、ちょっとは不気味な感じもしたかなぁ~。
f0032766_2250312.jpg
f0032766_2245363.jpg
f0032766_22454942.jpg

こういう軍艦が本当に戦争をする気で製造されていて、実際に動いている訳ですね…。
日本が戦後に採った戦争放棄は奇跡的としか思えません…。
[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/24422428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tomtom2006T | 2015-08-31 22:58 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧