竹風情??

BEFORE
f0032766_22272976.jpg

…?? 10月もナンダカンダとやっぱり忙しく過ぎて行きました。
明日はもう、霜月です。ふ~。

9月下旬、交流のない北側隣りの町内のアパートの住人からアパート管理会社を通して落葉のクレームがありました。「落葉」とは、私の家裏の竹藪や竹に混じって大きく伸びてしまった大木の落葉らしいのです。常緑樹なのだけれど、落ちるらしい…。

落葉には責任取りたくないのですが、ただ、敷地の境界線を越えて伸びてしまった(というか、上空で境界線を越えているのだけれど、)木々を伐採しなければとは思っていました。でも、なかなか、足踏み状態が数年続いていました。父が元気だった二十数年前は、父が一人で伐採していましたが、病に倒れてからは私がテキトーにフ~フ~言いながら切ったり、植木屋さんが出来る範囲で伐採するだけでした…。なので、ひと言で言うと、手の届かないところは伸び放題。

いつも来てくれている植木屋さんが落葉の季節には間に合いそうもなかったので、3つの業者さんから同じ条件で見積りを取ったのですが、三者三様。伐採すべき木や方法について色々提案してくれた「森のなかま」たちというシルバーオジサン軍団にお願いすることにしました。

この「森のなかま」たち、普段は山を借りてボランティアで森を整備しているのだそうです。木々に超!詳しいです。熊たちが食物を探しに街に下りて来ないように、森に栗の木を植えたりするのだとか。あるいは海を豊かにするために森を整備するとか…、何やら色々世の中の為になって、しかも楽しそうな活動をしているようです。

竹に詳しいオジサンが言うには、竹は「傘をさして悠々通れる」くらいの間隔で生やすのが美しいのだそうで、そんな凝り具合で、家裏の密集した竹藪をスカスカにしてくれました。(というよりも、スカスカにしてしまいました…??)

オジサン4人で5日間、切った切った!10メートル級の巨木も丸坊主にして半分位にしてもらいました。金網が朽ち落ちて穴が空いてしまったフェンスを、伐採した竹を使って和風フェンスにしてくれたり、細かい枝葉はシュレッダーで見事にチップに粉砕しました。葛岡のゴミ処理場には何回も捨てに行ったみたいです。大変な作業でした。巨木を切るときなどは命綱を付けての命懸けの作業。「おっかねー、おっかねー」という声が何度も聞こえました。私もハラハラ、怪我だけはしないようにと祈りました。(あ、そうそう、竹藪の中に直径25センチくらいのスズメバチの巣まで潜んでいて、それも退治してもらいました。ある意味、これも命懸け。)

来年は筍がいっぱい生えてくることが激予想されます。うちの竹は「唐竹(からだけ)」というらしく(知らなかった!)、孟宗竹よりも美味しい…とオジサンが断言していました。うちのタケノコは食べれば美味しいけれど、孟宗竹を食べたことがないので分かりませんでした。来年は見張っておいて、竹が伸びないうちに根本から折って収穫せねばッ…なりませぬ。それを怠ると、再び竹藪が密集してしまいます。ヤレヤレ、すでに思いやられます。
f0032766_22332879.jpg
f0032766_22394210.jpgf0032766_22341319.jpgf0032766_223565.jpgf0032766_22355966.jpg
........................................................................驚き!スズメバチの巣⁸

AFTER
f0032766_2228331.jpg

f0032766_22404074.jpg
f0032766_2230897.jpg
f0032766_22313457.jpg
京都っぽい風情…。
[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/23210544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tomtom2006T | 2014-10-31 23:12 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧