Ann Burton (アン・バートン)

以前から、アン・バートンにはまっています。何が魅力なのか、はっきり分からないのだけれど、「いい」のです。スローバラードを研究するには、もってこいのシンガーのうちの一人です。

声量がある訳でもありません。迫力もありません。声を伸ばせば、最後に声がふるえて、ピッチも狂うこと多々ありです。技巧的ではありません。彼女はオランダ人なので、英語は母国語ではありません。でもヨーロッパ語族だから、英語に難がある訳でもありません。でも、特別美しい英語でもないように感じます。ときとして、とてもブッキラボウな感じもします。もちろん声も、キレイな声ではないし・・・。ずっと聴いていると、金属的な声が混じったりしています。でも、これが結構、特徴的です。

金属的な声の筆頭は、カーメン・マクレエ。TomTomの自己中心的データブックの中には、他にもやや金属的と思える声の持ち主がいます。アイリーン・クラール。アン・バートンの声は、アイリーン・クラールよりはキレがないのですが、暖かい。そしてウェット。湿度があります。

う~ん、説明できない・・・。ただただ、「いい」のです。癒されます。
「想い」があふれているのだ、と思います。ふかふかのソファに深く腰掛けて、ゆっくり聴きたい・・・。

56歳で、喉頭がんで亡くなったらしいのですが、今生きていれば73歳。歌手にとっての喉頭がんという病を想像するとき、とても心が痛みます。http://www.annburton.com/e-index.htm

アンのアルバムで、一番最初に手に入れたのは、バラード集「ballads & burton」。でも、バラードの中に、4ビートの曲が一曲だけ混じっています。That Ole Devil Called Love。ほんとうに洒落ています。包容力のある柔らかなスイング感。

生で聴いてみたかったなぁ・・・。

ballads & burton
f0032766_20431797.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/1961079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 読まなきゃソン!無料で勉.. at 2006-08-25 05:47
タイトル : なるほど!英語表現80連発
2004年12月~2006年7月の間に、メールマガジン 「趣味から始める英会話~週2回のハリウッド留学」 に登場した”なるほど!英語表現”を完全網羅。 130ページの無料レポートに仕立て上げました♪ ... more
Commented by akiko at 2006-04-30 01:27 x
遅ればせながら、お誕生日おめでとう!!!
私は、「Blue Burton」が、愛聴版です。
なにがいいのか、言葉で説明するのは難しいですね。
湿気、はうまい表現ですね。
彼女の歌う曲は、1つの曲が、完全に物語りになる。
まさに私のめざすStory Teller!
最初の印象は、
伊藤君子さんに、声質が似てると思いました。(どう?)
特別なことは何もしてない。歌い上げない。
なのに、おんなじようなTempo
のスローSwingが続いても飽きない。
無気力でCoolなのに、聴いていて胸がせつなくなる。
きっと魅力的で神秘的な女性なんだろうな~。

ただ私には、ちょっと和製、演歌とかブルースにも聞こえて
くるときもあります。
それがいいのかも。
そういえばジャケの顔もそんな感じが・・・。

Commented by mu-net at 2006-04-30 22:10 x
Tom Tomさん、こんばんわ。
Tom Tomさんはお仕事として歌っていらっしゃるのですね!
そんな方が私のブログにコメントを・・・なんだかお恥ずかしいです。。。。
もしも東京や横浜などへ遠征ライブされることがありましたら、
是非教えてくださいね。
そうだ、ちなみにワタシの次の課題曲は「I Loves You, Porgy」に決めるつもりです!
Commented by TomTom at 2006-04-30 23:13 x
akikoちゃん、コメントありがとう!そうそう、「Story Teller」という表現がいいかも!「語りべ」。

「演歌とかブルースにも聞こえてくるとき・・・」・・・確かに。なんとなく、やっぱり、湿ってるんだと思います。これって、日本で人気が出た理由かもしれないわね。(^^)

mu-netさん、ようこそ!嬉しいです。・・・私はおアマチュアですよ。名付けて、「社会人ボーカリスト」です。ずっと練習だけしていたのですが、3年前くらい前に「表現欲」に火がつき、人前で唄えるよう、自分で努力するようになりました。7月に東京で発表会がありますから、もしご都合がよろしければ、是非いらしてください。後日ご案内いたします。(^^)

mu-netさんのブログは、歌を学ぶ同士として、とても共感できるし、文章がとても興味深いです。リンクをはらせていただいてもいいでしょうか?
Commented by hiroco at 2006-05-01 01:20 x
はじめまして!!mixiから飛んできました。駆け出しのボーカルをしています。私も、「Blue Burton」とっても好きです。特に『I Can’t Give You Anything but Love』が好きで、あんな風に歌えたらと思ったりしています^^
Commented by TomTom at 2006-05-01 22:20 x
ようこそ、いらっしゃいました!hirocoさん。「あんな風に歌えたら・・・」と思える人とか歌がいっぱいあればある程、気持ちがふくらむし、上達できるような気がします、私。(単純かなぁ・・・?) がんばりましょう!
Commented by mu-net at 2006-05-02 00:34 x
まあ、そうだったのですか!「社会人ボーカリスト」、かっこいい!
なんだかわたしもキボーが持てるような気がしてまいりました。

リンクしていただけるとはうれしい限りです。こちらからもお願いします!
Commented by tomtom2006T at 2006-05-02 19:31
リンク、張らせていただきました。本当に危険な香りのする、詩的ブログです。本当は詩人?本当は小説家?青空のフォト、今度、TomTomのブログに使わせていただきた~いです。
Commented by mu-net at 2006-05-02 22:59 x
こちらからもリンク、貼らせていただきました。
写真は良かったらお使いください~
Commented by TomTom at 2006-05-03 23:28 x
ありがとうございます。フォト、使わせていただきま~す。嬉しぃ・・・。
Commented by sidr at 2007-06-19 21:37 x
<ahref=http://hometwat-top.myblogvoice.com/>hometwat</a>[url=http://hometwat-top.myblogvoice.com/]hometwat[/url]
by tomtom2006T | 2006-04-28 20:47 | FAVORITES | Trackback(1) | Comments(10)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧