「資源ごみ回収」のおじさん

昔、「ちり紙交換」という商売がありました。近年?は、そういう商売は影をひそめてしまったので、町内会の子供会の資源ごみ回収日に、自分で持って行かねばなりません。(町内会によっては指定された日に、子供たちが家の前に置かれた資源ごみを回収して歩くところもあるそうですが…、そうだったらいいのに。)
ポンコツ足のせいで自分で持って行くことができない私は、物置に紙資源や古着を溜めこんでは途方にくれていたものです。(過去形)

でも、昨年知り合えたシルバー人材(草木剪定)のおじさん①から、昔ながらの現代版「ちり紙交換」業者を教わり、便利に利用し始めました。数か月に一回、これまでに3回利用しました。で、前回回収に来てくれたおじさん②は、あちらから連絡してくれると約束してくれて、つい先日電話がありました。「そろそろ溜まったんでないすか~?近くに来たんで電話してみました~。」
ちょうど溜まりに溜まったところでした。

お天気も良かったし、外で話がはずみました。そのおじさん②もおじさん①同様、草木に詳しく、うちの庭の隅々の様子にすぐに気付きます。「おぉ~、蕗あんだね~。今、食べ頃だっちゃ~。」クレソンや竹や山椒や梅の木にも詳しいのです。「お宅、食べられるものいっぱいあるね~。」と言いながら、指折り数えてみせました。
「9つもあるっちゃ!」

クレソン、蕗、山椒、筍、うるい、ふきのとう、梅2種類、三つ葉。確かに9つ。で、そのおじさん②は、山椒の葉をパチンと手のひらで叩き、食しました。「ん~、いい香り~」とニコニコ顔^^。「この街中に、こういうどこあんだおなぁ~」と不思議な様子。そして、山椒の木にはオスとメスがあって、山椒の実が成るのはメス、って教えてくれました。(知らなかった。)今、花が咲いている山椒の木はメスか…。適当に私がバツバツ切っておいたら、今年花が咲いたのです。不思議。f0032766_148034.jpg
f0032766_14201474.jpg


池に放してあるメダカを見つけては、「魚みたいなメダカだね~」と。結構デカイので。
アメンボも見つけて、メダカもアメンボもきれいな水にしか生息しないことと、アメンボは飛んで来るってことも教えてくれました。子供の頃に教わらなかったし、いつのまにか池で泳いでいるので、どこからやって来るのか疑問でした…。
f0032766_1421510.jpg
水面には梅の木、池の中にはメダカ(姫)が写っていま~す。

「おじさん、草木に詳しいし、剪定もよくやられてるんですか?」と訊いてみたら、「前はよくやってたんですぅ。んでも、流されだがらわ、今はやってないの」と。
流された? 私は息をのみました。

彼は以前蒲生に住んでいたけれど、家も庭も津波に流されてしまったのだそうです。黒い津波を背に、車で必死に逃げて助かったそうです。そんな体験をリズミックに語り部のように話してくれました。そして今は仮設住宅で暮らしている…と。しばし、仮設住宅がどれほど狭くて不便か、行政の対応の悪さなどの話が続きました。

私は彼に、家族は無事だったのか、仮設住宅では誰と暮らしているのかを尋ねる勇気がありませんでした。ひょっとしたら哀しい想いがあるかもしれないから…。彼が、草花や草木のことを楽しそうに話してくれるのが唯一救いでした。以前よく、山(沢)にクレソンを摘みに行ったときのことや、筍堀りのことや、本当に楽しそうに話してくれました。

彼にクレソンを摘んであげようとしたら、これから未だ仕事があるからいいと言われました。だったら、山椒の実が成ったら電話すると私は約束しました。そんなことしかできないけれど…。彼は山椒の実の食べ方を熟知している様子だったから…。

私はおじさん①とおじさん②と知り合えて、なにか不思議な縁のような気がしています。ぼうぼう庭に途方にくれないように、神様が送ってくれた人たちみたい…。本当に嬉しい。
f0032766_14213398.jpg
今回は紙包みしてあるトイレットペーパーを2個とティッシュペーパーを数個と交換してくれました。
[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/19442965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tomtom2006T | 2013-05-19 14:24 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧