遅ればせながら、ゴールデンウィークのはなし

ゴールデンウィーク後半から、なんだか音楽三昧な日々となりました。足の調子がイマイチゆえ、昼間は家で大人しくして、夜は最短距離で酒場とかライヴスポットに出没。とっても濃いめな日々でした。

5月7日には、片倉真由子ちゃんと佐藤ハチ泰彦さんのDuoライブを聴きにゆきました。「つがい」のせいか、真由ちゃんが今までになくリラックスしていて、アットホームな寛いだ感じの楽しいライブでした。「とにかく眠ってもいいです、皆さんにリラックスしてもらいたいです、そのために来ました」という想いが、そのとおりの演奏になっていました。ミディアム?アップテンポで演奏された「The Good Life」が一番気に入りました。誰もが朗々と唄いたがる曲だと思っていたので、潜入感が取り払われて収穫でした。また、ベースに着いているエクステンションの説明もあって、興味深いものがありました。世にも小さなソプラノサックスも観ることができました。とても楽しかった♪

5月8日は、急に国分町公園でのイベントで演奏することになりました。何か趣旨があるのかと思ったら、全くテーマはないようで、ただただ演奏する…といった感じの催し物でした。それもまた良し。2日間で何バンドも演奏したらしいです。8日はロックバンドの狭間で、夕方にギターkantakuと細々とDuo演奏しました。寒かったです。強風が吹きすさぶ中、コートも脱がず、ガクガク震えながらの演奏でしたが…、寒いと口が回らないということが分りました。ライヴを聴きながら日本酒で温まっていた恰幅の良い女性に帰り際に何秒間か息が苦しくなるほどハグされて(たぶん20秒くらい)、しばし温まりました。その後、ADLIBで開催された小泉やよいさんのライヴでやっと身体が温まりました。Toy Boxのようなライヴでした。常設ボーカルアンプにエフェクターを繋いでの音響調整だったようですが、いつもより格段と響きが良くて気持ちよく聴けました。「音響がすべて」という友人の言葉を思い出していました。

5月9日は、ボサノヴァ歌手のizauraさん主催の「木村純ボサノヴァギターライヴ」に行きました。ライブの後はセッションだというので、ボサノヴァのセッションは仙台では皆無だし、どんなんか楽しみでした。で、楽しかったです♪ セッションで「薔薇に降る雨」を唄えるなんて、超嬉しかったな~♪ 「Double Rainbow」の普及が、私のミッションなのであります。結局、またも自分の掟を破って、お酒を飲んで唄ってしまいました。
それにしても、アコースティックギターの美しい響きでボサノヴァ奏でられると、いちころでした。

で、その後、ちょっとだけのつもりだった打ち上げに参加させていただき、思わぬ展開が…。偶然とは運命か…?偶然とは縁か…?偶然とは始まりか…? 色々なお喋りをし、飲み、食べ、夜中の(きっと)1時半頃まで演奏宴会になってしまいました。いやぁ~、かなり飲んだような気がしました。

(続く)
[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/15981923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tomtom2006T | 2011-05-16 23:16 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧