芸能人、スポーツ選手、著名人…

大震災の被災地への芸能人やスポーツ選手、著名人たちの支援活動は、メディアで報じられて目立つ分、とても威力があって感動的。

孫正義氏の個人としての100億円の義援金には誰も敵わないような気がするけれど、★プロダクションごと出向いて1週間「炊き出し」をしていた石原軍団とか、★ど派手なトラックに10トンのお米を積んで被災地入りした小林幸子氏、★ロック=690個ずつのバナナとみかんや400枚のピザを差し入れして、メガホンでロックを唄った内田裕也氏。★サッカーボールで子供たちと遊んでくれたキング・カズ。★アフリカに靴を寄附する活動をしていたマラソンの高橋尚子氏は集められた靴を被災地に贈り、自らは避難所で体操の指導をしたり…。★被災者ばかりでなく1500人の自衛隊員の前で歌を唄って励ました長渕強氏。
大々的に報じられていなくても、様々な有名人が被災地を訪れて皆を励ましているに違いありません。

避難所の人々や子供たちは、TVの画面でしか観たことのない芸能人が目の前にいて握手をしてくれたり、会話を交わしたり、一緒に写真を撮ったりできると、本当にウキウキして元気をもらえると思います。

「楽しく」感じて「笑顔」になることが一番大切だし、涙をこらえずに流すことも重要だし、思い出に残ることも良いこと。芸能人やスポーツ選手というのは、人々にそのパフォーマンスで楽しさや夢や感動を与えてくれるプロなので、流石に威力があります。(子供たちのために、ミッキーマウスやスヌーピーやキティちゃんや仮面ライダーとかも応援に行ってあげて欲しい…。)

トラック10台を連ねて支援物資を運び、自らはキャンピングカーで寝泊りし、炊き出しなどの支援をしていた杉良太郎氏の言葉がTVで紹介されていました。印象的でした。

お金のある人はお金を、
お金のない人は時間を、
お金も時間もない人は、福祉に理解を。


..............................................................................................

3.11大震災では、一ヶ月の間に1300億円集まったそうです。一昨日、台湾から144億円の義援金が送られてきたことが報じられていました。今後もこの義援金や支援金の寄附活動はずっと続くのだろうと思うし、続けないといけないです。世界中の人々が自分にできることを考えているのが手に取るように伝わってきます。できるだけ時短で、義援金が被災者の方々に分配されるようにしてもらいたいです。お役所仕事の改善どきです。超!劇的に改善して欲しいです。

どうも耳について離れない「AC JAPAN」のTVコマーシャルではありませんが、
「日本の力を、信じてる」も然り、
「地球の力を、信じてる」と思いたくなります。

地殻変動という姿の見えないエイリアンと闘ってる日本。この日本の国難を世界中が見守り、援護射撃し、この震災を地球レベルで乗り越えようとしているのを感じます。


内紛とか内戦とか、戦争とかしている国々は、もういいかげん考え直して欲しいです。(蛇足)


(笑う門には福来る♪)
[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/15858000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tomtom2006T | 2011-04-23 12:12 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧