I'm Glad There Is You

今月に入って、この曲をずっと練習しています。
唄えば唄うほど、味わい深い曲です。
「自分壊し」プロジェクトのうち、「低音を使う」、「地声のMAXを使う」を自分に強いて唄っています。
「A」です♪ とても難しいです。初めての世界…。

でも…、それにしても、良い曲です。

坂本冬美の「また君に恋してる」のヒットの秘密の一つが、「あなた」でもなく、「おまえ」でもなく、「君」と表現した歌詞にあるらしい…。男女関係なく表現できて、「対等なイメージ」なのだそうです。

ということで、多少無理はあるものの、「」という表現を用いて、自分なりに訳してみたいと思います♪

In this world of ordinary people,
Extraordinary people,
I'm glad there is you.

In this world of over-rated pleasures,
Of under-rated treasures,
I'm so glad there is you,

   I live to love, I love to live with you beside me.
   This role so new,
   I'll muddle through with you to guide me.

In this world, where many, many play at love,
And hardly any stay in love,
I'm glad there is you.

More than ever, I'm glad there is you.

Originally made by Jimmy Dorsey; Music by Paul Madeira. (1942)

♪・・・・・・・・・・・・・♪・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・♪

この世の中には
普通の人もいれば、飛び抜けて優れた人や変な人もいるけれど
君に出逢えて私は嬉しい…。

この世の中は
快楽を過大評価したり、本当に大切なものを過小評価したりするけれど
君がいてくれて私は嬉しい

   私は愛に生きたい
   君が傍にいてくれて、一緒に生きてゆけることが嬉しい
   新しい世界、こんな風に感じるのは初めて…
   君が一緒だったらどんなことも切り抜けられそう…

この世の中には
数え切れないほどの恋愛ごっこがあるけれど
長続きする愛は少なそう…
だから私は君に出逢えて嬉しい…

ますます、君がいてくれて嬉しいって感じてる…

♪・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪

※pleasuresとtreasures、this roleの訳に若干迷うところがあるのですが、アバウトな感じで訳してみました。「私」じゃなくて、「僕」の方が良いかも…?アレ?

君、ありがとう♪

[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/13522400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by barbara at 2010-04-25 12:26 x
>Is this a lasting treasure
Or just a moment's pleasure?
という感じでしょうか。
www.veoh.com/browse/videos/category/music/watch/v274354kpGAqF7s
video.mail.ru/mail/elenagenkina/3903/7410.html
Commented by tomtom2006T at 2010-04-25 22:51
このフレーズは、すんなり入りますねー。ありがとうございます♪

永久の宝物?それとも、束の間の楽しみ?

このサイト「www.veoh.com」は、はてな…???
Commented by barbara at 2010-04-26 02:02 x
「はてな」の意味がよくわかりませんが、
先の引用は
"will you love me tomorrow"
からです。
by tomtom2006T | 2010-04-24 23:26 | TUNES | Trackback | Comments(3)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧