「ジャズ詩大全」

ジャズボーカルを練習し始めてから早15年くらい経ちます。人前で細々と唄い始めたのが2003年なので、ライヴ歴8年目? それにしては未熟、Mijukuナノラ~!

けれども、Mijukuながらも当時、一丁前に買い揃えたものがありました。
例の「まとめ買い症候群」です! ⇒ http://mochan2006.exblog.jp/3168043/
本やCDをまとめ買いすると、その中で一番気に入ったものしか読み返したり聴き返したりしないので不経済なのですが、その時は「百科事典」のようなものだから「いっか~」という考えでした。

ジャズ詩大全」という本を、何冊もまとめて買いました。1998年頃のことです。まだレパートリーも十数曲の頃です。きっとボーナスか何か、特別のお金を使ったと思います。自分へのプレゼント!
f0032766_13125859.jpg


ジャズ詩大全」は、スタンダードナンバーの歌詞の解説や、曲に纏わるお話や曲構成、そして歌手や作詞家、作曲家のエピソードが綴られています。どの歌手がどの曲をどんな風に唄っているかなども知ることができます。今月、20巻目が出版されるそうです。1巻目は1990年に出版されているので、20年前から1年に一冊ずつリリースし続けられているという勘定になります。この持久力は凄いです。この他に、別巻で「クリスマス編」や、「アーヴィング・バーリン編」などもあります。⇒ http://www.geocities.jp/rikmr/

私は、歌詞の解釈に迷ったときや、興味のある作詞家や作曲家の曲だったりすると、目を通して参考にしています。そして、それぞれの曲がどのようにして世に出たかなどを知れるこの本は、貴重な存在です。これだけの情報が収集されるテクノロジーは凄いです。チェックしてみたら、私が持っているのは16巻までと、クリスマス編です。

それにしても、「まとめ買い」をしたからっといっても、まさか、この「ジャズ詩大全」の著者、村尾陸男さんが経営するライヴハウス「Farout」でライヴすることになるなんて、その頃は想像だにしていませんでした。赤い糸が手繰られていたのでしょうか…?

昨年12月、明確な目的があって、Faroutのオーディション「探検」をしました。友達が「孤立無援」と言ったそのオーディションで、1票だけ入れていただいたお客様の投票のお陰で、すれすれで入賞することができました。そして、幸運にも出演の機会を頂きました。滅多にないチャンスです。唄わせていただくことにしました。頑張ってきま~っす! 一期一会…。

13日は、大好きな曲を選んで、唄おうと思います。
当日応援に来て下さる皆さま、私はきっとキンチョーしていると思いますが、心を込めて精いっぱい唄います…。Sing like a bird! 自分にガンバ~ッ!ファイト~ッ!

2月13日(土) Farout (関内) 19:30~(3ステージ)
With 永野寛子(Vo)、村尾陸男(P)、光田将也(B)
MC: 1800円 (お料理も美味しいお店です!)
http://www.jazz-farout.jp/
同じオーディションで入賞された、とてもチャーミングなボーカリスト・永野寛子さんとご一緒します。ジョイントライヴは初めての体験です。どんな感じでしょう…?今から楽しみ、好奇心むくむく…。

[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/12822680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tomtom2006T | 2010-02-10 13:09 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧