「きくち体操」

去年の夏ころ、私が大スランプの中で喘いでいたとき、歌の師匠が「きくち体操」なるものを教えてくださいました。

「本を買って、読んでごらんなさい」…と。

即買って読みました。
「筋肉を鍛える」のではなく、「筋肉を育てる」という概念の体操です。

自分のカラダの各部位の筋肉に意識を集中し、筋肉を認識しながらストレッチして育てる…という感じです。重いものを持ったり、持ち上げたりするのではありません。説明するのが難しいので、詳細はこちらで…。⇒ http://www.kikuchi-taisou.com/n_what.htm

この「きくち体操」で自分のカラダをチェックしたら、元々そうだと分ってはいたものの、カラダが硬い!関節が硬い!訳あって運動をしないので筋力がない!これはショックでありました。どういう格好をしたら、どこが痛いかとか、どこに響くかとか、どこに連動しているかとか、カラダ新発見なのでした。

何でもゆっくりしか習得できない私…。それでも、この半年間で、か細かった大腿部が太くなり、お尻が硬くなり、二の腕や背中の贅肉が取れてきちゃいました。自分で本を見てやっているだけなので、正しい動きをしているかどうか分らないのですが、若干筋肉を認識できるようになってきたような気がします!

下半身の筋肉が若干育ってきたことで、声も変わってきたような感じがします。

先日、とある大学の無料プログラムで体力検査を受けてみたのですが、「姿勢バランス」に全く揺れが出ませんでした。これは検査員に褒められました。(筋肉を意識して真っ直ぐに立ちましたから…。)筋肉と体脂肪のバランスは、理想体型まであと一歩!(筋肉不足!)でも、まずまず…です。

歌を唄うためには、色々なカラダの問題をクリアしないといけないと最近感じています。とくに色々な筋力。不足している点を少しずつ補わないといけません。自分のカラダをコントロールできるのが理想です。ヴォイス・コントロールに繋がります。

まずはガッツがないと始まらないな~。 Gutsです。気力です。腹筋です。丹田でっす。

頑張るサッ!
f0032766_1423171.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/12732117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tomtom2006T | 2010-01-27 14:24 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧