杜の都の演劇祭2009 「土神ときつね」

今日はクリスマス!

キャンセル待ちをして、「土神ときつね」という演劇を観てきました。
http://www.morigekisai.com/stage_info/G/g_about.html
宮沢賢治の世界…。

小さな喫茶店内中央が舞台。360度の視界。物凄い迫真の演技に圧倒されました。
以前は、「米沢牛」という芸名でしたが今は「渡部ギュウ」さん…と他2名の仙台出身の俳優さんと、チェロ奏者の方が共演しました。演出は、高橋菜穂子さん。

「土神」が嫉みや怒りを抑えきれず「きつね」を殺してしまうシーンが自分の目の前で展開され、心臓が破裂しそうでした。そして「樺の木」が「きつね」の死に号泣するシーンは、胸が張り裂けそうに哀しかった。自分が人の死に直面し、最後に号泣したときのことを思い出してしまって、泣きそうになりました。でも、堪えました。だって、ステージが360度だったし、自分が泣いたら皆に気付かれてしまうから…。

俳優さんたちの声にも圧倒されました。とくに渡部ギュウさんの身体中の細胞から響いてくる五臓六腑に染み渡る太い声にはびっくりしました。声を出すという点では、歌と一緒です。つまり、「語る」ときだって、声がしっかり出てないとウソだと思いました。ウィスパーボイスの世界とは全く異なる世界だった!

感動しながらも、とても寒かったのでトボトボと県庁前を歩いていたら、光のページェントで動いている電飾トラックが停まっていました。(なぜ、あんなところに居たのだろー?休憩中?)サンタさんと女の子たちが写真を撮りあっていました。私も一枚、携帯で撮り、通り過ぎようとしたとき、「メリー・クリスマス!プレゼント・フォー・ユー!」とかサンタさんがカタカナ英語で言いながらキャンディー(赤と白のツートンのステッキキャンディ)をくれました。「ありがとうございます!」と私。でも、サンタさんが英語で言い続けるので、「Thank You!」とお礼を言いました。きっと日本人だと思うのだが、ずっと英語で言葉を発していましたよ…。サンタさんに成りきっていた!凄い!プロだ!
f0032766_0154668.jpg


ということで、今年のクリスマスは、良かったです。
イヴはDinnerだったし、今日も感動的な夜でした。Very Merry Christmas!でした。
イェイ! 
f0032766_14402794.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/12553443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tomtom2006T | 2009-12-26 00:17 | DIARY | Trackback | Comments(0)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧