マスク

新型インフルエンザの影響で、マスクが市場から消えているらしい…?

物凄い古い記憶?だけれど、昔はマスクを手作りしていなかったでしょーか?
ガーゼを裁たんで、耳までのサイズに合わせて綿テープで調節して…。(古過ぎ?)
眼帯みたいに…。
眼帯は、四角いプラスティックのカバーに綿テープでしたが…。
最近の眼帯はどんな素材なのでしょうかね?

繊維製造技術の発達で、綿が不織布に替わり、抗菌、抗花粉、抗ウィルスとかのマスクが出回って、カラスの口ばしみたいな立体的なマスクなんかもあったりして、凄いなーと感動しちゃいます。本当に効果があるのかどうかは分らないけれど。気休めでも一応効果的?寝るときだけ使用する、顔にゴムの跡が付かない乾燥防止マスクとかもあります…。マーケティング調査が行き届いている感じです。(それにしても、ミシンで縫ってあるガーゼ製のモコっとしたマスクをしている人を見かけると、「前近代的」って感じるようになってしまいました。)

私の場合、家にマスクの在庫有り過ぎでっす。
スペアを忘れて小旅行に出掛けると、必ずと言っていいほど旅先でマスクを買うはめになります。スペアばかりが家に残っています。しかも沢山入っているお買い得マスクを買うので、どんどん増えます。当分買わなくても良いくらい在るのに、再び買ってしまうのです。どうにかして欲しぃです…自分。

<蛇足>
昔は、「おむつ」だって古い浴衣をほどいたり、晒しで作ったりしていたんだと思います。(古い記憶ですが…。古過ぎですか?)今はパンパースだの、ムーニーだのと便利みたい。

最近不思議なのですが、「古い記憶」というのを思い出すのに相当時間が掛かるようになりました。1cmくらい積もった埃を、本当は散らかっているけれど、散らからないようにパタパタと叩いて、思い出しているみたいな作業です。(これって、加齢現象?うぅ~。)
ついこの間も、大学時代、スキー部に女子部を新設してもらうのに一緒に頑張った友人に、なぜ私がスキー部に入部したかったか…という理由を聞かされました。完全忘却していたけれど、「好きな先輩がいたから」…だったらしい…。そうだったかなーと最初思ったのだけれど、だんだん思い出して、写真まで見せられてアッゼ~ンとしたのでありました。(私は、アルペンスキーヤーだったのです。インターハイやインカレに一回だけ出たっけ…。古い記憶ですが…。)

それから、「どうして貴方と私は友達になったんだっけ?」という話題もよく出るようになりました。そういう話は圧巻であります。全くの蛇足ですが。

[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/11175456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆう at 2009-05-28 23:18 x
ここなら、まだマスク残ってるみたいですよ
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e92629675
Commented by barbara at 2009-05-29 11:15 x
品性などもともとありません
sankei.jp.msn.com/economy/business/090527/biz0905271234010-n1.htm
Commented by TomTom at 2009-05-30 13:42 x
商魂たくましい…っていうとき、品性を保つの難しいかもしれないですね。

売らんかな主義とか、うまい話に便乗するとか・・・。
by tomtom2006T | 2009-05-28 21:01 | DIARY | Trackback | Comments(3)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧