SAKURA Chaser!

今年の春は、仙台の桜が咲き急いだことと、私が4月中旬にギックリ腰になって外出できなかったために、仙台の桜の良い時期にお花見ができませんでした。

でも、それ以前に、今年はどこか、桜の名所を訪れる計画を立てていました。

行ってきましたよ、花吹雪の弘前公園! お花見バスツァー。
みごとな「SAKURA Chaser」と相成りました。

f0032766_2236556.jpg
     弘前城址・お堀の水面
f0032766_22371590.jpg
     大木に桜
f0032766_22373265.jpg
     花びら庭園
f0032766_2238183.jpg
     花吹雪…、花氷…
f0032766_22382867.jpg
     大木の窓 
f0032766_230360.jpg
   逆光の枝垂れ桜
f0032766_2239865.jpg
     花氷と光と影…、たんぽぽ
f0032766_22422950.jpg
     木に桜
[PR]
トラックバックURL : http://mochan2006.exblog.jp/tb/10949341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by barbara at 2009-05-02 14:10 x
桜は最近近くで済ます癖がついてしまいました。
30代のころ一番桜への情熱がありました。
ソフィーちゃんの新譜が本国でリリースです。
US, 日本はひと月後です。
全曲フル試聴
www.linusentertainment.com/sophiemilman2006/takeloveeasy/
Commented by TomTom at 2009-05-02 22:31 x
ソフィー、本当にフルなんですね…。びっくりデス。
Beautiful Loveは、私の大好きな曲なのですが、ん~???

桜は、これから毎年、違うところに出向いて楽しもうと思っています。
本当に、木に咲く花=桜が、好きです。

今日、ピーターバラカン氏の「Songs for Life」に行ってきました。
心が熱く優しい、そして謙虚な人なんだなぁ…と思いました。
一生聴いて行きたい歌、一生心に残る歌…、ひとつひとつの歌への思い入れが語られました。

なんと彼の最も好きな歌手のトップ5の中に、ビリーホリデーが入っていて、「Body & Soul」が流されました。例の、遅い4ビートの方でした。
8-9歳の頃、お母さんが延々とビリーホリデーのレコードを掛けていたそうです。お母さんの影響大です!
Commented by barbara at 2009-05-03 00:44 x
清志郎が逝ってしまいました

しばらく立ち直れません
Commented by TomTom at 2009-05-03 11:27 x
私も朝刊を見てびっくりしました。

barbaraさん、大丈夫ですか……。

     「みんな愛し合ってるかーい?!」と叫ぶ姿…
愛情の深い人だったと思う…。
そして不屈の精神。

合掌
Commented by barbara at 2009-05-03 16:08 x
清志郎は YouTube にたくさんありますので、
追悼しましょう。

Weekend Sunshine 聞きましょう。
www.nhk.or.jp/sunshine/pc/

「ビリー・ホリディ『ザ・レディ(コンプリート・コレクション)』
CD八枚組が要らないという人にはCBS時代のビリーのどのレコードでもすすめるが、個人的には一九三九~四二年の後半がいちばん好きで、この辺の彼女を小学生の時から家で(母が好きだった)聞いていたから、他のどのジャズ・シンガーを聴いてみても大した衝撃はない。ただ、今はスタンダードになっている数々の名曲を彼女の「自由」なヴァージョンで知ったものだから本当のメロディが分からないことも多い!!」
ピーター・バラカン『魂(ソウル)のゆくえ』新潮文庫, 1989.
「ジャズのレコードを少々」から

他に挙がっているジャズは(も)黒いです。Jimmy Smith, Cannonball Adderley, Albert Ayler, Art Ensemble Of Chicago, Ornette Coleman.

この本はしばらく品切れでしたが、最近改訂版が出ました。アルテスパブリッシング, 2008.
Commented by TomTom at 2009-05-03 22:27 x
そんな本が出ていたのですね…。
確かに、彼のSongs for Lifeは、殆どが黒かったです。
とても意外でした。
Top5のうちの3人の曲が取り上げられました。
びりー・ホリデー、アレサ・フランクリンとダニー・ハザウェイでした。あとの2つは分りません。

イギリスに生まれ、日本に暮らし、ブラック・ミュージックがSongs for Life……
やっぱり、かなり、ぶっ飛んでいる感じです。
Commented by barbara at 2009-05-04 02:14 x
お師匠さんはレイ・チャールズを気に入ってらっしゃる様子でした。そのあたりからどうぞ。

バラカンさんは新興音楽出版のイギリスでの公募で日本に来たそうです。日本語を既に勉強してらしたのですが、そうでなければ務まる仕事ではなかったと言ってました。さらに古典ギリシア語も勉強されていたそうです。
by tomtom2006T | 2009-04-30 22:53 | DIARY | Trackback | Comments(7)

ジャズ・マドンナ<十萌子>の、徒然なるままに・・・。


by tomtom2006T
プロフィールを見る
画像一覧